びんたん  冬。恋人たちの季節   びんたん

Adventure's Inn 第三夜

オリキャラ < BBSPINK

Adventure's Inn 第三夜 本文(201-400)

  1. Menu
  2. URLcopy スレッド情報
  1. 1
    名無しさん@ピンキー F7s92pxE(1) 削除

    今夜も『冒険者の酒場』には、多数の冒険者らが集っています。
    中には人の姿を借りたモンスターもちらほらと加わっていますが、誰も気にする者はいません。

    酒場の二階は宿屋になっています。
    外の馬小屋(0ゴールド)から、二階のスイートルーム(一晩1万ゴールド)まで、
    各種ランクの部屋が揃えられており、中では冒険者らが甘い一夜を過ごしています。


    酒場を出て、ダンジョンへ向かう道はこちら

    Hなダンジョンを探検 地下12階【魔物の巣】
    http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1226682787/


    ・ここはライトなファンタジー世界の宿屋(兼酒場)を舞台としたロールを楽しむスレです。
    ・Hなダンジョンとは異なり、和姦や雑談をメインとしています。
    ・このスレでの戦闘ロールは御法度です。戦闘ロールの際にはHなダンジョンへお出かけくださいませ。
    ・ここでは男キャラハンの登録も可能です。なおモンスターは人型のキャラハンのみ参加可能です。

    テンプレや関連スレなどは >>2-3 を御覧ください。

    • 5ちゃん見るなら便利な「びんたん」
    • のんびり 弁慶 で楽しむ
    • 続きを読む 2-

    AA切替 sage
  2. 200
    フォルト ◆Nb5mA6UYvo dy2pTm3d(6) 削除

    ……そうか。
    …こういう、日常的なセックスは、あまり無かった、かな。 エリスは。
    …なら、寝起きに種付けしてやろうか。  …調理中に後ろから犯してやってもいいな。
    …風呂場で愛し合おうか。  …会議中に、悪戯してやろうか。

    …ふふ、喘いじゃいけないところで苛めてやったら…我慢できるか? エリス

    …はじめる、さ。
    誘ったのは君だ、 締め付けて、喘いで。
    …我慢できなかったんだろう?  …妻の要求にこたえるのが旦那、だよ。

    …だめ?  …そうか、なら、たっぷり、苛めてやるさ…。

    (わしゃ、わしゃと、羽を付け根から触って、痛めない程度にもんで、撫で回して… 尻穴をえぐるように指でなぞりながら…)

    ……意地悪?   …喜んでくれてうれしいよ、エリス
    (そうささやきかければ。  そのまま、カリがく、わ、と、膣内で広がって)
    (ぶっ   びゅるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる!!!!!  っと、とっても、元気なザーメンを、お腹の中に噴出してやり…)
    (孕みそうなほど、重いっきりタネつけしてやって…)

    AA切替 sage
  3. 201
    エリス ◆ll7LA9JD6w v0lG0Dgr(8) 削除

    だめかけなくなっちゃうフォルトのいじわるなやらしいことばが
    えりすのこと犯してる
    そうぞうしちゃってほんとに、犯されてるの
    い、あああっ羽いじめられてる
    出してそのままフォルトの濃いのえりすのおなかのなかにっ

    AA切替 sage
  4. 202
    フォルト ◆Nb5mA6UYvo dy2pTm3d(7) 削除

    ……ふ、ふ
    ぐっちゃぐちゃだな。 どろどろに濡れてる。

    …気持ちいいか? 気持ちいいんだろうな。
    …こんな膣痙攣して。 想像しただけでイったのか…?
    いやらしい女だ、愛してるよ……?
    お前は俺の。 ザーメン便器だ。  エリス。
    愛情と、ザーメン。 俺に注げる分は全部お前に注いでやる。
    …あふれても、押し込んで全部。
    ずぅっと、1日中。
    どんなところで、何してても、いきなり犯してやる。
    …下着なんて付けられない位に、まんこ、ザーメンぬれにしておいてやる。
    生理なんて二度とこないくらいに孕みっぱなしにしてやる。

    …うれしいだろう?


    …だから、受け止めて、  イけ、   孕め、エリス
    …旦那様の、命令だ…。
    (――――お腹が、膨れるほど、ザーメンで、いっぱいにしてやって…

    AA切替 sage
  5. 203
    エリス ◆ll7LA9JD6w rGAAuO31(1) 削除

    声出せないところで はずかしい場所で犯されたい
    えりすがゆだんしてたら襲って 犯してむりやりエッチな声出させてっつ
    受け止めたらすごくいやらしい、エッチな声が出ちゃうような
    濃くてネバネバの精液注射、ちゅうしゃして
    いやがってあげるから、フォルトがうんと興奮sるうように
    許して犯さないでって抵抗するからあ
    犯して下さいいっぱい出してえっイクよお

