びんたん  冬。恋人たちの季節   びんたん

マインドコントロールえっちなスレinオリキャラ板13

オリキャラ < BBSPINK

マインドコントロールえっちなスレinオリキャラ板13 本文(401-600)

  1. Menu
  2. URLcopy スレッド情報
  1. 1
    名無しさん@ピンキー Am2oyV98(1) 削除

    超能力・魔法・妖術・薬物・機械・洗脳・催眠なんかで、 
    精神を支配しちゃったり体を深層催眠で支配しちゃったりして……な事をするスレです。 
    設定引継ぎ大歓迎! 

    肉体変化などのオプションは相談の上で責任を持ってどうぞ、 
    洗脳方法やシチュに関しては事前によく相談してください。 

    よろしければ以下のテンプレもご利用下さい。(可能な限りわかる範囲で) 

    名前: 
    年齢: 
    身長: 
    体重: 
    3サイズ: 
    髪型: 
    性経験: 
    性格: 
    服装: 
    身体的特徴: 
    MCの希望: 

    前スレ 
    マインドコントロールえっちなスレinオリキャラ板12
    http://mercury.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1335364370/
    落葉🍂 マインドコントロールえっちなスレinオリキャラ板12(2)

    • 5ちゃん見るなら便利な「びんたん」
    • のんびり 弁慶 で楽しむ
    • 続きを読む 2-

    AA切替 sage
  2. 400
    魔族 ◆ANpXpSGtYg Bz0+H+VE(2) 削除

    【いえいえーよろしくお願いします】

    AA切替 sage
  3. 401
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 UTU6Ln6w(2) 削除

    >>376
    んっ…くはぁ…♪外野が、五月蠅いわね……んんんんっ…
    だ、黙ってないと、あぁんっ…♪消し炭に、するわよ……
    (子宮を貫かれながら、しかし鋭い視線で外野の妖魔に向かい睨みつける様な視線を向ける)
    (それでも妖魔の嫌らしい笑いは消えない。後で覚えてなさいよ…と吐き捨てながら、今は目の前の悪魔に対峙することに…)

    ご、五分…たったの、五分よ…それで、決着がつく…んんんっ、あ、ぁぁ♪
    (一突きされただけで意識が朦朧とするアリシエルにとって、5分は文字以上に長い時間に感じれてしまう)
    (また一突きされると天を仰ぎ見る様に喘いでしまう)
    は、ハンデ…ですって…んんっ…そんな、モノ…どうして私が、くれてやらないと…いけ、ないの…よ…
    んっんっ、はぁ…♪うっ…ああぁぁーーー!?あっ、あひぃ♪あんっ…んほぉぉ♪
    (此方の意思などお構いなしに、ジジジジジ……と下腹部に、触手から放たれるレーザーの様なもので淫紋を刻み込まれてしまう)
    (完成すれば妖しく光りだし、そしてアリシエルは気づかないが膣内から放たれる瘴気とも反応し、更に身体全身を過敏に反応すべく
    改造が施されていく。)
    はぁはぁ、はぁ………♪くっ、卑怯、な…かはぁ?!ひぎっ…あ、あぁぁぁぁあぁぁぁーーーー!!!
    (そしてヅグンッ…!と子宮を小突かれると、先ほどまでの比ではない程に全身に快感が走り)
    (最早悲鳴に近い喘ぎ声をあげながら、無意識に翼を大きく広げ身体をのけぞらし、絶頂さえしてみせて)

    【大変お待たせしました。本日もよろしくお願いします】

    AA切替 sage
  4. 402
    魔族 ◆ANpXpSGtYg Bz0+H+VE(3) 削除

    ん?卑怯?卑怯も何もボクだって相手が大天使さまなんだから手段にこだわってられないでしょ?
    まぁさっそくイッっちゃってるところ見るとほかの天使とおなじでクソザコおまんこだったみたいだけど。キャハハハッ!!!
    (早くも絶頂を迎えたアリシエルを侮辱する言葉を投げかける)

    ほら!またイク?ほらほらクソザコおまんこ天使じゃ我慢できないんでしょ?ほら!!イケ!!変態マゾ天使!!バチィン!!
    (子宮の奥深くまで巨大な肉棒で突き上げ、同時にアリシエルの尻を叩く)

    さてボクも攻撃させてもらおうかな?
    (カップ状先端を持つ触手があらわれアリシエルの胸に張り付くと、中で消化液を吐き出しアリシエルの服を溶かす。
    そして極細の触手が乳腺のなかに侵入していき乳房の内部中をかき回していく)
    (するとアリシエルのエナジーが母乳に変換され胸から漏れ始める)

    きゃはははっ!ボクの精液が尽きるのが先か天使さまのエナジーが尽きるのが先か勝負ね?
    ほらほらもっとはげしく自分から動いてじゅぼじゅぼしないと間に合わなくなっちゃうよ?
    じゅるるるっ!!(乳腺に侵入していた触手を一気に引き抜く)

    AA切替 sage
  5. 403
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 UTU6Ln6w(3) 削除

    はぁはぁはぁ……あんっ…♪おほぉ…いぎぃぃ…………!!
    (一突きされるだけで絶頂してしまう程に全身は火照り熱くなっていて)
    (最早悪魔に悪態をつける程の余裕さえ今のアリシエルにはない)
    ンヒィィィィィ♪♪♪♪
    (バチーン!!と甲高い音が空間に木霊する。無様に尻を叩かれるアリシエルは)
    (それだけで再び絶頂させられてしまう。周囲からゲラゲラと笑い声がするが
    先ほどの様に睨みつけるだけの余裕は最早、ない)

    ンンン゛ッ!?んっ、おぁぁ、ぁぁぁ~~!!!
    ひっ、ぁっ……わ、私の……む、ねぇぇ……んぐぅぅ♪す。、吸われ…かひゅ?!
    あ゛ぁ……♪お、ほぉぉぉぉぉ~~~♪
    (お椀状の触手が胸元に二つ、被さる様にして取りついて。そしてすぐさま凄まじいまでの
    快感が全身を駆け巡ると同時に、胸から大量のエナジーが抜き取られていくのを感じ取る)
    (お椀の中で胸を上下左右に揺らされながら、そして乳首が凄まじいまでの激痛に似た快感を感じ取り)
    (瞬く間に絶頂の先へと意識が持っていかれてしまう。何度目かの絶頂をしながら、それでも止むことのない快感を前に)
    (アリシエルの意識は呆気ない程容易く持っていかれてしまう。完全に白目を剥きながら、だらしなくアヘ顔を晒しながら悪魔の上で力なくゆっさゆっさと身体を
    揺さぶられて)

    AA切替 sage
  6. 404
    魔族 ◆ANpXpSGtYg Bz0+H+VE(4) 削除

    じゅぼじゅぼじゅぼっ!!!
    んもう自分からおまんこ勝負挑んできたくせに全然ダメじゃん。
    まぁおまんこの締まりはいいし、絶頂するごとにビクビク締め付けてくるからそろそろ出そうだけど。
    ほら!!精液出してやるから起きろ!!びしぃ!!
    (アリシエルの尻を叩きつけ強制的に意識を覚醒させるが・・・)

    どびゅっ!!どびゅぅるるるるるっ!!ビュルッビュルッ!!
    (強力な瘴気を放つ精液が勢いよく吐き出され子宮の奥に打ち付けられていく。)
    (精液の量はすさまじくアリシエルの下腹部をぽっこり膨らませると同時に、収まり切れない精液がぶびゅっ!と下品な音をたてながら漏れ出してくる。)

    あー気持ちよかった。たくさんでたねー。
    それじゃ2回戦開始ね。天使さまのエナジーもなくなっちゃうから休憩はなしでいいでしょ?
    きゃはははっ!!
    じゅぼじゅぼじゅぼっ!!!
    (あれだけ大量の精液を放出したにもかかわらずその肉棒は凶悪な大きさと硬さを保ったまま再びアリシエルの子宮を蹂躙する)

    AA切替 sage f1 >>419
  7. 405
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 UTU6Ln6w(4) 削除

    【すいません、少し意識が飛んでいたので短いのですが凍結して貰えますか?】

    AA切替 sage
  8. 406
    魔族 ◆ANpXpSGtYg Bz0+H+VE(5) 削除

    【了解です。次回くらいで終わらせたいですねー】
    【一番屈辱的な状態で記憶は残したまま一旦洗脳といてやって、エナジーが尽きてどうしようもなくなったところを完全に洗脳して従順なペットにしたい】

    AA切替 sage
  9. 407
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 UTU6Ln6w(5) 削除

    ですね、次回で終わらせる方向で頑張ります。
    一先ずは火曜日21時頃が空いてますがどうでしょうか?

    AA切替 sage
  10. 408
    魔族 ◆ANpXpSGtYg Bz0+H+VE(6) 削除

    【それでは火曜21時からでお願いします!!】

    AA切替 sage
  11. 409
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 UTU6Ln6w(6) 削除

    【では、火曜日21時でお願いします。】
    【それでは本日これで失礼しますね。お疲れ様でした。】

    AA切替 sage
  12. 410
    魔族 ◆ANpXpSGtYg Bz0+H+VE(7) 削除

    【お疲れ様でしたー】

    AA切替 sage
  13. 411
    魔族 ◆ANpXpSGtYg MbNYpe7m(1) 削除

    【アリシエルさんまちで待機します】

    AA切替 sage
  14. 412
    魔族 ◆ANpXpSGtYg MbNYpe7m(2) 削除

    【今日は厳しいかな?明日にでも出来たらうれしいかも。落ちます】

    AA切替 sage
  15. 413
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 bYRrxeru(1) 削除

    【昨日は申し訳ありませんでした手急な事情で来れなくなり現在に至る所存です。】
    【本日も少しロールのほう難しいので明日以降でお願いしていいでしょうか。】

    AA切替 sage
  16. 414
    魔族 ◆ANpXpSGtYg 844D18+t(1) 削除

    【了解です。では明日の21時からではどうでしょう?いちおう今週だと金曜以外は大丈夫です。】

    AA切替 sage
  17. 415
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 oc78GA4b(1) 削除

    【わかりました。では明日21時でお願いします。】

    AA切替 sage
  18. 416
    魔族 ◆ANpXpSGtYg 844D18+t(2) 削除

    【了解です。明日21時にお待ちしてます!】

    AA切替 sage
  19. 417
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 CJOdgPeA(1) 削除

    【書き出しつつ待機しますね。】

    AA切替 sage
  20. 418
    魔族 ◆ANpXpSGtYg W2Pm/fRw(1) 削除

    【少し遅れました!よろしくお願いします!!】

    AA切替 sage
  21. 419
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 CJOdgPeA(2) 削除

    >>404
    あぁぁぁん♪♪…あっ…?私、一体…うっ…そ、そう…だったわ…
    あんっ♪ひっ、くふぅ…♪この、悪魔を…討伐するために、性行為をしている…のだったわね…
    ど、どう…?私の膣内は…んっ、は、早く…早く射精して楽になりなさいよ…♪
    (尻を叩かれた事で意識が戻り、現状の把握も終わるのだが、改ざんされた記憶は戻らない)
    (だらしない顔で、勝ち誇ったかのような表情で無様に胸からエナジーを搾取されつつ、絶頂する時を待つ。そして)

    あぁぁぁぁぁぁ~~~~~~♪♪♪出てる、出てるぅぅ♪わたくしの、中に…大量の、せーえきが…
    魔族の…穢れたせーえき…♪ふ、ふふふ…これで、この悪魔も……
    (子宮内をどぶどぶと満たしていくザーメン。瞬く間に収まりきらずゴプッと漏れ出る。それをみたアリシエルは下にいる悪魔をみて、そして
    絶望した。完全にしたり顔をしている為だ。これで討滅出来るはず。そう確信していただけに…)

    そ、んな……あんっ♪に、二回戦なんて……あっ、ぁぁ♪むり、無理無理無理ぃぃぃ♪
    嫌ッ、やめ、なさい……あっ、あんっ…♪い、嫌なのに…身体が…勝手にぃぃ!?
    (二回戦と称し再び始まる凌辱。何度も声をあげ、翼を広げてアヘ顔を決めて何度も絶頂を迎えていく…)

    AA切替 sage
  22. 420
    魔族 ◆ANpXpSGtYg W2Pm/fRw(2) 削除

    きゃはははっ!なになに?もしかしてたった一回でボクの精液が尽きるとでも思った?
    大体あなたみたいなすぐにイキまくって気絶しちゃうような雑魚天使おまんこでボクに勝てるはずないでしょ?

    ほら!無理とか言ってないでちゃんとおまんこ締め付けてボクの精液絞らないとだめでしょ?
    本当にボクの精液絞りつくすならあと3時間はおちんちん入れたままズポズポしないとだめだね。
    あ~またいっちゃった。そんなんじゃいつまでたっても終わらないよ?
    まぁいいや。この雑魚おまんこ天使様は戦う気ないみたいだから勝手にズボズボさせてもらうね。
    (今度はアリシエルを押し倒し、のしかかるようにしてアリシエルのおまんこに肉棒を打ち付ける。)
    (完全に種付けプレスの体制に持ち込まれたアリシエルにはもはや逃げることもかなわないだろう)

    (そして2時間後・・・)
    んもう。大天使さまのくせにへばりすぎじゃない?ボクに勝つのはもう完全にあきらめちゃった感じ?
    (魔族の肉棒は一切アリシエルのおまんこから引き抜かれることなく、吐き出された精液によりぐぼぐぼと下品な音をたてながらひたすら子宮を打ち付けている)
    (アリシエルの衣服は魔族の放った触手の種子に侵食され内側にびっしりと触手が張り付いた触手服へと変り果て)
    (数十回にわたる射精により床は大量の精液とアリシエルのおまんこから噴き出した愛液にまみれていた)

    しょうがないから最後のチャンスをあげるよ。今から3分だけおまんこやめてあげる。
    ほら、ボクが吐き出した魔力がたーくさんこもった精液が床にこぼれてるからきれいになめとってエナジーでも回復したらどう?
    ボクの勝てる可能性が1%くらいは出てくるかもよ?クスクス。
    (もちろんそんなことでエナジーが回復するはずもないが常識を改変されたアリシエルには、二度と訪れないチャンスに思えるだろう・・・)

    AA切替 sage f1 >>421
  23. 421
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 CJOdgPeA(3) 削除

    >>420
    さ、三時間…ですって……!?ふざけないで…そんなの、無理にきまって…くはぁ♪
    くっ、うぅ…こ、こんな事に、なる、なんて…この、私が…アリシエルが、なんて無様…
    うぁ♪う、動かないで…!はぁ、はぁ……んっ、さ、三時間よ…ただん、三時間……
    三時間耐えれば、勝ちなのだから…た、耐えて…みせ…あぁぁあ♪無理っ…こんな快感を、三時間もだなんて…
    無理よ…あ、あぁぁあ~~!!!!

