びんたん  冬。恋人たちの季節   びんたん

全体重で複数の女性に乗っかられたい

フェチ < BBSPINK

全体重で複数の女性に乗っかられたい 本文(301-)

  1. Menu
  2. URLcopy スレッド情報
  1. 1
    名無しさん@ピンキー nET1hazl0(1) 削除

    二人以上、複数の女性に全体重で乗っかられたい、
    そんな願望を持っている人が集まる場所です。

    逆に複数で男に乗りたい女性も歓迎です。

    • 5ちゃん見るなら便利な「びんたん」
    • のんびり 弁慶 で楽しむ
    • 続きを読む 2-

    AA切替 sage
  2. 300
    名無しさん@ピンキー CkqW/bt40(2) 削除

    息を飲む就活生達に向かってさらに面接官が続けた。

    面接官「この試験に協力していただいた暁には、皆様を確実に採用とさせていただきます。よろしくお願いします。」

    そう面接官が言うと、新たに2人の面接官が大きなベンチを持ってドアから入ってきた。その後ろには1人の男が連れられている。
    その男性は見たところ身長180cmくらいのやせ形で、体重は60kg前後くらいという印象を受けた。
    2人がかりで持ってこられたベンチには手すりが無く座面や背もたれは木製で、さながら公園にあるベンチのようだった。

    ベンチは面接官と就活生達の間に置かれた。
    すると連れてこられた男はそのベンチに仰向けに横たわった。男が横になっても頭や足がはみ出ないくらいベンチは幅があった。

    面接官「彼は今回この試験に合格すればわが社に配属されることとなるA男君です。皆様には彼の上に座っていただきたいのです。」

    AA切替
  3. 301
    名無しさん@ピンキー CkqW/bt40(3) 削除

    全く予想もしていなかった言葉に就活生達は動揺を隠せずにいた。
    就活生のA子は勇気を振り絞って面接官に質問した。

    A子「あの…この人の上に座るというのは…?」

    面接官「ああ、突然言われると困惑しますよね、すみません。これは“忍耐力”の試験です。」

    A子「忍耐力…?忍耐力が今回のことどんな関係が…」

    面接官「忍耐力はこれから仕事をしていく中で重要となります。もちろん理不尽なことを耐えろとはいいません。
    ただ、嫌でもしなくてはいけないことが社会で生きていく中でいくつもあると思います。それを耐え忍んでこそ成長に繋がるのです。
    A男君は優秀な人材です。的確に人を見抜く力がある、何度も行なった面接や試験でその実力は証明されています。
    将来は弊社に新たな人材を積極的に採用していく、要は私達面接官の立場になっていただきたいと思っています。」

    就活生達「……」

    面接官「そうなっていただくために、A男君には“採用される人たちの重み”を受けてもらいます。
    A男君も今回の試験を耐えられれば確実に合格とさせていただき、私達の部下としてすぐに配属となります。」

    …話が飛びすぎていてよくわからないが、とにかくこの男の人に座ればいいのだろう。それで合格になるなら良いことだ。
    腰を浮かしてちょこんと座って体重をかけないようにすれば負担は少ないだろう。お尻を直接乗っけるのは恥ずかしいがこれが試験というならばしょうがない。
    誰もがそう思っていた。

    AA切替
  4. 302
    名無しさん@ピンキー CkqW/bt40(4) 削除

    面接官「座り方としては、まず5人がそれぞれA男君の顔、胸、お腹、太もも、スネに座ると良いでしょう。
    5人が座った後、そのヒザの上にそれぞれ5人が重なるように座ることで10人全員座ることが出来ます。」

    A子「ちょ、ちょっと待ってください、まさか全員一斉に座るんですか?全体重で?」

    面接官「そうです。彼には“人を選ぶ”という責任の重さを身をもって体験していただきたいのです。」

    A子「そんな…」

    まさか全体重をかけて座るとは思ってもいなかった、しかも10人全員で。そう思っている表情を皆が浮かべた。
    肝心のA男はここに来る前から聞かされていたのか、覚悟を決めた顔をしている。

    だが、この会社は倍率がとても高い。福利厚生が充実しており、給料も良い。理不尽なリストラや異動も無く休日もしっかり取れる。
    残業も無く、職場環境も良いと聞く。事実この倍率の高さが環境の良さを物語っているだろう。

    せっかく高い倍率をくぐり抜けてここまで来た、しかもこれが最後と言われておりこれを越えれば晴れて入社できる、今までしてきた苦労も報われることだろう。
    そう思うと座る覚悟を決めざるを得なかった。せっかくのチャンス、ここで無駄にするわけにはいかない。