    AA切替 sage
  6. 204
    エリス ◆ll7LA9JD6w rGAAuO31(2) 削除

    出てる…まだ出てる…フォルトの、たttくさん受け止めたよ…力、はいんない…よお

    AA切替 sage
  7. 205
    フォルト ◆Nb5mA6UYvo sJmHG6rT(1) 削除

    聞いたぞ、全部

    ……犯して犯して犯しつくしてやる

    だから今日は寝ろ

    愛してる、お休み…

    (きっつく抱き締めて、毛皮の中に埋めるようにして)


    AA切替 sage
  8. 206
    エリス ◆ll7LA9JD6w rGAAuO31(3) 削除

    だめ…ちからはいんなくなっちゃったあ…フォルトあんまりリアルなコトいうんだもん
    ちょっと汚しちゃった…////
    (…でもエリスは会議なんて出ないよお…まだ学校いってるもん♪)

    フォルトほんとにエッチなコト言うんだね…うふふっ♪
    どこでもいきなり犯してやる、なんて…
    あれでイッキにとどめ刺されちゃったあ♪すごく感じちゃったの…

    あ、時間なんだね…うん…ありがと…すごかったよお…お休みなさい…エリスの愛する旦那様…

    AA切替 sage
  9. 207
    エリス ◆ll7LA9JD6w rGAAuO31(4) 削除

    こんどまた伝言、するねっ…こんどこそおやすみっ♪
    えっちなえっちなおおかみさん♪エリスの大切なだんなさまっ…

    【スレをお返ししますっ♪】

    AA切替 sage
  10. 208
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(1) 削除

    【お久しぶりです。少しだけ待機してみます。どなた様でも、お気軽に】
    【私のプロフィールは >>6 です。どうぞよろしくお願いいたします】

    AA切替 sage
  11. 209
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(1) 削除

    【お相手宜しいかな?】

    AA切替 sage
  12. 210
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(2) 削除

    【はい、もちろんです。こちらこそよろしくおねがいしますね】
    【お客様は、どのようなプレイをご所望ですか……?】

    【それと、以前絵描きさんが描いてくださった私の絵が >>124 にありますので、どうぞ参考に】

    AA切替 sage
  13. 211
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(2) 削除

    【有難う、宜しくお願いします】
    【そうですね…旅の疲れを癒すために、一晩しっぽりとという感じで】
    【此方はギルドなどで路銀を稼ぐ旅人でどうでしょう】

    AA切替 sage
  14. 212
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(3) 削除

    【わかりました。それでは、お客様のお部屋に入るところから始めましょうか】
    【それとも、もう既に始まっているところから、というのも楽しそうですね……】

    【久しぶりの営業で、ちょっと緊張してます。書き出しをお願いできませんか?】

    AA切替 sage
  15. 213
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(3) 削除

    【分かりました、それでは少々お待ちください】
    【お部屋に入って来るのを待つ所から始めますね】

    AA切替 sage
  16. 214
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(4) 削除

    (宿屋の一室にチェックインした旅人らしき青年)
    (値段の割にはよく整った部屋に満足感を覚える)
    さて……そろそろか
    (荷物を部屋の隅にまとめ、時計を確認)
    (チェックインする際に頼んでおいたこと、そろそろ約束の時間だ)
    (そんなことを思っている間に扉がノックされた)

    AA切替 sage
  17. 215
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(4) 削除

    (肌も露な踊り子衣装を身にまとった女性が、宿屋の廊下を歩いている)
    (寒くなってきたというのにひどく薄手の、身体の形がはっきりとわかってしまうくらいの……)

    お客様……お待たせしました。入りますね……。
    (とある部屋の前で立ち止まり、ドアを軽くノックする)
    (静かにドアを開けて、そのまま部屋に入っていった)
    初めまして、お客様……今宵のお相手を務めます、ミーヤです。
    (旅人の青年に艶めかしい姿を見せて、丁寧にお辞儀をして)
    (その顔は、これからの行為を期待して、ほんのりと赤く染まっていた)

    AA切替 sage
  18. 216
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(5) 削除

    【名前は付けた方が宜しいでしょうか?】

    あぁどうぞ
    (扉を開けて彼女を招き入れると、いやでもその艶やかな姿に目を奪われる)
    (彼女とこれから行う事を考えると期待はどんどんと高まっていく)
    いやぁ、まさか本当に踊り子さんと一晩共に出来るとはね
    店の主人から聞いた時は半信半疑だったけど……さ
    (そちらの趣味があるのか、耳や尻尾に視線が集中する)

    AA切替 sage
  19. 217
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(5) 削除

    ふふ。おじゃましますね。
    (青年に微笑んで、部屋の中へと歩いていく。長い尻尾がゆらゆらと揺れた)
    ……いいえ、私は踊り子ではありませんよ。
    昼間こそ舞台の上に立っていますが……私は娼婦、淫らな雌猫ですよ。
    (必要以上に青年に近づいて、身体をすり合わせて)

    ……? 私の耳と尻尾が、珍しいですか?
    触っても大丈夫ですよ。お客様は、私の身体を買ったんですもの……。
    撫でても舐めても……掛けてもいいんですよ?
    (耳と尻尾を見つめる青年に、くすっと笑いかけた)