    (そして二時間後)
    うっ…あっ…♪あはぁ…♪んくふぅ…♪お、ほぉ…♪
    (ぐっちゅじゅっぷ…にちゃ、ごぷぅ!)
    (アリシエルは全身を精液まみれにし、虚ろな表情で悪魔に抑えられながら、凌辱されていた)
    (それだけでなく、衣服も異変がおきていて。瘴気と精液に犯された衣服は触手服に成り代わり、
    アリシエルの手袋から、ブーツまで、文字通り身体全身を内側から舐める様にして凌辱していた)
    (内部からも嫌な液体を吐き出され、全身が性感帯に改造された上で何十回と絶頂させられていて)

    あ、はぁ……♪せーえき……なめ、とる………そ、そう…よ…
    魔力さえ、回復……すれば…こんな……あ、はぁ♪じゅる、ぴちゃ…じゅぞぞぞぞ
    うぶぇ…おぶっ、じゅる……ぴちゃぁ……
    (外野の悪魔にゲラゲラと笑われながらも、必死でザーメン汁を舐め取っていくアリシエル)
    (瞳も濁り切り、悪魔のいいなりになっている様は最早奴隷のソレと変わらないだろう)

    AA切替 sage
  24. 422
    魔族 ◆ANpXpSGtYg W2Pm/fRw(3) 削除

    きゃはははっ!本当に舐めてる。これがさっきまでかっこつけてた大天使さまだなんて。
    ほらほら!!たった三分しかないんだからそんなゆっくり舐めてたら回復間に合わないぞ!!ビシィッ!!
    (アリシエルの尻を尻尾でたたきつける)

    あーおもしろい。かわいそうだからそろそろ元に戻してあげよっか?
    (必死に精液をなめとるアリシエルの頭に手を置き魔力を流し込む)
    (書き換えられていた常識が次第に元に戻っていき、アリシエルもこれまでの自分の愚かな行為を自覚するだろう・・・)
    (手下の魔族達ががアリシエルのを見て笑っていたのかも・・・・)
    (さらに気が付くとアリシエルの愚かな行動は浮遊数球体によって映像として記録されている)
    (その映像は天界にも流されていたのか、部屋の壁に掛けられているディスプレイには天界で絶望的な表情を浮かべる部下の天使たちの姿が映されている)

    大天使様すごいねぇ・・・ボクの催眠攻撃全然通用してなかったねぇ?ところでなんでこぼれた精液舐めてるの?
    そんなに精液おいしい?きゃははははっ!!!
    (わざとらしくアリシエルに語りかけ、無様な行動をとり続けたアリシエルを嘲笑う)

    ここから逆転できるつもりなら頑張ってみる?まぁすでにあなたはボクのおもちゃでしかないけど。
    (魔族が指を鳴らすとアリシエルの衣服を侵食した触手が一斉に激しく動き出し、さらには刻まれた淫紋が輝きだし一気に活性化する)

    これからまたあなたの脳味噌に直接魔力送って完全にボクのおまんこ奴隷にしようと思うんだけど、
    大天使さまはボクなんかの催眠攻撃なんて効かないから構わないよね?
    おっぱいミルクだすのもおしっこするのも淫紋でうずきまくったおまんこイクのもボクの命令なしじゃできないようにしてあげようかと思うんだけど。どう?
    (アリシエルの頭に手を置き魔力を込め始める・・・)

    AA切替 sage
  25. 423
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 CJOdgPeA(4) 削除

    あひぃぃ♪わ、分かってるわよ…そんな事、れる、ぴちゃ…
    まって、なさい…すぐに回復して…貴方等…滅して…あっあ♪
    (必死でザーメンを舐め取るアリシエルはなんと滑稽に映るだろうか)
    (そのザマをよもや中継されているなどと思わずに)

    はぁはぁ…あと、少し……んっ!?あ、がぁぁぁぁ!?
    …………はっ、私は、なにを……!?あ、ぁ………………
    (頭に手を置かれ催眠が解かれると、同時に今までなにをしていたのかを思い出し、その場で茫然とほうけてしまう)
    (頭上を見やれば天界にまでこの中継を流され、そして周囲からは腹を抱え倒れこむ雑魚妖魔の姿が……)
    (ぺたんっとその場で崩れ落ち、絶望の表情でアリシエルは沈み込む。)
    わた……しは…………なに、を…………あの、悪魔に……いい様に、弄ばれて………
    それを、…それを当然の様に…あ、あぁぁぁぁぁぁ!!!!!
    (頭を抱え絶叫するアリシエル。そこに更なる仕打ちが施される)

    いひぃぃぃぃ♪あっ……♪はっ、触手スーツが………触手スーツ……?あ、あぁ…私の、聖なる衣装が、そんな……
    あ、ぁぁぁぁぁ…♪んぉぉぉ!?あひぃ♪あんっ…あ、ぁぁぁ♪
    (全身を嘗め尽くされながら凌辱されその場で倒れこむアリシエル。そして天界側の中継は、あちらの方から無残にも断ち切られて)
    (そう、天界に完全に見放されてしまったのだ…)

    あ、ぁ……………奴隷……?い、嫌よ……そんな…嫌っ、嫌!こないで…
    こないでぇぇぇえ…嫌あぁああぁぁーーー!?
    (這いずる様に逃げるアリシエルの頭部に、手が添えられると邪な魔力が注がれ始める)
    (それは腹部の淫紋と反応し、全身を浸食していく様で。真っ白な翼もどんどん黒く穢れ始めて…)

    AA切替 sage
  26. 424
    魔族 ◆ANpXpSGtYg W2Pm/fRw(4) 削除

    あらら?切られちゃった。天界の人たちもこの変態雑魚まんこ天使のことはもうボクの奴隷にしちゃっていいよってことかな?

    嫌?なんでそんなに嫌がるの?おまんこすごく気持ちくよかったでしょ?何回も気絶するほどイキまくってたじゃん。
    これからもずっとおまんこズボズボやってもらえてうれしいでしょ?きゃはははっ!!
    (脳内に注がれる魔力によってまずは戦闘用のスキルがすべてオナニーに書き換えられてしまう。
    魔族に逆らい戦闘用の魔法を使おうとすれば、魔法の使い方もわからず、抑えきれない強いオナニー衝動に駆られる変態の脳に書き換えられる)
    (もはやどんな下級の魔族であっても攻撃の方法がわからずオナニーをして敗北してしまう最弱の肉オナホ天使となるだろう)

    (さらに洗脳は続きこの少年魔族のにおいや魔力を感じれば強制的に発情し、チンポに奉仕することしか考えられない奴隷へと改造していく)

    ふぅ基本の部分は終わったから次はボクの命令なしじゃおっぱいミルク出すこともおしっこも出すこともイクこともできないように改造するね。
    まずは淫紋をつかって強制手連続絶頂魔法の魔力を子宮に直接流し込みます。じゅぶっ!!!!!ずばばばっばっ!!!
    (尻尾を子宮の奥深くまでねじりこみ強制連続絶頂魔法の魔力を流し込む・・・そして)
    次に脳を改造していって母乳噴き出すのとおまんこイキまくるのが止まったら完成ね。きゃはははっ!!
    (アリシエルの脳をまるで自分のおもちゃと言わんばかりに好き勝手に改造していく)

    AA切替 sage
  27. 425
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 CJOdgPeA(5) 削除

    【御免なさい…今日で終わらすつもりだったのですがどうにも無理臭いです…】
    【最後の凍結してもらう事できますか…?】

    AA切替 sage
  28. 426
    魔族 ◆ANpXpSGtYg W2Pm/fRw(5) 削除

    【了解です。次はいつにしましょう?明日はちょっと厳しいかも。】

    AA切替 sage
  29. 427
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 CJOdgPeA(6) 削除

    【とりあえず明後日で如何でしょうか??】
    【もしくは日曜日でも空いてますので…眠気が限界なので先に失礼しますね】
    【本日お相手ありがとうございました。】

    AA切替 sage
  30. 428
    魔族 ◆ANpXpSGtYg W2Pm/fRw(6) 削除

    【では明後日でお願いします。おやすみなさい。】

    AA切替 sage
  31. 429
    魔族 ◆ANpXpSGtYg zzg2kVzP(1) 削除

    【アリシエルさんまちで待機します】

    AA切替 sage
  32. 430
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 te2tKhao(1) 削除

    【遅れました。まだおられますか?】

    AA切替 sage
  33. 431
    魔族 ◆ANpXpSGtYg zzg2kVzP(2) 削除

    【まだいますよー】

    AA切替 sage
  34. 432
    魔族 ◆ANpXpSGtYg zzg2kVzP(3) 削除

    【あれ?おちちゃいました?】

    AA切替 sage
  35. 433
    魔族 ◆ANpXpSGtYg zzg2kVzP(4) 削除

    【自分も落ちますね。一応明日も大丈夫なので都合合えば21時くらいからやりたいです。お疲れ様。。】

    AA切替 sage
  36. 434
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 te2tKhao(2) 削除

    【すいません……なんとか連絡をと思ったのですがまだ手が離せなく…。】
    【はい、明日21時頃また来ます。何度も本当に申し訳ないです…】

    AA切替 sage
  37. 435
    魔族 ◆ANpXpSGtYg zzg2kVzP(5) 削除

    【ではまた明日21時にお待ちしてますー】

    AA切替 sage
  38. 436
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 LqiGVfDA(1) 削除

    >>424
    そんな……私が、捨てられた……?そんな事、そんな…
    (その場で崩れ落ちるアリシエル。だが非情な手はすぐそこに迫っていて)

    ふ、ふざけないで!だれがっ…だれが気持ちよくなんて…これでも食らい…うっ…!?
    そ、そんな……術が、術が思い出せない…こんな…記憶…い、嫌よっ…
    私はアリシエル…天界に住まう大天使よ!それが、こんな…嫌っ、嫌ぁぁぁ!!!!
    (脳内の記憶が全て悪魔や妖魔を奉仕するための準備をするオナニーを行う方法へと塗りつぶされてしまって)
    (なんとか攻撃しようとするが全て無様な恰好で自慰をする行為に成り代わって)

    嫌っ…嫌ぁぁぁあ!!やめてぇぇぇおほぉぉぉぉ~~♪♪
    (そんなアリシエルの脳内は更に改造される。悪魔の香りを嗅いだだけで強制発情してしまう変態脳に
    チンポ奉仕をしないといけないという使命さえ生まれ始め、ガクンッとその場で膝からおちる)

    んほぉぉぉぉ♪あ゛ああぁぁぁあ♪♪♪
    (更に更に改造される。子宮内に尻尾をねじ込まれ強制絶頂の魔法を植え付けられたかと思えば)
    (無様にふくれあがった乳からまるでシャワーの様に母乳が出る様になる改造まで施されて)
    (頭の中も真っ白に染まり、白目を剥きながらだらしない表情でカクカク震え、大天使は無残にも悪魔の性処理奴隷天使へと堕ちていく…)

    【書き出しつつお待ちしますね】

    AA切替 sage
  39. 437
    魔族 ◆ANpXpSGtYg DqaHRUR7(1) 削除

    【お待たせしました。よろしくお願いします】

    AA切替 sage
  40. 438
    魔族 ◆ANpXpSGtYg DqaHRUR7(2) 削除

    きゃはははっ!!なになに?さっきまであんなにおまんこズポズポしてあげたのにまたオナニーしてる。
    へぇ~あなたアリシエルっていうの?へぇ~なんだかよくボクの部下たちが話してた気がする。
    有名な天使さまだったんだねぇ。まぁ今日からボクの肉便器奴隷にだから関係ないけど。

    うーん。さすが大天使様脳の改造がいつもより時間かかるなぁ。
    イキまくるの全然止まらないね?
    (アリシエルが泣きわめこうが気を失おうが、全く意に介する様子もなく強制連続絶頂の魔法を注ぎ込み脳の改造を続けていく。そして)

    お、終わったかな?
    (魔族の魔法によりすさまじい快感は相変わらず注ぎ込まれ続けているが、突然アリシエルはイクことができなくなる)
    (それはアリシエルが絶頂することも排泄行為さえもこの魔族の許可がなければ行えず、完全にこの魔族の所有物になり果てたことを表していた)

    はい。おわったよ?もうあなたボクのおもちゃだから。
    とりあえずためしにおしっこする?おしっこだしていいよ。

    AA切替 sage
  41. 439
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 LqiGVfDA(2) 削除

    い、嫌よ……肉便器奴隷なんて嫌ぁぁあ!!
    (どれだけ泣き叫ぼうが最早手遅れなのだ。身体の言う事は利かない)
    (触手服に全身を舐め上げられ、媚薬まで塗り込まれ常に全身性感帯の状態)
    (無様に自慰をして何度も絶頂してしまう…最早威厳もなにもあったものではない)

    あ、♪ぁ…………♪
    (そしてとうとう脳の改造が完了してしまった。)
    (その場でどさりと崩れ落ちるアリシエルは、自分が悪魔の玩具になった事を告げられて)
    (命令されれば、ゆっくりと身体をおこし、そしてその場でちょろちょろと小水を零し始めてしまう)
    あ、へ、ぁ……♪♪
    (だらしない顔で、情けないポーズをしながら、小水をコポコポとこぼす様を、雑魚妖魔はゲラゲラと笑う)
    (それにさえも反論できないアリシエル…)

    【う~ん…イクとこまで行きましたね。そろそろ〆に向かう方向ですかね】

    AA切替 sage
  42. 440
    魔族 ◆ANpXpSGtYg DqaHRUR7(3) 削除

    はい。ちゃんとおしっこできたね。
    (まるで芸を覚えたペットをほめるように頭を撫でてやる)

    あなたなかなか気に入ったからこれからたくさん遊んであげるね。
    (アリシエルにギュッと抱き着き胸に顔をうずめる)

    (そして次の日から毎日性処理のためにひたすらアリシエルを犯し続ける)
    (寝ているとき以外はほぼアリシエルのおまんこにチンポが入っている状態で、
    時には3日間休むことなくひたすらアリシエルを犯し続けることもあった)

    (しかしある日から突如アリシエルのもとに現れなくなる)
    (それまでひたすら犯されていたが、3日間もの間オナニーをしてもイクことができず)
    (ましてやたまりすぎた母乳を絞り出すこともおしっこをすることもできないまま、アリシエルは檻の中に放置されることになる)

    【了解ですそしたら、あとちょっとで〆る形で~】

    AA切替 sage
  43. 441
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 LqiGVfDA(3) 削除

    (魔族の手に堕ちて数週間、アリシエルは他の天使とは違う、別の独房につながれる形で捕らえられていた)

    うあっ……はぁ、はぁ……♪あんっ…い、イカ、せてぇぇ……♪
    お願い、お願いしますっ、なんでもしますからぁ♪
    ご命令にも従いますっ、どうか、どうか変態奴隷のアリシエルを絶頂させてぇぇぇ♪
    (数週間もの間毎日の様に妖魔に犯され玩具にされ、時には輪姦さえ強制させられ)
    (天界の大天使も完全に失墜し、すっかり肉便器といった感じが板につき始めた頃だ)
    (これまでの様に犯されず、完全に放置させられ続けたアリシエル)
    (最初こそ身体を燻る快感に抗っていたがここ数日の間に全身の酷い倦怠感と、性による渇望がこみ上げ)
    (結果精神崩壊する一歩手前にまで陥ってしまったのだ。瞳も濁りきり凛々しかった姿は最早どこにもない…)

    【次レス辺りで〆、でしょうかねこちらは…】

    AA切替 sage
  44. 442
    魔族 ◆ANpXpSGtYg DqaHRUR7(4) 削除

    「おいおい。こいつマン汁出しすぎだろ!!もう気持ちよくなることしか頭にねえじゃねえか。」
    「乳もぱんっぱんに張りっててこりゃすっげ量のミルク出しそうだな。おいお出かけだぞ!!」
    (そういって雑魚の魔族たちによって持ち運び用の小さい檻に移され、魔界へと続くゲートの中へと運ばれていく)

    お!キタキタ。あれがボクの新しいペットのアリシエルだよ?
    (アリシエルが運ばれてきた場所は魔界も最高位の支配者階級魔族達が集うパーティで、
    天界でも恐れられている強大な悪魔ばかりが顔を連ねている)

    (そして檻からアリシエルを出してやる)
    あららぁ?おっぱいミルクたまりすぎてパンパンになってるね?
    まぁちょうどいいか。あなたのミルクなかなかおいしいからみんなにも飲ませてあげたいし。
    でもさすがにおしっこはここじゃしちゃいけないから我慢してね?
    ほら、遊んであげるからみんなに挨拶して。もう我慢できなそうだけおちんちん舐める?