    AA切替
  5. 303
    名無しさん@ピンキー CkqW/bt40(5) 削除

    面接官「ではよろしいですか?まずは番号1番から5番の方、こちらへ。」

    A子を含めた5人達が呼ばれ、男が横たわるベンチの前に招かれた。

    面接官「それではA子さんから順に顔、胸、お腹、太もも、すねの前に、背を向けて並んでください。A子さんは顔の上にクッションを置きますのでそこにお座り下さい。」

    そう言うと面接官は自身のお尻に敷いていた座布団をA男の顔に乗せた。長時間座っていたからなのか、クッションはくたびれている。

    面接官「くれぐれも、しっかりと全体重かけて乗っていただきますようよろしくお願いします。それでは皆様、お願いします。」

    皆覚悟を決め、5人がそれぞれ、A男に豊満なお尻を向けた。
    A男から生唾を飲む音が聞こえた。

    A子(ごめんなさい、私重たいよ…)

    そう心の中で呟いた。他の女性達も皆そう思っているだろう。
    A子は就活のストレスからか食事の量も増え、就活前は50kgだった体重も今や55kgにまでなっていた。
    A子の隣の、胸に座る子はお尻も太もももムッチリとしておりおそらく60kgはあるだろう。
    他の子も50kg以上は確実にあるように見え、女性といえど5人の合計体重は推定でも250kg以上は確実にあるだろう。

    AA切替
  6. 304
    名無しさん@ピンキー CkqW/bt40(6) 削除

    ついに5人の女性達が大きなお尻をA男の上に落とした。

    ズシッ!ズシッ!ミシミシッ!

    A男「んぐっ!!んむぅぅぅっっ!!」

    重いだろうけど就活生のお尻の感触を味わえるなんて…A男の頭にはそんな下心も微かにあった。
    だがA男の淡い期待は一瞬で消え去り、ただただ理不尽な重みがA男に襲いかかった。
    5人の成人女性に全体重をかけられたA男はたまらず身体をひねろうとした。
    だが大きなお尻で身体の上から下まで押し潰されている状態では何もできず、A子のお尻の下でくぐもった声が聞こえるだけである。

    面接官「それでは残りの5名、こちらへ。」

    残りの5人がベンチの前へと呼ばれた。

    面接官「6番の方は1番の方のヒザの上へ、7番の方は2番の方のヒザの上へといったように、それぞれ位置に移動をお願いします。」

    淡々と言う面接官に対して女性5人のお尻の下のA男は限界だと言わんばかりにくぐもった声をあげていた。

    A子の膝に座るB子のお尻もまたムッチリとしており、A子の太ももを覆い隠すほどの大きさだった。
    他の子もまた、先に座っている子の太ももを覆うほどの大きなお尻を持っており、おそらく上に乗る子の方が大きくなるよう誘導したのだろう。

    面接官「それでは座ってください。」

    AA切替 sage
  7. 305
    名無しさん@ピンキー CkqW/bt40(7) 削除

    面接官の指示に、残りの5人がA男達に対して背を向けた。

    B美「ごめんね、私重たいから…」

    そうA子に呟きA子のヒザの上に全体重をかけてB子が座った。他の人たちもそれぞれのヒザの上に全体重をかけて座った。

    ズシズシッ!!

    A男「!!!!!!」

    単純に考えても重さが倍になったことでA男はさらに暴れた。

    A男はたった1人で500kg以上の重さを支えていることとなる。下手をすると550kgはあるかもしれない。

    約500kg+A男の体重を全て受けているベンチは今にも壊れそうにミシミシと音を立て数センチ沈みこみ、ひん曲がっている。
    ギリギリ壊れはしていないが、ベンチのあちこちから「もう無理だ」「助けて」と悲鳴があがっているようだった。

    面接官「立ち上がってはいけませんよ、これはA男君の試験でもあり、あなた方の試験の延長でもあるのです。」

    立ち上がると落とされてしまうかもという不安から誰1人として立ち上がることは出来なかった。

    AA切替
  8. 306
    名無しさん@ピンキー CkqW/bt40(8) 削除

    B子「私重いでしょ…?ごめんなさい…」

    B子はしきりにA子に体重をかけていることを気にしているのか、はたまたその下のA男に気遣っているのか、他のヒザに座っている子たちもそれぞれ声をかけている。
    確かにB子のお尻はとても重たかった。B子もまたA子と同じく就活のストレスで暴飲暴食を繰り返し体重は60kgをオーバーしていた。就活前にお腹やお尻周りのサイズに余裕をもって買ったスーツも今やピッチリとしたサイズになっていた。
    面接官達はこの様子を眺め、3人で何かを考えている様子だった。B子が座って20秒ほどたったところで面接官が口を開いた。

    面接官「A子さんとB子さん、一度立ち上がっていただけますか?」

    急いで2人は立ち上がると面接官は座布団を取った。顔を真っ赤にし息絶え絶えに必死に重みに耐えているA男がいた。
    2人が避けたところでまだ顔から下の部分に8人も乗っているので身体は全くいうことを聞かずただ大きなお尻たちに押し潰されている。

