びんたん  冬。恋人たちの季節   びんたん

全体重で複数の女性に乗っかられたい

フェチ < BBSPINK

全体重で複数の女性に乗っかられたい 本文(401-)

  1. Menu
  2. URLcopy スレッド情報
  1. 1
    名無しさん@ピンキー nET1hazl0(1) 削除

    二人以上、複数の女性に全体重で乗っかられたい、
    そんな願望を持っている人が集まる場所です。

    逆に複数で男に乗りたい女性も歓迎です。

    • 5ちゃん見るなら便利な「びんたん」
    • のんびり 弁慶 で楽しむ
    • 続きを読む 2-

    AA切替 sage
  2. 400
    名無しさん@ピンキー 5MLLYYR40(1) 削除

    気功教室の練習でやる人間ブリッジは、お腹の上に乗っかるような事をよくやるらしい。
    https://stat.ameba.jp/user_images/20170421/23/mikatakakumei/b9/3e/j/o0640048013919279798.jpg
    教室では、自分の息子にも出来るかどうか試すお母さんもいたみたいだ。
    https://stat.ameba.jp/user_images/20170421/23/mikatakakumei/98/d1/j/o0640048013919280756.jpg

    https://ameblo.jp/mikatakakumei/entry-12267780973.html

    AA切替
  3. 401
    名無しさん@ピンキー D+Wri5S00(1) 削除

    次はどんな小説なのかとても楽しみにしてます!

    AA切替
  4. 402
    名無しさん@ピンキー O4q8V/Sg0(1) 削除

    別の日。
    部長の家に再び招かれた3人。

    部長「今日もまた乗られたいみたいよ」

    sくんはすっかり体重フェチになり、今日も体重を受けるのを楽しみにしていた。

    sくん「この前、身体測定があったんだ。身長伸びてたんだ。」

    A子「成長期だもんねー」

    そんな会話を聞いて部長が何やら考え、口を開いた。

    部長「よし!今日は体重計で!」

    AA切替 sage
  5. 403
    名無しさん@ピンキー O4q8V/Sg0(2) 削除

    A子「…突然何ですか…?」

    部長「いやね、この前みんなで座った後この子が“また似たようなことやりたい”って言うから。でも何がいいかなーって考えてて」

    課長「それで、体重計?」

    部長「ほら、みんな座ってはいたけど立って乗ってなかったでしょ?だからこれがいいかなって」

    B子「えぇ…立ってって…座るより苦しいはずですよ?」

    sくん「ぼ、僕、大丈夫!やってみたい!」

    部長「ほら、sもやってみたいって。お願い!みんな付き合って!」

    今日はみんなで座るのではなく立って体重をかけていじめるというのだ。
    もちろん座るよりも重みのかかる面積が狭くなるので当然苦しくなる。
    お腹の上に立たれようものならお腹は一瞬で凹み、内蔵を押し潰すだろう。
    胸に乗れば骨は軋み、脚に乗れば固定されてるかのように動かなくなる。

    AA切替 sage f1 >>584
  6. 404
    名無しさん@ピンキー O4q8V/Sg0(3) 削除

    部長「ほらほら、準備して!」

    A子「…わかりました。sくん、ほんっとに大丈夫?」

    sくん「うん!まずはやってみたい!」

    元気なsくんに負け、みんなで付き合ってあげることにしたのであった。

    sくん(今日は立って乗られるのか…重たいだろうなぁ…)

    sくんは若干の恐怖とワクワクした気持ちでせめぎあっていた。
    立って乗るということはお尻の柔らかさを味わえずに重みを受けるということになる。
    だがその分すらりとした足、むっちりとした太ももが眼前に広がると言うことだ。
    また、課長はスカートをはいており、あわよくば中が覗ければという下心もあった。

    部長「じゃあここで横になって。」

    sくん「うん、わかった」

    床には座布団が並べて敷いてあり、その上にsくんが寝転がった。
    カーペットは敷いてあるものの、乗られる側は硬い床を感じてしまうだろう。
    座布団を挟むことで痛みを和らげるのが目的だ。

    AA切替 sage
  7. 405
    名無しさん@ピンキー O4q8V/Sg0(4) 削除

    A子「じゃあ、私からね?」

    sくん「うん!」

    話し合いの結果まずはA子が乗ることになった。A子は横になっているsくんに近付き、片足をかけた。

    sくん(わぁ…太ももだ…)

    下から見るとさらに迫力があった。
    脚は細目のふくらはぎから上に伸びていき、膝から上になるといきなりむっちりと広がり大きなお尻に繋がっている。
    sはごくりと唾を飲んだ。

    A子「じゃあ、乗るよ!」

    sくん「う、うん!」

    そう言うとA子は普通の体重計に乗るかのように両足をsくんのお腹の上に乗せた!