    「ほう?あれはまさか力天使アリシエルか。人間界で遊んでいるとは聞いていたがまさかあの大天使をここまで堕とすとは・・・」
    「はははっ!あの我々の邪魔ばかりしていたあのアリシエルがなんと無様な格好だ。」
    (魔界でも名の通った大天使であるアリシエルの無様な姿を笑うもの、それほどの大天使を落とした少年魔族に驚くもの、魔族たちは様々な反応を見せる)

    みんなにね、あなたのこと話したらぜひ見てみたいっていうからね。魔界まで来てもらったんだよ。
    今日は特別にみんなにも遊ばせてあげよっかな~?まぁ久しぶりだし最初はボクが使うね。ほらアリシエル。イッてもいいよ?ズブゥッ!!!
    (アリシエルのおまんこに肉棒を突きさし、激しく腰を打ち付ける)

    (そしてパーティはそのまま続き、アリシエルは本来天界の宿敵であるはずの強大な悪魔達に犯され続ける。)
    (しかし今のアリシエルにとってそれはどうでもいいことだろう・・・)
    【一応こんな感じでこちらは〆でいいですかー?】

    AA切替 sage
  45. 443
    アリシエル ◆PJjlg.fL26 LqiGVfDA(4) 削除

    はぁ………♪はぁ………♪はぁ……♪
    どこに、連れていこうっていうの………?
    うぁ……♪は、はなし、なさぃ…よぉ…あっ、ぁぁ♪
    (雑魚妖魔に小さな檻に押し込められるようにしてアリシエルは魔界へのゲートを
    半ば強制的にくぐらされてしまう)

    (そしてくぐった先で見たものは、魔界でも屈指の悪魔たちが集う社交場の様な場所で)
    (檻に閉じ込められた此方を見て一様に声を荒げ、邪な視線を向けてくる)
    (アリシエルにしてみればどいつもこいつも桁ハズレのバケモノばかり。)
    (少し前のアリシエルだったらば生意気にも抵抗したかもしれない。しかし調教に調教を重ねられたアリシエルは)
    (完全に心が折れ、虚ろな目で周囲を見渡していて…)

    …あ♪ご主人様ぁぁぁ…♪
    (自身を改造した子供の様な悪魔を見つければ甘い声をあげてすり寄ろうとする。檻から解放されれば一目散に肉棒にしゃぶりついて)
    んじゅる…♪じゅぷぅ♪じゅぽ、ぐじゅ…♪
    (その様を見た悪魔たちは笑い声をあげるものや、奇異の目で見るものなど様々。しかしアリシエルは気にしない)
    (主に命じられれば情けない仕草も今やお手の物と言わんばかりにとって)
    はぁぃ…ご主人様ぁ♪皆さま…ご主人様に調教していただき、悪魔様のすばらしさを身に染みて教えてもらいましたぁ…
    元天使の、現奴隷人形アリシエルと申しますぅ…♪この度は皆さまにご奉仕したく、思います…
    どうぞ、アリシエルのミルクを堪能くださいませぇ…♪また、アリシエルを隅々まで侵してくださいませぇ…はぁ……♪
    (無様なポージングを取りながら、久しぶりに味わう主の肉棒を堪能しながらそう答えるアリシエル)
    (その姿からは最早天使としての威厳はなく、完全に堕ちた奴隷といった風貌で)
    (今日この日を境にアリシエルは完全に悪魔の奴隷人形としていきていく事となるのだった…)

    【はい、有難うございました。こちらもこれで〆とします。】
    【度々ロールが延期になりながらも最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。】
    【またいつか縁があればお願いしますね…それでは失礼します。】

    AA切替 sage
  46. 444
    魔族 ◆ANpXpSGtYg DqaHRUR7(5) 削除

    【長い間ありがとうございました。すごく楽しかったのでまた遊びたいです。】
    【お疲れさまでした。】

    AA切替 sage
  47. 445
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 fHfwSNqp(1) 削除

    名前: 鏑木 響子
    年齢: 18
    身長: 160
    体重: 43㌔
    3サイズ: B82/W56/H83
    髪型: 栗色の毛をサイドテールで留めています。
    性経験: なし。
    性格: 明るく感性豊かな性格。言葉遣いがどこか大人びた物を感じさせる事も。
    服装:チュニックにジーンズ、手は白い手袋。
    MCの希望:薬物・催眠等の暗示による雌奴隷化 。
    MCはすぐに終わるではなく、じっくりと進めていければと思ってます。
    【NG】猟奇的な表現。スカ表現等は可能です。

    【少し待機しますね。お相手は女性の方がいいです。】

    AA切替 sage f1 >>446
  48. 446
    名無しさん@ピンキー j1AwcPMk(1) 削除

    >>445
    まだいらっしゃいますでしょうか?
    薬物を主体として催眠を掛けながらじっくりと調教していきたいと考えているのですがどうでしょうか
    主な内容としては自慰や軽い露出、淫具を服の下に少しずつ忍ばせていったりなどを考えています
    よろしければ詳しい内容なども打ち合わせから始めていければと思っています

    AA切替 sage
  49. 447
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 fHfwSNqp(2) 削除

    まだ見てますよ。こんにちわ。此方こそお相手お願いしたく思います。
    ひとまず打ち合わせからですね。この場でもよいでしょうか。

    AA切替 sage f1 >>448
  50. 448
    ◆8.uy/6zbvw j1AwcPMk(2) 削除

    >>447
    はい、私はこの場でも大丈夫です
    一先ず酉をつけさせていただきますね

    最初にそちら様との関係性などを考えていきたいのですが、何か希望などはありますでしょうか?
    こちらからは大学生のサークル、ないしは学生同士の私的な関係を考えています
    また、年齢は同年代か少し年上を考えています

    AA切替 sage f1 >>449
  51. 449
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 fHfwSNqp(3) 削除

    >>448
    そうですね、此方の希望としても同年代か、少し年上の方が相手にと想定していたので
    関係性としては此方が大学のサークル新入生で、其方様がサークルの先輩といった形でどうでしょうか?
    知り合ってまだ間もなく、かといって先輩なので他人という程でもなくといった感じですね。

    AA切替 sage f1 >>450
  52. 450
    ◆8.uy/6zbvw j1AwcPMk(3) 削除

    >>449
    それでは知り合って間もなくの形で仲良くなる過程で催眠を交えながら交流していきましょうか
    プロフを作成していきますね

    AA切替 sage
  53. 451
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 fHfwSNqp(4) 削除

    了解しました。お待ちします~

    AA切替 sage
  54. 452
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw j1AwcPMk(4) 削除

    名前:須藤 由依
    年齢:19
    身長:158
    体重:41
    3サイズ:78/66/74
    髪型:栗色のおさげ髪、結び目に花の髪飾りを付けている
    解くと胸より下程度の長さ
    性格:明るく誰とも打ち解けやすい性格だが気に入った人物には若干依存しがち
    服装:白を基調とした柔らかい素材の服を選び、あまり露出の少ない恰好をしている

    【それではこのプロフでよろしくお願いします】
    【書き出しはどちらから始めましょうか?】

    AA切替 sage
  55. 453
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 fHfwSNqp(5) 削除

    書き出しはお願いしても良いでしょうか?
    少しでも由依先輩の事を知っておきたいので…。
    所属しているサークル等はお任せしてもよいでしょうか?

    AA切替 sage f1 >>454
  56. 454
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw j1AwcPMk(5) 削除

    >>453
    【承知しました、それでは少々お待ちください】
    【そして先に伝えておきますが本日は早いですが20時まででお願いします、明日は一日対応が可能です】

    AA切替 sage
  57. 455
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw j1AwcPMk(6) 削除

    (冬も終わり春になった今日この頃、大学では新入生たちを様々なサークルの人々が勧誘をしていた)
    (由依の所属しているサークルにも何人かの新入生を勧誘することができ、かれこれ一週間が経過していた)
    (その中でも由依はとある一人の女性に目を付けていた)
    (日も傾いた夕暮れ時、他の人々は授業やアルバイトなど各々の所用で部屋には由依と響子の二人が残されていた)
    響子さん、まだ入って一週間だけどここにはもう慣れた?
    (サークルは演劇部、演劇部とは名目上成り立っているが実際は小道具や衣装などは充実しているものの大規模な演劇などは行わず、定期的に文化祭に備えて練習などをしている他は暇を持て余した人々の集まりになっていた)
    (由依は椅子に腰かけ、文化祭で行う演劇の脚本の推敲を行いながら響子へ声をかける)
    何か不安なこととかがあったら何でも聞いてね?

    【お待たせしました、よろしくお願いします!】

    AA切替 sage
  58. 456
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 fHfwSNqp(6) 削除

    そうですね、演劇という物がこの歳になるまで齧った事さえなかったものですから…
    今は毎日が充実している、そんな感じでしょうか?
    (今年から大学生となり、そんな中で演劇サークルに勧誘された響子。)
    (正直サークル活動等全く考えてなかった響子。しかし一人暮らしする事となり時間が出来た為、
    何か新しい物をと探していた時に、たまたま声をかけられたのがこの演劇サークルだった。)
    (人数は少ないながら、小道具に衣装は充実していて。そして文化祭に備えても本格的に演劇の稽古もしている様。)
    (それを見て響子は惹かれる物を感じ、サークルに入った。そんなところだ)

    不安な事は特にないですね。須藤先輩みたいに皆さんお話してくれたり、私に演劇のイロハも教えてくれますし…
    (そして今はそんな須藤たっての頼みもあってか、部室で二人残り演劇の脚本の推敲を行っているところだ)
    (演劇の文章を考える。それだけなのにこうにも難しい。それが今は楽しくて仕方ない)

    【此方こそお願いします。】

    AA切替 sage f2 >>457 >>458
  59. 457
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw j1AwcPMk(7) 削除

    >>456
    そう、ならよかったよ
    (脚本につづられた文字列に目を落としながら由依は話を続ける)
    (それは他愛のない話から演劇に興味を持った理由や演技の際に大事していることなどの専門的な話へと移っていく)
    ……ところでさ、響子さんは演劇の役作りにおいて大事なことって何だと思う?
    (時折響子の方へ視線を移しながらも脚本の推敲の手は止めないまま由依は話す)
    私はね、高校の時から演劇には関わってたんだけど一番大事なことはその役にどれだけ入り込むかっていうことが大事なんだと思う
    それはお姫様や村人だったり、場合によっては奴隷や動物……人形とか無機物の役だってやることもあるけど何にしたって根底にはその役にどれだけなりきることができるかっていうことがあるんだと思ってる
    でも役に入り込むには結構な集中力や気力、気の持ちようとかも必要になってくるし、それが難しいことなのはよくわかる
    それでね……
    (脚本を閉じ、由依は顔を上げる)
    私はそのことで一つある秘訣を心の中で持ってるの
    なにかしらのスイッチを決めて、それが入れば自分はその役であると心と身体に信じ込ませる
    難しいかもしれないけどこのやり方を習得できれば演技もかなり技術が向上すると思うんだ
    ……なんて、まだ入ったばっかりの響子さんに話してもちょっと大変かもしれないね
    (そう話して軽く笑うと由依は部室に備え付けてある棚から茶器を用意する)
    推敲も少し休憩してお茶にしよっか
    紅茶入れてくるけど熱いのと冷たいので希望はある?

    (……由依は響子に魅力を感じていた)
    (栗色の毛に明るく感性の豊かな性格と、大人びたものを感じさせる言葉遣い、顔立ちや性格などすべてに魅力を感じ、由依の『依存先』としての素質を見出していた)

    AA切替 sage
  60. 458
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 fHfwSNqp(7) 削除

    >>456
    演劇の役作りにおいて大切な事、ですか?う~ん……須藤先輩の顔からして単にやる気
    とかいう簡単な答えではない気はしてますが…若輩者以前の問題たる私には皆目見当がつきません。
    (実際響子には簡単に答えが出せるとは思ってはいなかった。そして帰って来た答えはなんとも心理学的な物でいて)
    役に入り込む。確かに一部の役者さんは完全に役に入り込んでしまうとその人物・物になりきってしまう。)
    成程、実に興味深いお話ですね。
    しかし先輩の秘訣を行うにしても今の私にはやはり荷が重すぎる気がします。なにせ演劇のイロハさえまだ齧ったばかりなのです。
    …だからと言って今の話が自分に役に立たないか?と言われれば違います。少なくとも気には留めて、役を演じる事が出来ます。
    そうする事で今後の糧に出来ればな…と思います。
    (休憩する旨が伝えられ、パタンと本を閉じる。この時響子には当然由依の根底にある感情など読み取れるはずもなくて)

    私はホット派ですが…宜しいのですか?私が先輩に淹れるべきかと思うのですが…。
    (後輩が先輩に尽くすのはある意味当然だろうと席を立つが)

    AA切替 sage f1 >>459
  61. 459
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw j1AwcPMk(8) 削除

    >>458
    大丈夫大丈夫、ここは私に甘えなさいって……ね?
    (立とうとする響子の肩に手を触れて座っているように促すと由依は紅茶の用意をする)
    可愛い後輩のために色々してあげるのも先輩の役割なんだから!
    (事前に保温してあったポットからお湯を注ぎ、ティーポットから紅茶を注ぐ)
    (響子へ提供する紅茶には由依が独自の手段で手に入れている薬品の粉末が混ぜられており、服用すると身体が温まり、徐々に意識がぼんやりするような感覚に陥る)
    紅茶と……茶菓子ね。はい、召し上がれ
    (数枚のクッキーを小皿に盛り付け、紅茶とともに響子へと提供する)
    冷めないうちにどうぞ
    (自身も薬品の盛られていない紅茶に口をつけ、響子の方を観察する)

    (薬は効力を発揮するまで数分時間がかかり、効果は睡魔とは違ったある種の催眠状態のような形で発揮することとなる)

    【それでは先程お伝えしていました通り本日はここまででよろしくお願いします】
    【見ることは可能ですので明日の日程を後程記載してくださるとうれしいです】

    AA切替 sage
  62. 460
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 fHfwSNqp(8) 削除

    【一応明日なら午前10時程から空いてますので良ければご検討くださいませ。】

    AA切替 sage f1 >>461
  63. 461
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw mGzrdAi9(1) 削除

    >>460
    【承知しました、それでは10時から10時半を目処にこちらにてお待ちさせていただきます】
    【返信にお借りしました】

    AA切替 sage
  64. 462
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 dd6w9sCB(1) 削除

    【約束の時間なのでお待ちしますね】

    AA切替 sage f1 >>463
  65. 463
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw ryLO/nLY(1) 削除

    >>462
    【こんにちは、本日もよろしくお願いしますね】

    AA切替 sage
  66. 464
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 dd6w9sCB(2) 削除

    そういう事でしたら…お言葉に甘えますね。
    (椅子に座り直し、少し呆けた様子で校庭を見やる。それだけでも十分に絵にはなるだろう)
    (程なくしてお茶と茶菓子を持った由依が戻ってくると向き直って)

    夕飯前ともあるのであまり間食は好まないのですが…先輩のご厚意となれば話は別ですね。
    頂きます……ん。おいしい♪
    (サクッと茶菓子をほおばり紅茶を一口。時折笑みを零す仕草は普段の大人じみたものより)
    (遥かに子供っぽく見えるだろう。色々と表情を変えて見せる辺り演劇部員としては天性の物があるのかもしれない)
    (無論、紅茶に薬が仕込まれている等露知らず時間はどんどん経過していき)

    ……ふぁ…。んっ、久しぶりに間食したせいか、少し眠いですね…
    (軽くあくびをしつつ、目元をこする。身体が温まり、表情もトロンとしはじめて)
    (眠いと言ったが実際には眠くなく、どこか夢現といった様子)

    【書き出しつつお待ちします。来ておられるなら、今日もよろしくお願いしますね】

    AA切替 sage f1 >>465
  67. 465
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw ryLO/nLY(2) 削除

    >>464
    (様々な表情を見せる響子に由依は演劇部員として見て大いに素質のあるものを感じていた)
    (同時にそれは響子の心や体を弄びたくなる由依の欲求をさらに掻き立てていた)

    ふふっ……大丈夫?
    (あと一押しといったところだろうか、軽くあくびをして目を擦るその様子は薬の効果が表れ始めているということを表していた)
    そうだ、さっきの話の続きをしましょうか
    (由依が話していた『秘訣』の話、その内容は響子の精神を催眠状態へと誘い、意識は霞がかったような感覚を覚え始めるだろう)

    これから話すことは貴女の心の奥底に留めておいてね、普段は思い出すことも意識に止めることもしないけれど、その行動があったら反射できるように……
    (ぼんやりとした様子の響子に囁きかけるように由依は話す)
    まずはスイッチの入れ方から……そうね…………
    このベルの音にしましょうか
    (そう言って取り出したのは演劇の際にも使っていた由依の私物である小さなハンドベル)
    (揺らすと小さいながらも透き通った音が響く)
    “この音が聞こえたら貴女は人形になっていく、全身の力が抜けていって意識もどこかぼんやりとして人形になっている最中のことも覚えることはないでしょう”
    (ベルの音とその音の意味する内容を何度か復唱して響子に聞かせる)