    面接官「みなさん、位置をずらしますのでC子さん達から動きましょう。少し詰めて、A子さん達が足先に座れるようにしてください。」

    AA切替 sage
  9. 307
    名無しさん@ピンキー CkqW/bt40(9) 削除

    胸に座っていたC子とそのヒザに座っていた子が立ち、少し顔側に詰めた。一時的とはいえ10人から6人の重みとなれば多少は違うのか少し楽になったような表情を見せるも、300kg以上お腹から下腹部にかけて重みがある。以前として苦しい表情を見せている。
    そうこうしているうちに再びC子達が腰を下ろし、あっという間に8人の重みとなった。他の人たちもそれぞれ顔側に向かって位置をずらしていった。

    新たにずれて座るたびにA男は「がっ……」「重っ………重いっ……」と声をあげている。

    顔は人もクッションも乗っておらず出ており、重みはあろうとも抗議はできるはずなのだが、「重い」等苦しみの言葉はあれどA男ら不満を漏らさなかった。おそらくそういうことになっているのだろう。

    面接官「なんとか座れそうですね。A子さんとB子さん、そちらに再びお座りください。」

    詰めたことで空いた足先側にA子とB子はそれぞれ腰かける。成人女性の10人の重みをモロに受けて身体はあちこち悲鳴をあげミシミシと弱り気絶寸前のA男に面接官が驚きの言葉を投げ掛けた。

    面接官「それでは最後に私達も顔に座らせていただきます。」

    AA切替 sage
  10. 308
    名無しさん@ピンキー CkqW/bt40(10) 削除

    面接官はそういうと、A男の顔にその大きなお尻を向けた。

    A男「き……きいて……な…」

    これに関してA男は初耳だったようだ。すでに500kg以上の重みを1人で受け止めて朦朧としている中さらに面接官の重みも受けてしまうとA男の命の危険がある。もっともすでに危険ではあるが。

    面接官「これが最後の試験です。安心してください。」

    そう言うと面接官3人が縦に並びA男の顔の前にやってきた。

    A子(えっ…まさか顔に3人も座るの…?)

    AA切替 sage
  11. 309
    名無しさん@ピンキー CkqW/bt40(11) 削除

    A子の思い通りに、A男の顔の上に座布団が放り投げられ間もなく面接官の1人が全体重をかけて大きなお尻を落とし、深めに腰かけた。
    間髪入れずに2人目の面接官が1人目の上に座り、さらにその上に3人目が座った。

    ドスン!ドスン!ミシミシッ!!!

    面接官達はグラマラスな体型で、その大きなお尻でA男の小さな顔を容赦なく押し潰した。面接官達のお尻はとても大きく、太もももムッチリとしており1人あたり60kg近くはあるだろう。いや、もしかすると60kgは越えているかもしれない。
    そんな巨大なお尻で凄まじい重圧を受けたA男の顔は今にも割れそうな勢いでミシミシと音を立てた。

    A男「んんん!!!………」

    顔から足先まで隙間なく成人女性のお尻で押し潰され、推定700kg近い圧倒的な重みを受けたA男は間もなく気を失った。

    面接官「さすがに耐えられませんでしたか、では皆さん、下りて下さい。」

    慌てて皆がA男から下り、A男は地獄のような重圧からようやく解放された。
    数分間の出来事であったが、おそらく、いや絶対に今まで感じたことのない凄まじい重圧を受けたことと思う。

    面接官「これでA男くんも立派に成長できたことでしょう。皆さんもご協力ありがとうございました。無事、採用となります。おめでとうございます。」

    複雑な気持ちのまま採用を伝えられた応募者達。だが彼女達がこの大きなお尻で男達を圧迫し続けることとなるのはもう少し先のお話…

    AA切替 sage
上へ行く
pages
  1. 1P
  2. 2P
  3. 3P
  4. 4P
前の10件 次の10件 最新10件 1から読む 全部見る
軽快モード(投稿)
書き込みモードにする場合は OFF にしてネ
【文字サイズ】
浪人設定へ行く
↑浪人の設定
いろいろ設定へ行く】、
↑使わないのは常時 閉じるとか、
↑サムネイル表示するとか、
↑スレタイNGワード(綺麗™)とか、
最近見た板™びんたん サポート

おすすめ

【浪人設定】

  • 浪人(●)は設定されていません
  • 今すぐ設定しよう。すぐスレ立つぞ
軽快モード(投稿)
浪人を設定する場合は OFF にしてネ
削除 5ちゃんねる本体から消えたら24h以内にびんたんでも消えます。
出展元5ちゃんねるに感謝!!
FOX ★ Hotter than July.








Momonga
close
});