    sくん「うぐぅぅぅっっっ……」

    小学生の小さなお腹は大人の重みでべっこりと凹み、A子はsくんの内臓を押し潰しているかのようだった。

    A子「重いでしょ?ごめんね?」

    sくん「だ…いじょう…ぶ…」

    お腹が全く持ち上がらずすでに息絶え絶えのsくん。

    部長「ほら、前向いてー!」

    A子「あっ、はい…」

    AA切替 sage
  8. 406
    名無しさん@ピンキー O4q8V/Sg0(5) 削除

    A子は横向きに乗っていたため、sくんの顔を見下ろせるように向きを90°変えた。

    sくん「うぐぐっ……」

    A子に足踏みされたような状態になり、sくんはさらに苦しい声を出した。

    部長「ほらs、体重計なんだから体重言わないと!」

    課長「そうだよ~?頑張って!」

    B子「わぁ…重そう…」

    この状況を面白がっている部長と課長。
    B子は心配そうに見つめているものの止めはせず、あり得ないくらい凹んでいるお腹をまじまじと見つめていた。
    上に乗っているA子は心配そうにsくんを見下ろしている。

    AA切替 sage
  9. 407
    名無しさん@ピンキー O4q8V/Sg0(6) 削除

    sくん「うぐっ…ご、52キロくらい?」

    A子「うーん…もうちょっと上…かなぁ…?」

    恥ずかしながらも体重を教えるA子。

    sくん「ごじゅう…ご…キロ?」

    A子「そう!55kgだよ!」

    そう、今A子は35kgほどしかないsくんの上に55kgの体重をかけ乗っているのだ。20kgの差はとても大きく、早くも息絶え絶えになるsくん。

    部長「じゃあ次は△△(課長)ね!」

    課長「はーい!」

    A子「わ、私は降りますね。sくん、重たかったでしょ…?」

    お腹の上のとてつもない重みがふっと消え、sくんは大きく息を吸った。

    sくん(息が…吸える…)

    お腹を押し潰されるとお腹が上がらず結果的に息が辛くなるが心配をかけまいと、また、これはこれで良かったので中止にならないよう

    sくん「大丈夫だったよ!」

    と返した。体重計ごっこにノリノリの課長はA子が降りた後に、とてとてとsくんに駆け寄った。

    AA切替 sage
  10. 408
    名無しさん@ピンキー O4q8V/Sg0(7) 削除

    課長「私も重たいけど…頑張って!」

    そういうとsくんを見下ろし小さなお腹に片足を乗せた。

    sくん「はい、がんばりま…ううっっ!!」

    言い終わる前に両足をお腹に乗せ全体重をかけた。
    課長は足のサイズは小さいが、そこからすらりと伸びるふくらはぎ、反比例するかのようにむっちりとした太ももが伸び、大きなお尻へと繋がっている。
    真下から見上げると否応なしにその太もものむっちりさが見てとれる。
    sくんはそれを目の当たりにして興奮しつつもとてつもない重みに耐えるのに必死だった。

    課長「私は何キロだと思う?」

    課長はそのまましゃがみこみsくんに尋ねた。
    つま先立ちのようになるため足がさらにお腹に突き刺さり、お腹にダメージを与える。
    課長はスカートだったため太ももの向こう側に黒いパンツが見えた。
    思春期のsくんは興奮を隠しきれなかったがそれ以上にお腹が沈みすぎて内蔵を圧迫し脳が警笛を鳴らしていた。

    AA切替 sage f1 >>437
  11. 409
    名無しさん@ピンキー O4q8V/Sg0(8) 削除

    sくん「ご…55kg…」

    課長「あらー惜しい!ちょっと太っちゃったの!頑張ってー!」

    楽しむ課長とは裏腹に苦しそうな顔を見せるsくん。顔を赤くして歯を喰い縛り必死に重みに耐えていた。

    sくん「ご…じゅう……ななキロ…」

    課長「おーすごいすごい!正解だよ!」

    ぱちぱちと拍手する課長。正解しても避けない課長は完全に楽しんでいるようだった。

    部長「ちょっと△△!次つかえてるんだから早く避けてよ~!s!次B子いくよ!」

    課長「はーい」

    しぶしぶ降りた課長。そしてB子が近付く。
    sくんが一番好きな体型の子であるのは誰も知らない。

    B子「だ、大丈夫…?重かったでしょ?」

    sくん「ぜ、全然大丈夫です!」

    課長はとても重たかったが、かっこいいところを見せようと見栄を張るs。

    AA切替 sage
上へ行く
pages
  1. 1P
  2. 2P
  3. 3P
  4. 4P
前の10件 次の10件 最新10件 1から読む 全部見る
軽快モード(投稿)
書き込みモードにする場合は OFF にしてネ
【文字サイズ】
浪人設定へ行く
↑浪人の設定
いろいろ設定へ行く】、
↑使わないのは常時 閉じるとか、
↑サムネイル表示するとか、
↑スレタイNGワード(綺麗™)とか、
最近見た板™びんたん サポート

おすすめ

【浪人設定】

  • 浪人(●)は設定されていません
  • 今すぐ設定しよう。すぐスレ立つぞ
軽快モード(投稿)
浪人を設定する場合は OFF にしてネ
削除 5ちゃんねる本体から消えたら24h以内にびんたんでも消えます。
出展元5ちゃんねるに感謝!!
FOX ★ Hotter than July.








Momonga
close
});