    それじゃあ実際に試してみましょうか?
    貴女が本当に『人形』の役に徹することができるのか……
    (何度か響子に暗示をかけた後、催眠が成功したかを確認するためにベルを鳴らして確認する)

    【お待たせしました、よろしくお願いします】

    AA切替 sage f1 >>466
  68. 466
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 dd6w9sCB(3) 削除

    >>465

    だ、大丈夫です。すいませんなんだか急に体が……。
    (額を抑えながら制する響子。しかしそれが薬による効果だとは全く思わなくて)
    秘訣の話…ですか?効果のほどがどれほどかはわかりませんが…
    良ければお聞かせ下されば覚える事は致しますので……。
    (妙に近くでねっとりと語り掛けてくる由依の様子に首を傾げつつ、成り行きを見守っていると
    懐からベルが取り出されリーン…と鳴らされて)

    “この音が聞こえたら貴女は人形になっていく、全身の力が抜けていって意識もどこかぼんやりとして人形になっている最中のことも覚えることはないでしょう”

    っ…………
    (リーン………リーン…………と頭に中で透き通るような音が反芻する。それは自然と耳から入り込み、言葉通りに身体から力が抜け落ちていく様で…)
    (何度も、何度も聞き入っていく内に意識がどんどん沈んでいく感じがして。手袋につつまれた手をダランと垂らし、表情もどこか虚ろになっていく)

    人形…………私は……人形…………人形の、役に徹する……人形………
    意思なき、人形…………………
    (呟き、どんどん表情が抜け落ちていく。頭の中に由依の言葉とベルの音しかきこえない)

    【すいません、おまたせしました…】

    AA切替 sage f1 >>468
  69. 467
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 dd6w9sCB(4) 削除

    【落ちられたみたいですね…残念ですが今回はここまでとさせて貰いますね…】

    AA切替 sage
  70. 468
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw ryLO/nLY(3) 削除

    >>466
    (響子の顔から表情が抜け落ち、虚ろになっていくその姿はその端正な顔立ちなども相まってまさに人形のようになっていった)
    まず、第一段階は成功……かな?
    少し試してみようか、貴女は人形でなにも感じないし何も思わない……そうだね?
    (椅子に力なく座る彼女に話しかけ、応答を伺い催眠の深度を測る)
    ……綺麗
    (響子の頬に手を添えて美術作品でも眺めるかのように彼女の瞳を覗き込む)

    っと、そろそろ次の段階に移ろうか
    (数十秒の間由依は響子の容姿に見惚れていたが、気を取り直すと更なる催眠を彼女に施す)
    "貴女は人形、新しいパーツを付けてもらっても目が覚めた時にはそれは体の一部として認識する"
    (そう暗示をかけ続けながら由依は自身の道具箱から小道具を取り出す)
    (それは小さいローター、無線式でそういったものの経験がない人でも安心して使うことのできるものだった)
    それじゃあ響子ちゃん、新しいパーツを付けましょうか
    (そう話しかけると由依は響子のチュニックの中に手を潜り込ませジーンズに手をかける)
    (衣装の着付けなどで慣れているのか瞬く間にベルトやボタン、ファスナーを外し、ショーツの下へとローターを持った手は忍び込む)
    よいしょ……っと…………
    (ショーツをずらし、秘所の中にローターを入れ込むと再びジーンズを元あったように戻していく)
    一先ずはこれくらいでいいかな?

    それじゃあ目を覚まそっか
    (ローターのリモコンを自身のポケットの中に忍ばせてからぼんやりと本物の人形のようにだらりとした響子の眼前で手を打つ)

    ……大丈夫?
    ちょっと寝てたみたいだけど…………
    (そう声を掛けながら由依はローターの電源を入れて微弱な振動を送る)

    【申し訳ありません、ERRORで返信を送るのが遅れてしまいました!】

    AA切替 sage
  71. 469
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 7+o9QBgN(1) 削除

    【数分の差でお返事が来ていたのですね】
    【今外にいるので、まだ見ておられましたら14時頃再開とさせて下さい】

    AA切替 sage f1 >>470
  72. 470
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw ryLO/nLY(4) 削除

    >>469
    【承知しました、それではまた14時ごろにお願いします】
    【続けてくださることに感謝申し上げると同時に連絡が遅れたこと今一度謝罪申し上げます】

    AA切替 sage
  73. 471
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 dd6w9sCB(5) 削除

    >>466
    ………はい。私は………人形。何も感じませんし、何も思いません……
    (頬に手を添えられ間近で覗かれているにも関わらず、表情は呆けて)
    (瞳はどこか虚空を見据えていて。完全に暗示が入った事を悟らせるには十分だろう)
    (その後も身体に触れられたり撫でられたりもするが一切微動だにせず)

    "貴女は人形、新しいパーツを付けてもらっても目が覚めた時にはそれは体の一部として認識する"
    …新しい、パーツ……はい、新しい、パーツを取り付けます……
    (頷き、身体を完全に由依に預ける。瞬く間にベルトを外され、ジーンズが半ば脱がされていく)
    (そこに新しいパーツ、ローターが取り付けられていく。零れ落ちない様にしっかりとローターが秘所へと
    埋め込まれ、パーツ、身体の一部として機能していく)

    ………ふぇ?あっ、ねて……ましたか?あれ、私、確か須藤先輩とお茶をしていてそれで
    (パンッと目の前で手が叩かれたような音がする。それにより我に返った響子は目をぱちくりとさせる)
    (寝ていたと言われ思い返せば確かに少ししてから意識が沈んでいったような気がするが…)
    …ひゃんっ!?んぁ……♪く、ふぅ………♪
    (突如下半身からの振動にたまらず反応してしまう響子。モジモジと身体を揺するが、しかしなんとか毅然と対応しようとして)
    ふぅ、はぁ………す、すいません先輩…今日の所は、これで失礼させてください…
    (そう、自分は下半身にローターを忍ばせておりしかしそれは身体の一部なのだ。)
    (荒唐無稽な思考だが響子はそれを平然と受け入れており、何事もない様に振る舞い続ける)

    【おまたせしました。改めてお願いします】

    AA切替 sage f1 >>472
  74. 472
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw ryLO/nLY(5) 削除

    >>471
    あら……そう
    …………大丈夫?
    (まだ態度として大きくとはいかないが体を動かしたりして快楽から逃げようとしているのはよく様子を確認すればわかる)
    ちょっと不安だし途中まで送るよ……
    (響子の様子を不安そうに伺いながらも手元のローターのリモコンは強度を一度一気に一番強くする)
    (小さなローターと言えども淫具には変わらず、激しい振動で響子の秘所の内部をかき回す)
    ……
    (そう言った快楽の経験に乏しければその快楽は想像を絶するものなのだろうと思いながら由依は響子がローターによがる姿を見て楽しんでいた)
    (一度絶頂に至ればローターの強度を弱に戻す)

    ……確か電池は……弱でも3時間だったかな
    (こっそりと響子のカバンの中にローターのリモコンを忍ばせつつ自身も帰宅の準備をする)
    (今日は響子に催眠術の下地を構築しただけでも大きな収穫だと思いながら翌日に行うことを思索する)
    明日は少し練習をしよっか、今日教えてあげたことの練習をね……?


    【お待たせしました、よろしくお願いします】
    【少々質問なのですが、こちらでも少し追加で描写してしまいましたがジーンズはベルトを着けていないと脱げてしまうタイプでしょうか?
    それともベルトがなくとも普通に履くことのできるモノでしょうか?】

    AA切替 sage f1 >>473
  75. 473
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 dd6w9sCB(6) 削除

    >>472
    だ、大丈夫です…特に問題はありませんので…んくっ…♪あっ、あぁ……!
    (下半身のローターが急激に強くなった。これにより響子は抗えない程の快感を味わう事に)
    (当然由依は知っているだろうが、響子としては知られていない事実のハズで)
    (急に体調不良に陥った響子を見て優しく手を差し伸べてくれたのだろうと推察し)
    (同時にばれる訳にはいかないとなんとか付き添いを制しようとするのだが)

    くうぅ……んっ♪はぁ、はぁ……すいません私なんかの為に…
    (結局由依を伴って帰宅する事となるのだが、その間にも響子は絶頂してしまった)
    (幸い由依以外には近くに人は居らず、荒い息を吐きながらその場で座り込むもなんとかこの日は帰宅する事ができた)

    どう……したんだろう私。今までこんな事なかったのに………
    (就寝前も無意識にローターを秘所に潜り込ませる。そう、ローター自体が身体の一部なのだから…)
    (催眠は確実に響子の意識を蝕み、生活自体も変えんとしていて…)

    【ベルトを着けている事で構いませんよ】

    AA切替 sage f1 >>474
  76. 474
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw ryLO/nLY(6) 削除

    >>473
    (帰宅する道中に響子は一度絶頂に至っていた)
    ……
    (一応周囲を確認したが周辺には誰も人の気配はなく、近辺で少し休憩を取った後何とか帰宅することができたようだ)
    それじゃあまた明日ね
    (響子を見送ると由依も自宅へと帰っていった)

    ……さて、効果はちゃんと表れてるみたい……あの子の素質も良いみたいだし催眠もうまいこと落ちてくれるみたいだしね
    (自宅で由依は響子の催眠に使う道具を見繕っていた)
    (音や見た目などで印象に残る物を選び、またそれと同時に響子へ使うための淫具も選ぶ)

    (そして翌日、由依は一足先に響子を待っていた)
    (昨日と同様に紅茶を用意し、響子が来れば紅茶を進める)

    AA切替 sage f1 >>475
  77. 475
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 dd6w9sCB(7) 削除

    >>474
    (翌日の朝になると、体調の方は完全に快復していた。それもそのはず、ローターは電池がきれて完全に機能を停止しているのだから)
    (しかし催眠自体はしっかりと根付いており、その事を響子は知らない…)

    (そうして学業の方は何なく終わりを迎え、サークル活動の時間と相成る)
    (当然の様にこの日も他のサークル仲間は先に帰り、後に残るは響子と由依のみ)
    (響子もこの日は少し私用があり先に帰ろうと思ったのだが、由依がすこしだけでもいいので時間を…となり)
    (昨日に続いて茶菓子を貰う事となった。当然この茶菓子にも催眠薬は含まれているのだろうがそれには気づかず飲み干して)

    ふぅ……んっ、また……どうにもこの時間のお茶には身体が慣れないみたいです
    (苦笑しつつ、しかし意識はどんどん沈んでいく…)

    AA切替 sage
  78. 476
    鏑木 響子 ◆1FoxYgXif6 dd6w9sCB(8) 削除

    【すいません、思いのほかテンポが悪い為、申し訳ないですが今回ここまでとさせてください…】
    【此方の我儘ではありますが、お相手してくださり有難うございました】

    AA切替 sage f1 >>477
  79. 477
    須藤 由依 ◆8.uy/6zbvw ryLO/nLY(7) 削除

    >>476
    【こちらもご期待に応えられずに申し訳ないです……】
    【お会いできてよかったです、また別の良い人と出会えることをお祈りしています】

    AA切替 sage
  80. 478
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV /VdrnMoG(1) 削除

    【名前】 各務原 肇
    【年齢】16
    【性別】 女
    【種族・職業】学生/退魔巫女
    【身体の特徴】日本人特有の黒髪のセミロングヘアー。
    某退魔忍を彷彿とさせる様な、ぴっちりとしたスーツの上から巫女装束の白衣を着用している。
    一風変わった衣装ではあるが、スーツには魔を払うまじないが施されており、白衣にも自信の力をブーストする術が施されている。
    しかしながら衣装が卑猥すぎないでもない為、本人はかなり気にしている様子。
    【性格】 クールで生真面目。他人に優しく自分には厳しく。それ故か人に仇名す妖魔・悪魔に対しては容赦がない。
    【希望シチュ】MCによる人形化・性奴隷へと堕とされてしまうと言ったシチュを希望してみます。
    方法は妖術等による傀儡化、少し特殊だと機械を用いた MC等、相談で決めたいと思います。
    NGは四肢の折損等。ハードシチュ希望なのでスカトロ表現等は問題ありません

    【少し待機しますね】

    AA切替 sage f1 >>484
  81. 479
    名無しさん@ピンキー D5WShJP0(1) 削除

    体型とかどんな感じなんだろ

    AA切替 sage
  82. 480
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV /VdrnMoG(2) 削除

    書き忘れました…
    身長は大体160、体重は48。
    3サイズは 82/55/83としてます。

    AA切替 sage
  83. 481
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV /VdrnMoG(3) 削除

    【もう暫く待機してます】

    AA切替 sage
  84. 482
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV my7Qrk0Z(1) 削除

    【待機解除します】

    AA切替 sage
  85. 483
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV my7Qrk0Z(2) 削除

    【上記のシチュで待機してます】

    AA切替 sage
  86. 484
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV Drmmx35d(1) 削除

    落ちる宣言を忘れてました…>>478で待機してます

    AA切替 sage
  87. 485
    名無しさん@ピンキー OH+jKELr(1) 削除

    【同級生にMCを扱える道具で性奴隷堕ちを思いついたが】
    【ハードシチュ希望みたいだし、ちょっと難しかな】

    AA切替 sage
  88. 486
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV yLfmdTJ/(1) 削除

    【こんにちわ。ハードシチュ希望とは書いてますが、何方かと言えばMCメインで、
    そこからの奴隷堕ち希望なのでもしよければいかがでしょうか?】

    AA切替 sage
  89. 487
    名無しさん@ピンキー OH+jKELr(2) 削除

    【MCによる記憶や認識の改変で調教。最後はMC解除で奴隷堕ちですかね】
    【こちらは一般の学生で、妖魔達の企みに利用されているという感じで行こうと思ってます】

    AA切替 sage
  90. 488
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV yLfmdTJ/(2) 削除

    【わかりました。質問なのですが一般の学生である其方はつまり、妖魔達の言いなりになっている、
    という認識でよかったですか?】

    AA切替 sage
  91. 489
    名無しさん@ピンキー OH+jKELr(3) 削除

    【言いなりではありますが、取引のような関係です。MCアイテムを好きに使う代わりに】
    【各務原肇を堕とすという取引を受けているという感じです】

    AA切替 sage
  92. 490
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV yLfmdTJ/(3) 削除

    【成程、理解しました。ではシチュは如何しますか?】
    【一般の学生相手だと、此方も一般の学生という形で、退魔スーツを着用していない状態の方がいいですかね。】
    【もしくは退魔仕事をしている最中で遭遇した、という形にするか…】

    AA切替 sage
  93. 491
    名無しさん@ピンキー OH+jKELr(4) 削除

    【こちらのは、初めは学生服で、後に退魔スーツを着て‥というのを考えていました。】
    【警戒薄い学校でMCを行い、教室又は各務原さんの部屋で調教というのを想定していました。】
    【後、失礼ですが、名前の読みは、かがみはら はじめであっていますか?】

    AA切替 sage
  94. 492
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV yLfmdTJ/(4) 削除

    【成程、確かに学校でそこまで気を張っている訳でもないですし、後気兼ねなく話す機会も
    生まれそうですね。では学校でのMC→場所はお任せしますがそこでの調教→後にスーツを着ての調教
    といった流れでお願いします。ほぼ其方の想定通りの流れで問題ありません。】
    【名前の読みはそれで合ってますよ。では書き出しはどちらからにしましょうか?】

    AA切替 sage
  95. 493
    ◆Uq5rrQsiQg OH+jKELr(5) 削除

    【流れの方は把握しました。展開的には長くなりそうな気がしますが、割愛できそうなとこは割愛します】
    【此方が言い出したので此方が書かせて貰います。少々お時間を頂きます】

    AA切替 sage
  96. 494
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg OH+jKELr(6) 削除

    (学校の放課後。離れの教室に何か細工を施す男子生徒がいる。その外見は中肉中背の外見)
    (地味な顔立ちと言ったどこのクラスにでもいる空気のような存在だ。その細工を施し)
    (終えると一息する。)

    よし…こんなもんかな。でも、なんで…各務原を狙うんだろうか‥
    まぁいいか!こっちはこれが終われば好きにしていいんだし、いつもの様に愉しみますか
    (榎本浩太は、つい数日前のことを振り返る。突然謎の男に人を操る道具を貰い)
    (それを使う条件として各務原肇を自分の女にしろという意味不明な条件であった)
    (疑心暗鬼になりながらも手始めに別の女性を使い実験し、使い方を学びいよいよ)
    (条件である肇を攻略することなった。準備を終え、予め呼び出した肇を待つのであった)

    【遅くなりました。ただ、あまり時間が遅いので凍結になりますが】
    【次回は何時くらいになるでしょうか?】

    AA切替 sage
  97. 495
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV yLfmdTJ/(5) 削除

    【では、返事も次の機会に書くこととします。】
    【早ければ日曜日ですかね…それでもよいでしょうか?】

    AA切替 sage
  98. 496
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg OH+jKELr(7) 削除

    【21日の日曜日ですか、今のとこは空いてますが何時になりますかね?】

    AA切替 sage
  99. 497
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV yLfmdTJ/(6) 削除

    【特に用事もないので、日がな空いてますが…日中以外だと、夕方からとかでしょうか?】
    【其方様は都合の方どうでしょう?】

    AA切替 sage
  100. 498
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg U37O0aKg(1) 削除

    【昼以降なら空いてはいます、そちらの時間に合わせようとは思ってます。】

    AA切替 sage
  101. 499
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV 9qlA4b0s(1) 削除

    【では、お昼のそうですね…14時頃でどうでしょうか?】

    AA切替 sage
  102. 500
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg U37O0aKg(2) 削除

    【その時間帯でお願いします。】
    【時間も遅いのでこれで失礼します。今日はありがとうございました】

    AA切替 sage
  103. 501
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV 9qlA4b0s(2) 削除

    【はい、此方こそお相手有難うございました。】
    【では失礼します…】

    AA切替 sage
  104. 502
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg xoVIT3Tn(1) 削除

    【約束の時間なので待機します】

    AA切替 sage
  105. 503
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV 9bJfNN1k(1) 削除

    【すいません、遅れました…】

    AA切替 sage
  106. 504
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg xoVIT3Tn(2) 削除

    【いえ、お気になさらず、今日はよろしくお願いします】

    AA切替 sage
  107. 505
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV 9bJfNN1k(2) 削除

    (ある日の放課後の事だ。この日肇は一人の男子生徒に呼び出されていた。)
    (榎宮 浩太。クラスメートではあるが、全くと言っていい程に接点はなく)
    (そして朝と放課後にすれ違えば挨拶する程度の間柄だった。)
    (そんな彼から放課後に指定された場所に来るようにと言われれば、いぶかしむも)
    (断る理由はないなと思い、指定された場所へとやって来たのだった…)

    榎宮君、私に話って何でしょうか…?
    急ぐと言う訳ではないのですが…榎宮君に声を掛けられた事って殆どなかったと思うので。
    (場所は放課後の学園。ともあればまさかの告白?でも肇は人と付き合う気等更々ないわけで。)
    (もしそうだとしたら無碍にも出来ないなと思いつつ返事を待つことに)

    【お待たせしました。本日よろしくお願いします】

    AA切替 sage f2 >>506 >>507
  108. 506
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg xoVIT3Tn(3) 削除

    >>505
    確かにそうだよな正直、話すこともなく挨拶する位だからなぁ
    まぁ、そう大した話じゃないさ…すぐ済むようなことだから
    (コミュ障というわけではないのだが、あまり人と接するのが好きじゃなく)
    (自分から動くような性分ではない自分に呼び出されて不思議に思うだろうと)
    (感じ懐からある道具を取り出す。それは紐の先に根付を付けたような小物)
    (それを肇の眼前に見せ、軽く揺らす。そこから小さく透き通った鈴の音が部屋中に)
    (鳴り響き、彼女に暗示を施し撃ていく)

    (暫く根付を揺らし終えると。教室のドアへと移動し、人払いの念を込めた札を貼り付け)
    (放置している肇方へと視線を向ける…)
    とりあえずまずは第一段階達成かな‥?…
    (何度も同じことをしているが、成功したかどうか不安に感じながらも次の段階へと進む)
    (再び懐からまた道具を取り出す。それは先程と同じ根付ではあるが、着けているのは)
    (首とかに巻くチョーカーのような紐だ。それを彼女の首に取り付ける)
    それじゃあ…まずは各務原の秘密にしていることを話して貰おうか
    (普段ならここで淫らな行為を行うのだが、どうして彼女を狙わなければいけないのか)
    (それがわからないでいた。それを知る為に、彼女が学校では話していないことを探ろうと試みる)

    AA切替 sage
  109. 507
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV 9bJfNN1k(3) 削除

    >>505
    はぁ………?
    (やはり要領が掴めない。しかし暫くすれば浩太が懐から何かを取り出した。)
    (何だろうか、そう思う間もなく、室内にチリーン……と音がなる。見ればヒモの先端に
    小物が着いたもの。奇妙な形をしたそれが眼前で揺らされ、更にチリーン…と音がなる。)
    これ……は………!!う、ぁ…………意識……が………ぁ……。
    (肇はそれから放たれる微かな邪気に気づき、すぐさまに懐から符を取り出そうとしたが遅かった)
    (鈴の音が頭の中に反芻する。心地よい。意識がどんどん薄れていく…)
    (程なくすればだらりと両手を垂らし、ボーっとした表情でその場で立ち尽くす)

    …………………
    (ボーと虚空を見つめ、薄く唇を開く肇は完全にトランス状態に陥って)
    (浩太により、首元にチョーカーを巻かれても一切身動きを取らない。自分の首元から邪気が放たれているのにかかわらずだ)
    (そして浩太の命令通りに、自分が隠している秘密、つまりは退魔巫女の事を話出す)

    ……私は、私の家計は表向きは神社神道としていますが…裏向きにはこの日本に巣食う妖魔を払う一族として
    日々人を脅かす…妖魔と戦いを繰り広げています…私もその一人、退魔巫女として…夜な夜なこの街に蔓延る妖魔を討滅していて…
    (と、次々に自分の正体を明かしていく。妖魔が如何に危険な存在か。その為に必要な巫術や装備品等など。)
    (一般人には決して言ってはいけない秘密を、しかし淡々と語っていく)

    AA切替 sage f1 >>508
  110. 508
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg xoVIT3Tn(4) 削除

    >>507
    (肇が隠している秘密。それはどの様なものか嬉々として聞き始める。その内容を聞く)
    (につれ浩太の表情は困惑し、唖然とする。そんな自分に構わず、淡々と語る肇)
    (それが終わると少し、頭を抑え思わず思ったことを呟く)
    …なんつうか‥ラノベの世界かよ!いくらなんでもあり得ないだろ
    (人ならざる者とそれを護り狩る一族。どうみても空想の産物だと吐き捨てたいが)
    (自分がもらった道具のことを思い返すとあながち嘘でないと実感できる)
    まぁ、今更使っておいて否定しても仕方ないよな‥さてどうするか
    (肇の秘密を理解し、なぜ道具を自分に渡し使わせたのかは大体察した)
    (問題は知った以上どうするかだ。ここで良識的な考えを持っているなら)
    (今すぐ解除し、事の経緯を話せばいいだろう。だが、その選択は選ぶつもりはない)
    (向こうの思惑はともかくこの道具のお陰で今まで縁のなかった女性を好きできる)
    (最悪連中が用済みとして消しに来るなら、肇を利用し守って貰えばいい)
    (今の所は連中の取引通り、肇を堕すことに専念しようと行動に移る)

    さてどうしてやろうか……よし!こうするか
    (いつもなら相手を自分を恋人や夫と誤認させるが、彼女の場合だと難しいだろう)
    (ならば記憶と認識を操作しようと洗脳を施す。まずは肇の記憶に妖魔の媚毒を喰らわれ)
    (抗体である自分と体液交換をしなければ行けないということと、自分と目を合わせると)(発情してしまうと認識を刷りこませ、浩太を肇の協力者だということを信じ込ませた)
    (これなら学校では真面目な彼女のことだそうたやすく疑わないだろう。それを終えると)
    (肇の意識を戻し、大丈夫かと自分の視線を彼女の方へと向けるのである)

    AA切替 sage f1 >>509
  111. 509
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV 9bJfNN1k(4) 削除

    >>508
    う、ぁ………♪わ、たしは………妖魔に、毒を……
    抗体………浩太君……んっ、ぁ、ぁ……♪
    (真っ白になった頭の中にどんどん暗示の言葉が染み込んでいく)
    (所々拒絶反応も見せるが、それでも少しずつ確実に暗示は肇の脳を犯してく)
    (それから何度も何度も入念に洗脳を施されようやく解放される。)

    うっ…………あ、れ………私………?
    …浩太君…?ああ、そう、でした…私は……妖魔の媚毒を解除するために…
    ごめんなさい……私が不甲斐ないばかりに、巻き込んでしまって……
    (大丈夫か?と声をかけ、案じてくれる浩太と視線が絡む。)
    (ドクドクと鼓動が高鳴り、顔を赤らめる。明らかに発情している様に見えるだろう。)
    (息もあらくなり、艶っぽい声も漏れ出て…)
    んっ……ふぅ。はぁ、はぁ……本当に、ごめん、なさい……不甲斐なくて…
    (しな垂れる様にして浩太の胸元に顔をうずめる。体液を摂取すれば元に戻ると分かっているが真面目な肇はそれを良しとしないのだ)
    (しかし、そう思い込まされている等と自分ではきづけなくて…)

    AA切替 sage f1 >>510
  112. 510
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg xoVIT3Tn(5) 削除

    >>509
    (意識を取り戻し、顔を見た途端紅潮するのを見ると暗示がかかったと判断する)
    (少し予想外だったのが、自分の胸元に寄りかかり、名前で呼ばれることには)
    (内心驚いた。今までは誤認した名前で呼ばれていたが、親以外に名前に呼ばれることに)
    (思わず反応してしまう。申し訳なく弱々しい肇の姿に思わずほくそ笑む)
    あ…いいよ。気にしなくて大変だよな。その退魔巫女?っていう仕事も
    (弱っていく彼女を励ますように接し、床に座らせていく。真面目そうな印象しか)
    (知らない彼女の姿を眺め、黒髪に触れる)

    なんだ…各務原の知り合いというか仕事仲間の…○○さんだっけか
    その人に聞いたけど体液交換しなければ治るということは聞いた。まぁこんな空気
    みたいな奴とそういうのは不本意かもしれないけど…このままだとマズいんだろ?
    恩返しのつもりで協力するから…
    (予め秘密を聞いてた中ででてきた仲間の名前を言い、さも教えて貰ったかのように)
    (接し、誠実な振りをし彼女を信用させていていく。そして彼女の反応を待たず)
    (肇の唇を奪う。塞いだ口内に舌を入れ、嬲る様に舌先や唾液を絡ませていく)
    (互いの口元から唾液が混ざるような音が響き、それが離れると舌先から唾液の糸が引き途絶える)
    その…ゴメン。こういうの始めてで、不慣れというか…
    (始めてとは思えぬキスに申し訳ないと謝罪する)

    AA切替 sage f2 >>511 >>512
  113. 511
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV 9bJfNN1k(5) 削除

    >>510
    …大丈夫ですよ。退魔巫女は私に課せられた使命に近い物があるので…
    嫌々しているわけではなく、ただ今回は油断してしまいました…。
    そのせいでこうして浩太君にご迷惑をおかけしてしまった事の方がつらいです。
    (黒髪を撫でられる。本来なら嫌悪感さえ覚えるその行為も、しかし自分を案じてくれているのに
    無碍に出来るはずもない。)

    …そこまで話を知ってるんですね…そうです。今、私は邪気に蝕まれていて…
    浩太君の体液が唯一の回復手段なんです……。協力、してくれますか…?
    (暫く見つめ、更に発情し。そして自然と唇が重なり合って)
    んっ……………じゅる……ごくっ………じゅぷ……
    ちゅぱ…ぷぁ♪……ヘンな、気分です…こんな…いけないことをしてるのに…
    身体は…まだ疼いて…んんっ……♪
    大丈夫、です…私も、初めてなので……初めてが私の様な女で申し訳ありません…。
    (助けてもらっている。加えて浩太の初めてを奪ってしまった罪悪感)
    (どんどん肇は自分の性格も相成り、深く深く暗示に陥っていく)

    AA切替 sage
  114. 512
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg xoVIT3Tn(6) 削除

    >>510
    そんなこと言ったら俺の方が申し訳ないって!そっちの方がまだチャンスがあるというか
    (謝罪され、恥ずかしくなったのか思わず自身の顔を隠し、再び謝ってしまう)
    (それは演技で、肇が処女ということに思わず下種な笑みが浮かびだした表情を隠す為だ)
    (落ち着いた素振りをし、顔を上げるとおもむろに初めの胸元を見る)
    体液交換ということだし、もっと興奮させないといけないから脱がすよ…
    制服がシワになるとマズいから‥
    (衣服上から乳房を軽く触れ、手慣れた手つきで制服を肌蹴させ、乳房を露出させていく)
    (外気に晒された乳房はD位の大きさだろうが、形も良く、ハリのある乳房が姿を現し)
    (それを視姦し、両の乳房に触れる)

    AA切替 sage
  115. 513
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV 9bJfNN1k(6) 削除

    【すいません、ここで凍結して貰ってもよいでしょうか?夕飯の支度等あるので…】
    【後、楽しんで貰えてますでしょうか…?】

    AA切替 sage f1 >>514
  116. 514
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg xoVIT3Tn(7) 削除

    >>513
    【そうですね。時間をかけて申し訳ないです】
    【十分に楽しませて貰っています。寧ろ、こっちが楽しんでもらっていただいてるか不安な位です】

    AA切替 sage
  117. 515
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV 9bJfNN1k(7) 削除

    【よかったです。時間の方は特に気にしてませんので。】
    【此方も楽しめてます。凍結なのですが、次回は少し空いて火曜日21時からまわせますでしょうか?】

    AA切替 sage f1 >>516
  118. 516
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg xoVIT3Tn(8) 削除

    >>515
    【てっきり、今晩続きをすると思ってたのですが火曜日ですか】
    【その日は空いてます】

    AA切替 sage
  119. 517
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV 9bJfNN1k(8) 削除

    【今晩は少し予定が出来てしまったので…がっかりさせてしまいましたか?申し訳ないです…】
    【もしよければ火曜日でお願いしたいです…】

    AA切替 sage f1 >>518
  120. 518
    榎宮 浩太 ◆Uq5rrQsiQg xoVIT3Tn(9) 削除

    >>517
    【わかりました。ではその日でお願いします】
    【今日はありがとうございました。では失礼します】

    AA切替 sage
  121. 519
    各務原 肇 ◆cZok8uWWFqdV 9bJfNN1k(9) 削除

    【すいません。では火曜日にお願いします。】
    【失礼しますね、以下空きです】

    AA切替 sage
  122. 520
    正田 浩介 ◆Gnk85sY8kU EsHz3inY(1) 削除

    【約束の時間なので待機します】

    AA切替 sage
  123. 521
    正田 浩介 ◆Gnk85sY8kU EsHz3inY(2) 削除

    【待っていたのですが、いらっしゃらないので落ちます】

    AA切替 sage
  124. 522
    メイア・クディナーレ ◆faWonAsfaE OJyBibCJ(1) 削除

    名前: メイア・クディナーレ
    年齢:18
    身長: 139
    体重: 軽い
    3サイズ 70・53・72
    髪型:金に近い蜂蜜色の背中までのロングを、三つ編みに整えている
    性経験:無し
    性格:大人しい気質
    服装:若草色の魔法のチュニックに短いスカート
    身体的特徴:エルフなので年齢より若い外見を持つ(10歳位に見える)
    MCの希望:体内侵入系の妖術や魔法での人形化、アヘ顔 、放尿等

    AA切替 sage f1 >>526
  125. 523
    名無しさん@ピンキー zc1IlQsV(1) 削除

    体内侵入系の妖術ってどういう流れでやってみたいのか詳しく聞いてみたい

    AA切替 sage
  126. 524
    メイア・クディナーレ ◆SzERizbx06 bWq0yvKv(1) 削除

    【そうですね、影や霧、液体等の物理的な質量を持った何かを生み出して侵入させる感じでしょうか?
    その術に人格を上書き改編させたり、意思を奪ったり、肉体を淫靡にしたりですね】
    【流れ的には森で薬草取りの最中か、川の中で魚取りをしている時に襲われるみたいな感じで】

    AA切替 sage
  127. 525
    メイア・クディナーレ ◆faWonAsfaE bWq0yvKv(2) 削除

    【トリップが……修正】

    AA切替 sage
  128. 526
    ◆h1XmbVTOck 4o75RCqD(1) 削除

    >>522
    【魔法生物か何かを侵入させて、使い魔にするのはいかがでしょう?】
    【今日はもう遅いですので、翌朝以降となりますが】

    AA切替 sage
  129. 527
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo +sp1meO9(1) 削除

    【名前】 各務原 肇
    【年齢】16
    【性別】 女
    【】学生/退魔巫女
    【身体の特徴】日本人特有の黒髪のセミロングヘアー。
    某退魔忍を彷彿とさせる様な、ぴっちりとしたスーツの上から巫女装束の白衣を着用している。
    一風変わった衣装ではあるが、スーツには魔を払うまじないが施されており、白衣にも自信の力をブーストする術が施されている。
    しかしながら衣装が卑猥すぎないでもない為、本人はかなり気にしている様子。
    【性格】 クールで生真面目。他人に優しく自分には厳しく。それ故か人に仇名す妖魔・悪魔に対しては容赦がない。
    【希望シチュ】 退魔巫女としての仕事疲れを癒す為にと知人からもらったエステティックサロンのチケットを片手に訪れたその店。
    実は卑猥なマッサージと催眠効果のあるお香等を駆使して客を堕落させ、専用の愛玩奴隷に洗脳・調教してしまう施設だった。
    そんな流れで始めたいと思います。

    【待機します。女性の方を希望してみます】

    AA切替 sage f1 >>534
  130. 528
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo LCrfSHEb(1) 削除

    【もう暫く待機してますね】

    AA切替 sage
  131. 529
    ◆ohRmRMHyyY 5f/+FfeD(1) 削除

    【相手は普通の人間がご希望ですか?それとも普段は追い払っている妖魔に良いように弄ばれてしまったり?】

    AA切替 sage
  132. 530
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo LCrfSHEb(2) 削除

    【すいません、寝落ちしてたみたいです…】
    【設定があるので妖魔が人間に化けている、という形にしてみたいと思います。】

    【一度失礼します】

    AA切替 sage
  133. 531
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo LCrfSHEb(3) 削除

    【改めて待機します】

    AA切替 sage
  134. 532
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo LCrfSHEb(4) 削除

    【長居してますが暫くは見てますので良ければお声かけてください。】

    AA切替 sage
  135. 533
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo LCrfSHEb(5) 削除

    【待機解除します。】

    AA切替 sage
  136. 534
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo T/NRy9pi(1) 削除

    >>527で待機しますね

    AA切替 sage f1 >>536
  137. 535
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo T/NRy9pi(2) 削除

    待機解除します。

    AA切替 sage
  138. 536
    名無しさん@ピンキー xqi+Vo2k(1) 削除

    >>534
    チケットくれた友人(もちろん先輩愛玩奴隷)がそこで働いてて、断れなくてはまるような感じが導入だと思いますけど、ロールの時はどのあたり位まで堕ちてるところからが好みでしょうか?

    AA切替 sage f1 >>537
  139. 537
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo BBV+RLcp(1) 削除

    >>536
    導入に関してはその通りでいいです。
    相手方の先輩がどの辺りまでという事であれば、お任せしますが
    好みを問われれば完全に堕ちており、明らかに普段と様子が異なる様な感じがいいでしょうか。
    例えば穏和な性格の子がどこか妖艶な空気を纏わせていたり等ですね

    AA切替 sage
  140. 538
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo qmQTHWmd(1) 削除

    【少し待機します】

    AA切替 sage
  141. 539
    ◆ohRmRMHyyY U3eis224(1) 削除

    【こんばんは。相談から始めさせてもらってもいいですか?】

    AA切替 sage
  142. 540
    ◆ohRmRMHyyY 7yixiebT(1) 削除

    【落ちますね】

    AA切替 sage
  143. 541
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo 4XqfED+U(1) 削除

    【度々気づけず申し訳ないです…】

    AA切替 sage
  144. 542
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo 4XqfED+U(2) 削除

    【少し待機します】

    AA切替 sage
  145. 543
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo 4XqfED+U(3) 削除

    【待機解除します】

    AA切替 sage
  146. 544
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo Q8Rooyjg(1) 削除

    【少し待機します】

    AA切替 sage f1 >>545
  147. 545
    ◆ohRmRMHyyY xsjJOG6R(1) 削除

    >>544
    【こんばんは。今日こそはすれ違わずにすみますかね?(笑)】

    AA切替 sage f1 >>546
  148. 546
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo Q8Rooyjg(2) 削除

    >>545
    【こんばんわ。今日は大丈夫そうです…本当にごめんなさいorz】

    AA切替 sage
  149. 547
    ◆ohRmRMHyyY xsjJOG6R(2) 削除

    【よろしくお願いします】
    【流れとしては普段魔を払ってくれる衣装が無くなってしまっているせいで妖魔の好き放題にされてしまう的な感じですかね?】
    【もちろんマッサージやお香の効果もありますよ】

    AA切替 sage
  150. 548
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo Q8Rooyjg(3) 削除

    【そうなりますかね。サロンにまでそんな危ない衣装で行く様な事はないので】
    【マッサージを受けている間に気づくけれど既に手遅れで、自分の意志とは別に身体を高ぶらされ】
    【マッサージを受けていくうちに完全に蕩けて堕ちてしまうといった流れでしょうか。】

    AA切替 sage
  151. 549
    ◆ohRmRMHyyY ZrgoIAgp(1) 削除

    【わかりました。
    でしたら、肇さんを狙っている妖魔がすでに奴隷に堕とされた知人を利用してサロンに誘い込んで…という感じでいきましょうか】
    【そちらの体型を教えてほしいのと、こちらへの要望などはありますか?】

    AA切替 sage
  152. 550
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo Q8Rooyjg(4) 削除

    身長は大体160、体重は48。
    3サイズは 82/55/83ですね。
    要望としては完全に堕ちた際に卑猥なボンデージ衣装等、奴隷としての衣服を着せられたりしたいですね…

    AA切替 sage
  153. 551
    ◆ohRmRMHyyY ZrgoIAgp(2) 削除

    【了解しました。ゾクゾクしますね】
    【こちらの容姿などの要望はありますか?後はふたなり希望とかありますか?】
    【ある程度固まってきたかなと思いますので、お時間まだ大丈夫そうなら始めてみますか?】

    AA切替 sage
  154. 552
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo Q8Rooyjg(5) 削除

    【容姿の方はお任せします。ただ、自分よりは御姉様なタイプが好みでしょうか。ふたなり表現は全然してくれて構いませんよ。】
    【時間の方はもう少しなら大丈夫ですので…】
    【書き出しはどちらからが良いでしょうか?】

    AA切替 sage
  155. 553
    ◆ohRmRMHyyY ZrgoIAgp(3) 削除

    【では、容姿の方は考えておきますね。】
    【書き出しの方お願いしてもいいでしょうか?肇さんの方が世界観お持ちかなと思いますので】
    【お互い眠くなったら凍結ということで】

    AA切替 sage
  156. 554
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo Q8Rooyjg(6) 削除

    【書き出してますので少々お待ちください。】

    AA切替 sage
  157. 555
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo Q8Rooyjg(7) 削除

    (世の中には人々に仇名す妖魔と呼ばれる異形のモノが存在しているのを知っているだろうか)
    (この時世にそんな事ある筈がない。しかし現実では被害が起きていて。それらを討滅するのが退魔巫女と呼ばれるモノ達だ)
    (巫女というだけあり、基本神社の娘だったり、所属していたりする。巫女服に身を纏い戦っていたのは遥か昔のコト)
    (現代だと機能的なスーツ等を纏い、戦うのが主流となっているのだが…それはさておき。)
    (そんな退魔巫女の家系で、且つ多くの妖魔を討滅してきた若手のホープが各務原神社の一人娘、肇だ)
    (クールで生真面目、そして妖魔に対し一切の容赦をしない性格から氷の女ともいわれている肇だが、私生活だとごく普通の一般的な少女だったりする)
    (そんな肇は今回、同級生で幼馴染でもある志穂からもらった高級エステサロンのチケットを片手に、少し緊張した面持ちで都内の一等地に立つその場所へとやって来た。)

    うう……普段からこんな場所に来る事がないから少し不安ですね…。
    いくら身体を癒す為とはいえ、なんだか場違い感を感じずにはいられませんね。

    (いつもの巫女服とは違い、この時期に似合うニットのワンピースにショートブーツ、)
    (頭にはニット帽といった女子らしい私服を着ていて。)
    (そう一人呟き肇は店内にはいる。エントランスを潜り、受付嬢に初めてである事と、志穂からもらった優待券を見せれば)
    (しばし待つ様に言われ、程なくして一般の来客が待つ場所とは違う、いわゆるVIPルームへと通されてしばらく待つ様にと言われ)

    ……お、落ち着きませんね、志穂ったら…こんな高級そうな場所をどうやって…
    そういえば新しいバイトを始めたとか言ってましたけどひょっとしてここが……?

    (因みに旧友である志穂は肇が退魔巫女であると言う事は認知しており、時々サポートもこなしてくれていて。)
    (よく食事に誘ってくれたり、流行のファッション等を教えてくれることで、肇が浮世離れしない様にとも気遣ってくれるいい友人だ。)
    (今回もその一環なのだろうと、快く受け入れやって来た訳だが…この時肇は自分の身にこれから起こる事態に気づくこともなくて)

    【お待たせしました。こんな感じの導入でどうでしょうか。】
    【一応友人という形でNPCを入れました。】

    AA切替 sage
  158. 556
    シャノン ◆ohRmRMHyyY vJyxp7xd(1) 削除

    (高級エステサロンのVIPルームに肇が通されてしばらくした後、一人の女性がVIPルームへと入ってくる)

    初めまして。当エステサロンのオーナー、シャノンと申します。
    本日はお客様の担当を務めさせていただきます。

    (170cmほどの身長にスレンダーな体型。年齢は20代後半程度に見えるだろうか。銀色の髪に青みがかかった瞳で
    黒一色のチュニックを身に纏った女性が深々と挨拶をする。その容姿は人間離れした雰囲気を醸し出している)
    (それもそのはず、シャノンと名乗る女性の正体は肇が戦い続けてきた妖魔の女性。巫女達に気付かれぬようひっそりと
    結界をはったエステサロンを根城にし、若い女性に次々と「施術」を繰り返していっている)

    志穂からの紹介ですね。聞いております。とても大切な友人だから「サービス」してあげて欲しいと・・・

    (肇が受付で話した内容が伝わっているかのような口ぶりで話すが、実際は志穂から全て筒抜けで。
    最近バイトとして働いてもらっていると、嘘の関係性を肇に伝えながら施術の準備をし始める。
    実際は愛玩奴隷に堕ちた志穂がシャノンに命じられて肇に優待券を渡しているだけだった。ちなみに、志穂は裏の部屋で
    シャノンからの「ご褒美」をもらって悶え蕩けていて)

    お待たせしました。では、下着姿になってそこに寝ていただけますか?

    (高級なエステサロンの証拠だろうか。フカフカのベッドのような施術台で二、三人なら余裕で寝ころべそうだ。
    ベッドを囲む四角形の頂点のような形でお香を炊く台が設置され、媚薬効果のある香りが室内へと漂い始め、
    枕に頭を乗せるようにうつ伏せになるよう指示をして)

    【こちらこそお待たせしました。書き出しありがとうございます。改めてよろしくお願いします】
    【志穂は何かに使わせていただきますかね】

    AA切替 sage
  159. 557
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo yPwsaKmv(1) 削除

    お、オーナー様ですか…!?
    (待つ事暫く。現れた女性はこのエステサロンのオーナーを名乗る女性だった)
    (シャノンと名乗る女性は自分より一回り大きく、銀髪で蒼い瞳をした女性。外国人だろうか。凄く綺麗な人だと素直に思いつつ)
    (まさか初心者の自分にオーナーが直々に施術してくれる等思ってもなかった為驚きもあってたまらずきょとんとしてしまう)

    あ、はい。志穂はやっぱりここでバイトしてるのですね…。
    特別な友人…ふふ、そうですか…。志穂は私にとっても大切な友人なので…。
    (大切な友人という言葉に気をよくした肇。微笑みながら言葉を返す。)
    (この時、肇は気づくべきだった。幾らバイトをしているとはいえ、直ぐにオーナー自らが施術してくれる等あるだろうか。)
    (志穂からチケットを手渡された際に、どこかいつもとは違う違和感を覚えはした。しかし特に気にはしなかった。)
    (これがもし相手が志穂でなければ気づけただろうが、友人にはどうして気を許してしまう。)
    (すぐ背後でその友人が悶えている等と気づく事もなく話は進んでいく)

    でも行き成りこんな優待券だなんて…。それに加えてオーナー様がしてくれる等…
    本当に私でいいのか少し不安ですね。
    (苦笑しつつ、けれども折角の機会なのだからと言い聞かせ施術を受ける事に決める肇だが)

    下着姿にですか…!?てっきり上着のままでいいものと思ってましたが…
    (初めての施術に戸惑いながらも、指示通りに肇はワンピースを脱ぎ、瞬く間に下着姿になる)
    (白のブラとショーツといった特に飾らない下着。身体が沈む様な、大型のベッドの中央に俯せになる様に指示され)
    (枕に顔を埋めると仄かに心地よい香りが鼻孔を擽る。程なくして自分の周囲になにやら香が焚かれ始め、いよいよ始まるのだと思うと少し緊張し身体を強張らせるが)
    (頬を赤らめ、ひとまずはベッドの心地よさを堪能するのだった)

    【有難うございます。適時使ってもらえればと思います。】

    AA切替 sage
  160. 558
    シャノン ◆ohRmRMHyyY vJyxp7xd(2) 削除

    ふふ。オーナー様だなんて気を遣わないでリラックスしてくださいね。
    ・・・ずいぶんと緊張されているみたいですが、力を抜いてもらわないとマッサージの効きが弱くなりますよ。

    (下着姿になるように言われたことで不意でも突かれたのだろうか。俯せになってベッドに身を預けて
    いるようだが、少しばかり身体が強張っていて。数多くの女性を惑わし好きなように堕としてきた妖魔にとっては
    直感や本能のよう感覚で分かるのだろうか。)
    (肇の反応に微笑を返しながら、特に力の入っている肩から背中を指先で何度かなぞり、緊張を解してあげるかの
    ような優しいタッチを繰り返して)

    では、少しずつマッサージを始めていきますね・・・。じれったいかもしれませんが、我慢してくださいね。

    (これから己の玩具となる肢体を物色でもするかのように肇の腕や背中、尻から太腿を掌全体で包むように順番に
    マッサージをしていく。ゆっくりとマッサージをすることで体の疲れを取っていくと説明するが、本当は魔力のこもった
    お香の香りが室内に充満していくのを待っていて)

    ずいぶんとお疲れのようですね・・・。何か運動でもされているのですか?
    この香りはリラックス効果があるので、深呼吸してよく吸い込んでくださいね

    (肇を媚薬漬けにするべく、深呼吸を促してマッサージを続けていく。曲がりなりにもエステサロンを自称する設備の
    オーナーであり、疲れをとるマッサージはある程度形になっていて)

    では、オイルを使っていきますね。

    (段々とシャノンの笑顔が妖艶になり始めていること、俯せの肇には気付けるはずもなくて。シャノンの手にたっぷりと
    塗されたオイルは、肇のふくらはぎからゆっくりと擦り込まれて行く)

    AA切替 sage
  161. 559
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo yPwsaKmv(2) 削除

    【すいませんが、今日は此処で凍結お願いできますでしょうか?】

    AA切替 sage
  162. 560
    シャノン ◆ohRmRMHyyY vJyxp7xd(3) 削除

    【はい、了解しました】
    【こちらは次は水曜の夜22時過ぎぐらいにこれそうです。肇さんはいかがです?】

    AA切替 sage
  163. 561
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo yPwsaKmv(3) 削除

    【水曜日22時ですね、了解しました。ではその時にお願いします。】
    【本日お相手下さり有難うございました】

    AA切替 sage
  164. 562
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo wMfCqVEk(1) 削除

    す、すいません……なにぶんと初めてのモノなので…
    特に同性の方に身体を触られる等と言った事はなかったので…
    ひゃっ!?んっ、ふぅ……(//////
    (ひんやりとした感触が肇の腕、背中といった箇所を駆け巡っていく。)
    (どうやらシャノンの施術が始まったようだ。暫くすればシャノンの指の感触になれてくるが)
    (それでも他人に初めて触られる事もあってかなり過敏に反応してしまう。)
    (瞬く間に尻たぶや太股と言った箇所も揉み解され、強張った身体も少しずつほぐれていく様で)

    んっ……ぁ………へ?あ、はい…。運動と言う訳ではないのですが……
    普段から身体を動かす事はありますね…。
    (妖魔と戦っているなんて一般人に言えるはずもなく。少し濁す様な形で応える)
    深呼吸ですか……?はい、わかりました…すぅ……?!
    んっ、ふぅ……はぁ………すぅ………っ………。
    (深呼吸を促され、香を吸い込む。すると身体に電流が走った様な感触を覚えた)
    (まるで身体に異物が入り込んだ様な。端的に僅かながら妖魔の魔力を感じ取ったのだ。)
    (けれどもそれもほんの一瞬、勘違いとも思える程微弱な物だ。そして場所も場所と言う事もあり、肇は気にする事なく深呼吸を続けてしまった)

    ふぅ……はぁ………(//////
    オイル…ですか?はい、お願いします…っ…!ひゃんっ…んっ…!
    くすぐったい……あっ…♪
    (少し効果が出始めたのだろうか。頬を赤らめて荒い呼吸を始める。)
    (そしてヌルリとした感触が脹脛からゆっくりと広がる様にして感じられ始め)
    (先ほどの揉みこみ以上に過敏に反応し、身体をビクビクと震わせる)

    【少し早いですが書き出しを置きつつシャノン様をお待ちしてますね。】

    AA切替 sage
  165. 563
    シャノン ◆ohRmRMHyyY u4H4xvav(1) 削除

    【こんばんは。遅れてしまってすいません】
    【解凍ありがとうございます。続き書きますので少しお待ち下さい】

    AA切替 sage
  166. 564
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo wMfCqVEk(2) 削除

    【お待ちしてますね】

    AA切替 sage
  167. 565
    シャノン ◆ohRmRMHyyY u4H4xvav(2) 削除

    【電話の応対していて、時間経ってしまいました…】
    【もう少しお待ち下さい。申し訳ないです…】

    AA切替 sage
  168. 566
    シャノン ◆ohRmRMHyyY u4H4xvav(3) 削除

    慣れないと変な感じがするかもしれませんが、すぐに慣れますよ。
    結構酷使されてますかね?今日はいつものことを忘れてゆっくりしていってくださいね・・・

    (肇が濁した返事に更に返すように言葉をかけながらオイル。といっても当然ただのオイルではなく
    中身は香と同じような物。肇を堕落させるべく魔力が込められた液体だった)
    (肇が返事を濁そうとも普段何をしているかは妖魔であるシャノンには当然バレバレで。
    退魔巫女としての日常を忘れさせるのはエステによる癒しなのか、はたまた別の要素になるのか・・・)

    しっかり塗り込んでいく必要があるので、失礼しますね。緊張しなくて大丈夫ですよ。

    (先ほどのマッサージよりもずっと力の込められた施術。太腿や尻肉を掴むように揉みながら少しずつ
    上へ上へと昇っていく。そして、肇の許可を得ることも無くブラのホックを外し、胸の膨らみを収めていた
    布地から解放させて)
    (上から覆いかぶさる様に姿勢を変えると、オイルという潤滑油に塗れた両手をブラの中へと滑り込ませ、
    乳房の肉を鷲掴みにしてオイルを塗り込んでいく)

    エステに慣れていないと変な感じがするでしょう。大丈夫、最初だけですよ・・・

    (その最初の違和感を超えるとどうなってしまうのだろうか。シャノンは詳しい説明をすることもなく、
    執拗に胸の膨らみを弄び、わざとらしく突起に指を触れさせる)

    AA切替 sage
  169. 567
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo wMfCqVEk(3) 削除

    ふっ、ぁ……(////////
    そう、なんですか……でも……あんっ…あっ♪
    (自分が出した声とはとても思えない様な甘ったるい声を出してしまう事でより羞恥に頬を染めてしまう)
    (しかしそれだけシャノンの施術による効果があると言う事だ)
    (先ほどから身体が火照り始め、施術を受けているせいか次第に力が抜け落ちていく様な気がする)
    (オイルを揉みこまれるのがとても心地よいと言う事もあるのだろうが…)
    (しかしそれだけでなく、全身をねっとりとした、不快感のあるモノに包まれている様な感触も同時に覚えて)

    ふぅ、ふぅ…ひゃっ!?え、あの………そこ、は……はう(////////)
    (けれどもそんな思考は直ぐにかき消されてしまう。なぜならシャノンが唐突にブラのホックを外し中に手を差し込んできたからだ)
    (覆いかぶさる様な形で背後を取られ、やんわりとオイルも含めて揉みこまれる。シャノンの指の中でムニムニと形を変えていく乳房)
    (それに呼応して肇も甘い声をどんどん惜しみもなく上げ始めて)
    あんっ♪くふっ…はぁ、…あのっ…これ、も……え、えす…て…なんです…か…?
    あっ、あぁ♡あっ、(////////ふぅ、ぁ…あ、あたまが……ぽ~って……して…きま、した……
    (喘ぐことで更に香も吸引し、クラクラとし始めて。先端に触れられるとそれだけで背筋を反らしてビクンッ!と震えてしまう)
    (どんどんマトモな思考が出来なくなってくる。これが快感という物なんだろうと思い始め、気づけば先ほどまで感じた違和感が何処かに霧散してしまって)

    AA切替 sage
  170. 568
    シャノン ◆ohRmRMHyyY u4H4xvav(4) 削除

    そうよ。安心して身を委ねなさいね・・・。次は、四つん這いになってもらおうかしら・・・。

    (施術を進めていくことで甘い声をあげ段々と息を荒げ始めている肇。魔力による催淫効果は
    強力に効いてるのであろう。話し方からも蕩け始めているのが分かる)
    (肇が気付いているかどうか、シャノンの語り掛け方が段々と変わり始めていた。お客様を相手に
    するような言葉遣いから、主導権を握った言葉遣いへと)
    (シャノンの指示通りに四つん這いになった肇。胸は脂肪が重力に引かれて下へと向いており、
    先端の突起は真下を向いて存在を主張しており)

    ここにしっかりと塗り込んでいかないとね・・・

    (これまでは乳房への責めが主であったが、今は違う。摘まみやすくなった乳首を指先で摘まむと、
    優しく擽るような愛撫や軽く力を込めて抓るように弄り。オイルに込められた魔の力は皮膚を通して
    肇の身体を蝕んでいく)

    こっちも・・施術してあげないとね・・・

    (ショーツに包まれながら後ろに突き出された下半身。布の上からオイルを塗って湿らせ、
    肌に張り付いたそれを上下に指を滑らせて刺激を与える)

    【適当な所で妖魔の正体に気付いてもらっても大丈夫ですよ】

    AA切替 sage
  171. 569
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo VlkR5nwR(1) 削除

    四つん這いに…ですね、わ、わかり…んっ、ました……。
    (なんとか快感に蝕まれながらも、肘を立てる様にして起き上がる肇)
    (自分の身体が重いと素直に思ったのは鍛錬で疲れ果てた時以外ではない経験で)
    (なんとか起き上がれば乳房は重力に従い垂れ下がる。すっかり乳首も勃起し)
    (そこを触れられるだけで全身に電流が走るかのような感覚さえ覚えてしまう)

    あ、あんっ!!は、ぁ……♪きゃふっ、くっ、ふぅん……♡
    (頭の中が蕩ける様に痺れ、考えが纏まらない。シャノンの声が気づけば命令口調になっているが)
    (それどころではない位の甘い快感に全身が包まれ、悶える事しかできない。)
    (快感で完全に流されそうになる意識の中、肇は気づいてしまう)
    (施術を受ける途中。先ほどから微かに感じていた魔力の気配は勘違い出なかったのだと言う事に。)

    くっ、ふっ……何!?……やっぱり、あんっ、この…気配は………妖魔の……
    そん、な……はぁ、はぁ……くふっ、ぁ…♪
    (全身を包む微弱な妖気。退魔巫女である肇でも直に注がれれば抗う術はないに等しい)
    (乳首だけでなく、ショーツの上、秘所を擦られ快感を引き出すシャノンを見やれば、そこには妖艶な笑みを浮かべている彼女がいて)

    あ、貴方…は………あんっ、そん…な……
    (ブルブルと身体を震わせながら、睨みつける。身体に力を込めて抗おうとするが蝕まれた身体は思う様に力が入らない。)

    【ありがとうございます。では感づいた形で進めますね】

    AA切替 sage
  172. 570
    シャノン ◆ohRmRMHyyY WnFWkmPX(1) 削除

    あら、バレちゃったかしら・・・。流石は退魔巫女様ね。

    (戦闘時の装備も無く、体中に魔力を流し込んで自由を奪っていることで強気のシャノン。
    人間に化ける必要も無くなった妖魔は、変身を解いて尖った耳と小さな角をのぞかせる)
    (身体に力を込めようとしながら睨みつける肇に強気の笑みを返すと、乳首を抓る指の力を強め、
    爪で引っ掻くような快楽を与える)
    (そして抵抗のできない身体をベッドの上に仰向けに寝かせるように倒すと、頭の上で両手を組むように
    魔力で拘束して)

    フフフ・・・・。ここからどうやって耐える?助けでも来てくれればいいけどね・・・。

    (仰向けになったことでまた形を変えた乳房を撫でながら、オイルのニチャニチャという響かせながら
    乳首を弄び、肇の反応を楽しみ。ただでさえ自由の効かない身体に魔力での拘束も加わり、
    逃げ場の無い退魔巫女に顔を近づけ、唇を奪う)
    (妖魔特有の長い舌が肇の口内に侵入すると、舌同士を絡みつかせながら隅々まで舌の先端で愛撫して)

    (カチャという音が聞こえ、隣の部屋から一人の女性、志穂がVIPルームへと入ってくる)
    (肇にとって、いつも助けてくれる大切な友人だ。しかし、今は様子が違う。発情した雌の顔でショーツ一枚の姿。
    優待券を渡して来た時の違和感が更に強く感じられる状態で)

    AA切替 sage f1 >>572
  173. 571
    シャノン ◆ohRmRMHyyY WnFWkmPX(2) 削除

    【お待たせしてしまってごめんなさい。今日は凍結しておきますね】
    【次回は土曜日の22時半頃に来れると思います】
    【伝言スレの方でご都合教えてもらえると嬉しいです】
    【スレをお返しします】

    AA切替 sage
  174. 572
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo HdqQ2o/t(1) 削除

    >>570

    うっ……くっ、動け、ない……あぁ!!
    や、やめて…くださ、ぃ…あんっ♪身体、が……重い……それに…あぁ(///////
    ま、さか…この香…も……くっ、迂闊、でした…あの微かに感じた気配で…気づけばこんな……
    (全身が火照る様にして熱い。呼吸も自然と荒くなり、香を強制的に吸わされてしまう)
    (オイルから、香から妖魔の魔力が体内に浸透しているせいで思う様に動けない。そんな中で)

    あうっ………!!
    (両手を頭の上で交差するようにして拘束されてしまった。)
    (更に口づけを迫られ、必死で顔を背けるが唇を奪われてしまい)
    むぐううううーーー!?んっ、じゅる、ちゅ……んっ!!!
    (強制的に舌を絡められてしまう。必死で逃げようとしてもそれを許しては貰えずじっくりとたのしまれた後解放され)
    はぁ、はぁ……うっ、ぁ(/////////
    (呆けた表情で呼吸を見つめてしまう肇。すぐさま目を見開き、なんとか身体が魔力で浸食されていくのを塞ごうと、
    丹田に自身の気を貯めて内部から抗おうとするが…)

    な……し、志穂!?貴方…まさか妖魔に……!?
    し、しっかりして!気を強く持って…!!
    (妖魔の合図で室内に突如として現れた女性は、自分の親友である志穂だった)
    (しかし表情は妖艶且つ虚ろで、ショーツ一枚の状態で現れまるで此方を獲物を視るような視線で見つめてくる)
    (完全に操られている事に気づきなんとか声をかけるのだが…)

    【ロールの解凍におかりします。】
    【書き出しはして置いたので、お返事を待ちますね】

    AA切替 sage
  175. 573
    シャノン ◆ohRmRMHyyY N/mGxweG(1) 削除

    (シャノンが口を離して上体を起こすと、お互いの口の間に糸引く唾液を指先で拭いて)
    (志穂に手招きをして施術台に腰掛けさせると、肇に見せつけるように濃厚な口付けを始める。
    肇の唇を奪った時とはまるで違い、明らかに志穂から求めているようなディープキス)
    (志穂の吐息や喘ぎ、口元から漏れ聞こえる舌同士が絡む水音が室内に響く)

    (散々見せつけた後、シャノンは志穂の耳元に口を近づけ、何かを囁く。志穂はその言葉にコクンと頷くと
    肇の上に覆い被さり、手を頬に当てながら至近距離から見つめて)

    『どうしてこんなに抵抗してるの・・・?せっかくシャノン様が可愛がってくださっているのに』

    (目を覚まさせたいと肇が声をかけても、すっかり愛玩奴隷に堕とされてしまった志穂にはまるで効果はなく、
    主人との濃厚なキスで蕩けた表情と吐息を肇に向ける。『手伝ってあげる』と言葉を残し、身体は少し下へと移動し、
    重力に引かれ気味な胸の膨らみを持ち上げると、唇を窄めて強く吸い上げながら、舌先で弾くようにして刺激を与え。)
    (このような愛撫は昔から会得していたのか、はたまたシャノンによって教え込まれたのかは肇が知る術はないが、
    今まで見たことのない友人の姿を見せつけられながら肇の身体は弄ばれていく)


    【続きありがとうございます。本日もよろしくお願いしますね】

    AA切替 sage
  176. 574
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo HdqQ2o/t(2) 削除

    くっ、うう……志穂……!!
    (自分の目の前で、ぬちゃぬちゃと志穂はシャノンとディープキスを繰り返していく)
    (明らかに見せつけるようなそれは、見ているだけで卑猥でいて、そして魔力で犯された肇を
    高ぶらせるには十分な効果があった。)
    (程なくして長い口づけが終われば、シャノンに耳打ちされた志穂が近づいてきて)

    シャノン…【様】って…し、志穂!お願い、気を強くもってください…!
    くっ、卑怯、ですよ…志穂を操るなんて…ああぁ♪んっ、やめ、て…
    ひゃっ…あんっ♪くっ、ふぅ……だ、だめ…力が…はいらない…。
    そ、れに……あ、あぁ…気が……減って……んっ、だめ、私まで…堕ちる訳には…!
    (志穂が乳房を揉みしだき、そして乳首を舌先で転がす。それだけで全身に電流が走る様な感覚が襲い掛かって来て)
    (それと同時に、吸うまいとしていた香も、大量に吸わされてしまい、より身体が汚染されていって)
    (身体をよじり、快感を散らそうとしても志穂がそれを許してくれない。なんとか気を貯めて意志を強く持とうとしてもそれさえも霧散させられ)

    ん……♡ぁ、ぁ…はぁ、はぁ…し、ほぉぉ……やめ、て……くだ、さ…あぁぁ♪
    (執拗な責めに等々甘い声を上げ始めてしまう)

    AA切替 sage
  177. 575
    シャノン ◆ohRmRMHyyY N/mGxweG(2) 削除

    失礼ね、操ってなんかいないわよ。ねぇ、志穂?
    『はい、その通りです。シャノン様』

    (肇の言葉も二人によってあっさりと否定され、まるで本当に最初から主従関係であったかのような
    会話を見せつけられて。皮肉なことに、普段から戦いのサポートをしてくれている志穂だからこそ肇が
    気を貯めようとしている瞬間をあっさりと見抜かれ、硬く勃起した乳首を抓り前歯で噛んで邪魔をして)

    『余計な事をしないで、大人しくしててくださいね・・・』

    (魔を払うために気を貯め戦闘の準備をすることを「余計」と吐き捨て、協力して倒すはずの妖魔の意志に
    従う志穂。身体を密着させ、お互いの身体に広がったオイルを塗り込むように滑り動く志穂。二人の胸や乳首が
    ぶつかり、何も知らない人間が見れば愛し合う二人の行為のようで)
    (更に下へと動いていく志穂。その目的地は明白で。オイル塗れで肌にべったりと貼り付いたショーツを脱がすと、
    太腿に手をかけ大きく下半身を開かせる)

    『ほら、もうこんなに・・・』

    (肇にとって、いや、女性にとって最も大切な場所。そこを剥き出しにされた状態で大切な友人に様子を観察されて。
    舌をべっとりとくっつけられて溢れる愛液を掬われると、それを周辺に塗り込むように舌で愛撫を始めて)
    (乳首と同じように勃起した秘核は、志穂の舌先で幾度も弾かれてわざとらしく音を響かせる)

    AA切替 sage
  178. 576
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo 43ldNJoF(1) 削除

    よ、余計な事……!?何を言ってるの志穂…!
    これは、貴方を助ける為に…妖魔を、倒す為に…ああぁ♪
    ふぅ、ふぅ………んっ…だめ、気が、練れない………こんな、事…が……。
    (目の前で妖魔が楽し気に此方を見つめている。志穂は此方が気を貯めるタイミングで絶妙な具合に快感を入れ)
    (すぐさま霧散させに来る。そして肇はどんどん香とオイルで身体が媚薬漬けにされていくのだ)

    あ、……ん♥やめ、て……しほぉ……そ、こぁ……わ、私…そこを、穢されたら……
    退魔巫女として……戦えなく、なります……お願い、めを、さまし…て…♥あ、あぁぁ!!
    (願い空しく太股が割り開かれ、ショーツを脱がされてしまう。)
    (するとそこはオイルだけでなく、愛液でトロトロになった秘所が露わになって)
    (すっかり身体が快楽漬けになった証であり、ぷっくりと陰核が膨れ上がっていて)

    くふ♥あ、ぁ♪はうっ……あんっ、あぁぁ!!!
    (舌先が触れると、それだけで背筋を伸ばしビクンッ!と痙攣し、大きく喘いでしまう)
    (退魔巫女にとって秘所は、とても重要な箇所で。穢されてしまえば二度と巫女として戦えなくなってしまう…)
    (妖魔に操られた志穂も当然妖魔の影響下にあり、触れられただけでも肇にとっては致命的でもあるのだ)
    (なんとか抗おうとするが身体に一切の力が入らず、そしてすさまじいまでの快感に頭の中がどんどん快楽で埋め尽くされていく)
    (このままではまずい。そう思ってもどうする事も出来ないのだ…助けを求める事も出来ない。無力感に苛まされていく…)

    AA切替 sage
  179. 577
    シャノン ◆ohRmRMHyyY 9Fq7W8xk(1) 削除

    『目を覚ますのは肇の方よ・・・。早くこっち側にいらっしゃい・・・』

    (シャノンによって後頭部を持たれて視線を下げさせられると、拡げられた太腿と股間に顔を埋める
    志穂と目が合う。志穂はニッコリと笑みを浮かべ、悪の誘惑の言葉を囁き堕落を求めて)
    (やがて秘核への愛撫に満足したのか、志穂は両手の親指を肌に当てて秘部への入り口を広げる)
    (ついにその時が訪れる。妖魔の魔力によって堕とされたしまった友人の穢れた舌が穴の中へと侵入し、
    円を描くように内側の壁を舐めまわしていく)
    (シャノンが何かをしたのだろうか。肇の純潔を汚したタイミングで志穂の身体から感じる魔力が強くなる)
    (心なしか、シャノンと同じような角の形をしたようなオーラも感じる)

    『私たちのご主人様はシャノン様よ・・・。奴隷になって可愛がってもらいなさい』

    (先ほどまでよりもずっと強い魔力を注がれ、大切な友人に巫女としての純潔を汚されながら執拗な愛撫は
    続いていき。ジュボジュボと淫らな音を響かせながら志穂の舌は激しく動き、硬くした先端によって
    壁を擦りあげられていく)

    AA切替 sage
  180. 578
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo 43ldNJoF(2) 削除

    【すいません、本日はここで凍結させてください。】
    【一応此方は月曜日以降であれば解凍可能なので、お返事いただければと思います。】
    【明日が早いので先に失礼しますね。】

    AA切替 sage
  181. 579
    シャノン ◆ohRmRMHyyY 9Fq7W8xk(2) 削除

    【了解です。では、こちらの予定も伝言板に書きますね】
    【今週の中盤ぐらいにはお会いできると思いますが、具体的な予定が立ったら伝言します】
    【おやすみなさい。スレをお返しします】

    AA切替 sage
  182. 580
    メイア・クディナーレ ◆faWonAsfaE kyloQGzO(1) 削除

    名前: メイア・クディナーレ
    種族: ハイエルフ
    年齢:18歳(外見は10歳位)
    身長:139cm
    体重: 軽い
    3サイズ 70・53・72
    髪型:背中まで伸ばした金に近い蜂蜜色の髪を、後ろで三つ編みに束ねている
    性経験:無し
    性格:精神も外見と同じなのか、大人しい感じ
    服装:若草色の魔法のチュニックに短いスカート、住んでいるところが田舎なのか下着は着けていない
    外に出るときは、耳が出ない様な赤いフードを着けている
    身体的特徴:エルフなので年齢より若い外見を持つ(10歳位に見える)

    MCの希望:体内侵入系の妖術や魔法での人形化、淫語植え付け、アヘ顔 、放尿等

    【1レスお借りします】

    AA切替 sage f1 >>581
  183. 581
    ◆h1XmbVTOck 9LqO8/sm(1) 削除

    >>580
    【かなり時間が経っていますが、>>526のようなものはいかがでしょうか?】

    AA切替 sage
  184. 582
    シャノン ◆ohRmRMHyyY TGlmKXuY(1) 削除

    【使わせていただきます】

    AA切替 sage
  185. 583
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo fPKYgvrD(1) 削除

    あっ、ああぁぁあ♪あんっ、ふぁ、はぁ、…や、やめ、てぇ…
    志穂、めを…さまし…あぁぁぁ!!!!
    (シャノンに頭を持ち上げられながら、下半身は秘所を志穂の手により広げられ)
    (そして舐めしゃぶりあげられてしまう。肇にとっては初めて味わう快感もあるが)
    (それ以上に志穂から感じられる強力な不浄の力が秘所から直に伝わり、体内に流れ込んでいくのを感じる)
    (必死で抵抗するも身体は動かず、寧ろ力が抜け落ちていく。快感に頭がぼーっとし始めて)

    うあ……♪ど、れい……そんな、ダメ、です…
    妖魔の、奴隷なんて……ま、まけ、ません…私は…退魔…みこ…あ、あぁぁ♪
    (志穂の中に流れ込むシャノンの力が更に増すと、志穂の頭部にまるで角が生えたような魔力塊が出来上がっていく様が見えた)
    (そしてより深く恥部を舐め上げられる度に身体が妖気で穢され、焚かれた香やオイルの効果も相成り全身がまるで性感帯になったの様に)
    (感じとれてしまう。そしてついには……)

    う、うあぁぁぁ♪イクっ……ぅぅぅ~~~♪♪
    (志穂の手により膣を舐めしゃぶられ全身を痙攣させて絶頂してしまう。天井を仰ぎながら身体をふるわせ)
    (同時に自身の身体から霊気が失われ、代わりに妖気に身体が包まれ始めて…)
    は、ぁ………♪ぁ、わ、たしは……あ、ぁ♪
    (アヘ顔でピクピクと痙攣し、うわ言を呟く様に口をパクパクさせる肇。)
    (瞳もどこか曇り始め虚ろになり始め、完全に脱力し、ちからなくうな垂れてしまう

    【ロールの解凍にお借りします。】

    AA切替 sage
  186. 584
    シャノン ◆ohRmRMHyyY TGlmKXuY(2) 削除

    【電話対応してました。今からレス書きますね。遅れてすいません】

    AA切替 sage
  187. 585
    シャノン ◆ohRmRMHyyY TGlmKXuY(3) 削除

    『フフフ・・・・わたしは、何?』

    (肇にとっては初めての経験だったのかもしれない。女性にとって、退魔巫女にとって大切な瞬間を
    妖魔の卑劣な罠によって奪われ。体を仰け反らせながら激しく痙攣した退魔巫女はその力を失い
    新たな力で体と感覚を支配されて。
    (志穂が肇の秘部から口を離すと、相当激しく愛撫を繰り返したのだろうか唇とその周りに愛液を
    纏わせていやらしく光りながら肇の顔に近づいて)
    (強制絶頂を迎えさせられて息を荒くする友人の唇を奪い、口内を犯していく。今度は上の口からも
    妖気が流れ込まされて)

    『ほら、早く言いなさい。ご主人様が待ってるわよ』

    (唇は肇の耳元へと移動し、囁きながら耳を舐めて卑猥な音を聞かせ。同時に指はそれまで以上に
    硬く勃起した乳首をつまみ、引っ張る様に弄りながら快楽を与えて)

    AA切替 sage
  188. 586
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo fPKYgvrD(2) 削除

    わ、私……は………あ、ぁぅ……た、退魔……う、うううっ……
    (半ば堕ちながらも最後の一線を護るとでも言わんばかりに必死で意識を手繰り寄せんとする肇だが)
    (志穂の手によりじわじわと追い詰められ意識がどんどん曇らされていく)
    (そして抗う言葉を吐く口を、愛液で濡れた嫌らしい唇でゆっくりと覆われていく)

    うぶぅ!?んっ、んんんんーーーー!!!ちゅ、ちゅぷ…くちゅ、くちっ、ちゅぶ
    れる…ぐちゅ…んっ、ごくっ…ぷぁ…♪あ、ぁぁぁ♪
    (深いディープキスは数分間続き、その間も絶え間なく快感を叩きこまれてしまう)
    (上の口からも妖気をどんどん流し込まれ、身体が更に穢されていく。そうして時間が経ち)
    (唇が離れる頃には完全に蕩けた表情を見せていて)

    『ほら、早く言いなさい。ご主人様が待ってるわよ』
    (志穂が耳元でそう囁き、耳は舐めしゃぶられ乳首は引っ張り上げられ快感を引き出され)
    (志穂の言葉が頭の中にじんわりと心地よく広がっていく。そして肇は等々呟いてしまう)

    ……は、ぃ……。私、は………ご主人様……の…………ど、れい……
    ご主人様………シャノン……様に………お仕え、する…奴隷…人形……
    (頭の中で単語が浮かび上がり、そしてそれを呟いてしまう。)
    (呟いた瞬間、更に身体の奥が熱くなり、秘所からも愛液をとめどなく零らせて)
    (瞳からも完全に光が消え、虚ろな表情と化してしまう。そうして退魔巫女としての肇は終わりを告げて…)

    AA切替 sage
  189. 587
    シャノン ◆ohRmRMHyyY 9ecNYCt0(1) 削除

    よくやったわ。ご苦労様・・・

    (肇の言葉、瞳、表情から退魔巫女だった少女は妖魔の愛玩奴隷人形へと堕ちたことが示され。
    主人からの任務を達成した先輩奴隷を呼び寄せてご褒美のディープキスを与える。キスをしながらショーツへと
    指を入れたかと思うと、ほんの短い時間に膝をガクガクと振るわせて倒れ込んで)

    あなたもこれから可愛がってあげるわね・・・

    (奴隷人形宣言をした肇にもキスをして妖魔の長い舌を侵入させ、その長さを活かして口内隅々まで
    愛撫をしながら更に強力な妖気を流し込んで。堕とされているとはいえ、人間である志穂から流し込まれる
    妖気とは比べ物にならない濃さに、強すぎる快楽が肇の全身を貫いていく)

    奴隷の証として、これを着なさい。そしてご主人様の足を舐めるのよ

    (肇の手首の拘束を解いて自由にしてやると、シャノンは肇に手をかざす。魔力によって鎖のついた真っ赤な首輪と
    そして亀甲縛りのような形のボンテージ衣装が身体を包み込んで)
    (施術台に座り身体を楽にするような姿勢になり、伸ばした足先を奴隷の顔に向けて)

    AA切替 sage
  190. 588
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo v+JAThEZ(1) 削除

    【申し訳ないです。今日の所はここで凍結させてもらえないでしょうか?】

    AA切替 sage
  191. 589
    シャノン ◆ohRmRMHyyY 9ecNYCt0(2) 削除

    【了解です。遅くまでありがとうございました。途中お待たせしてしまってすいませんでした】
    【次は金曜の同じ時間に来れると思いますが、肇さんはいかがでしょうか?】

    AA切替 sage
  192. 590
    各務原 肇 ◆/91kCCQXBo v+JAThEZ(2) 削除

    【こちらも金曜日で大丈夫です。今日と同じ時刻でお願いします。】
    【申し訳ないですが、先に落ちますね。おつかれさまでした。】

    AA切替 sage
  193. 591
    シャノン ◆ohRmRMHyyY 9ecNYCt0(3) 削除

    【おやすみなさい。金曜日楽しみにしていますね】
    【スレをお返しします】

    AA切替 sage
  194. 592
    ◆upykny6t1o fBFie9+Y(1) 削除

    子供から若い女性位の年齢(または外見の)同士の
    乗っ取られ系連鎖堕ちシチュで募集してみます

    霊の分体、宇宙寄生体、触手、粘体等を
    経口侵入、
    またはえっちな穴から植え付ける形で(どれにするかは相談で)

    植え付け時は自覚もなく、
    しかしすぐに心身共に侵食され、抵抗が弱まった所を、性的に攻められて、
    最後に性的絶頂で完全に支配され、
    その後主人(植え付けた方)に奉仕してしまう、という展開を希望します

    ファンタジー、版権でも可
    後はNGはふたなり、大の方です

    AA切替 sage 🎣(8) >>593 >>594 >>596 >>597 >>598 >>601 >>603 >>604
  195. 593
    ◆upykny6t1o fBFie9+Y(2) 削除

    それでは>>592の募集を終わらせてもらいますね?

    AA切替 sage
  196. 594
    ◆8dAOBTIs1k Vx/Az/SG(1) 削除

    >>592で募集です

    AA切替 sage
  197. 595
    ◆8dAOBTIs1k Vx/Az/SG(2) 削除

    それでは募集を終わります

    AA切替 sage
  198. 596
    ◆iVP/Mt/EuE TFYCdcte(1) 削除

    >>592で募集してみます

    AA切替 sage
  199. 597
    ◆MrIOsaDFs2 /f4sXaPT(1) 削除

    >>592で募集します

    AA切替
  200. 598
    ◆1OYL4BwUVg 3/7FRK5D(1) 削除

    >>592で募集します

    AA切替 sage f1 >>599
  201. 599
    ◆PAn/CL5SWo RX8xxJ9M(1) 削除

    >>598
    はじめまして。こちらは女同士でということになりますか?

    AA切替 sage
上へ行く
pages
  1. 1P
  2. 2P
  3. 3P
  4. 4P
前の10件 次の10件 最新10件 1から読む 全部見る
軽快モード(投稿)
書き込みモードにする場合は OFF にしてネ
【文字サイズ】
浪人設定へ行く
↑浪人の設定
いろいろ設定へ行く】、
↑使わないのは常時 閉じるとか、
↑サムネイル表示するとか、
↑スレタイNGワード(綺麗™)とか、
最近見た板™びんたん サポート

おすすめ

【浪人設定】

  • 浪人(●)は設定されていません
  • 今すぐ設定しよう。すぐスレ立つぞ
軽快モード(投稿)
浪人を設定する場合は OFF にしてネ
削除 5ちゃんねる本体から消えたら24h以内にびんたんでも消えます。
出展元5ちゃんねるに感謝!!
FOX ★ Hotter than July.








Momonga
close
});