    AA切替 sage
  20. 218
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(6) 削除

    【名前は付けなくても、”お客様”と呼ばせていただきますよ】
    【もし名前で呼ばれたいのであれば、どうぞお付けになられてくださいな】

    AA切替 sage
  21. 219
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(6) 削除

    (すり寄られて漂う香りに理性の鎧をはぎ取られていくような気がして)
    こっちが本業って訳ね、さしずめ昼間のは宣伝かな?
    (自らもまた寄り添い、肩に手を置き肌を感じる)

    そうか……それじゃあ遠慮無く楽しませてもらうよ雌猫ちゃん
    (笑顔の彼女の言葉を受け、右手で尻尾を弱めに握りながら左手に乳房を掴み)
    (柔らかさや毛並みを確かめるよう揉み始め)

    【分かりました、それじゃあ名無しでお願いします】

    AA切替 sage
  22. 220
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(7) 削除

    はい、宣伝です。今夜あなたが抱くカラダは、私です……って感じですね。
    お客様は、昼間の踊りはごらんになられましたか?
    (青年に寄り添い、相手の腰に手をまわしていく。密着ではないが、微かに肌が触れ合う距離)

    んっ……はい、どうぞ自由に、味わってください……私のカラダを……にゃあん……!
    (尻尾を掴まれて、猫のような鳴き声が飛び出してしまう)
    (感じてしまうのか、ぴくんぴくんと黒い尻尾を振るわせた)
    にゃ……にゃう……!
    (揉まれる乳房の先端が、青年の手にもはっきりと硬くなっているのが伝わった)
    (あまりに薄い服は、胸の先端の突起の形を隠すことができないでいる)
    (瞳を潤ませて、青年の顔を見つめ、熱い吐息を吐いた)

    AA切替 sage
  23. 221
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(7) 削除

    成る程……とても素敵な踊りだったよ
    じゃあ見知らぬ誰かに抱かれることを想像して踊ってた、という事かな
    (微妙な距離感にじらされながら、自分から寄り付き)

    随分敏感な尻尾だこと……ふふ
    (握る力に緩急を付けながら場所を少しずつ変え)
    (浮き出る先端を指で転がしながら唇を重ねて)

    AA切替 sage
  24. 222
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(8) 削除

    ふふ……。はい、誰が今夜、私を買うんだろう……そう思いながら、でしたよ。
    ……淫ら過ぎて、幻滅しちゃいましたか?
    (恥ずかしそうに顔を赤らめて、小さく笑い声をあげて)

    にゃ……にゃう……だって、感じでしまいます……!
    (尻尾が本当に気持ちいいのか、青年の手の中で暴れるように動いていく)
    (弄られるままに胸を震わせて……唇を求められれば、身体を擦りあわせて)
    んっ……ん……んんっ……は、ぁ……っ!
    (口付けは、すぐに熱く激しいものに変わっていく)
    (火照りはじめた身体をくねらせて、相手の体温を求めるように淫らなダンスを踊る)

    AA切替 sage
  25. 223
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(8) 削除

    いやいや、それに釣られて君を買ったのが俺だからね
    娼婦が淫らで悪いことなんか無いだろう?
    (肢体を弄りながら、その感触に満足そうな笑みを浮かべ)
    (尻尾を掴む手は逃がすまいと強く握られた)

    (布をずらして露出させ、先ほどから堪能していた先端を直に摘む)
    んむ……ふ……ぷはっ……ふふふ、それじゃあ服を全部脱いで貰うかな
    (くねりながら熱を伝えてくる体を離し、焦らす意味も兼ねて全裸を要求する)

    AA切替 sage
  26. 224
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(9) 削除

    ふふ、ありがとうございます……。じゃあ、
    今夜は、もっと淫らな私を、お客様にお見せいたしますね……。
    (青年に寄り添うように身体を密着させ、青年の笑顔につられるように顔を綻ばせて)
    (尻尾を強く握られると、びくんと強く尻尾が痙攣した)

    んっ……はっ、あ……あんっ……!
    (胸元を覆う布をずらされて、乳首を直接つままれてしまい)
    (その刺激に身体をくねらせていると、ふと青年が体を離して……)

    ……はい、わかりました。それでは、私の身体を……心ゆくまで……。
    (嫌な顔ひとつせず、笑顔のまま身体をくねらせて、ストリップダンスを始めて)
    (身体が動くたびに布がずらされて、恥ずかしい場所が露になっていく)
    (尖った乳首も、濡れ始めて汁が垂れているあそこも露出してしまい)
    (程なくして踊り子衣装が取り払われ、
    手足に僅かなアクセサリだけを着けただけの、生まれたままの姿になる)

    AA切替 sage
  27. 225
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(9) 削除

    ふふ、楽しみだ
    (いやらしい腰つきを見ながら自然に体が火照ってくるのを感じる)

    (自分だけの前の淫靡なストリップをまじまじと見つめ)
    (いやらしい部位が顔を出す度に自然と前のめりになる)
    予想以上だな……
    (布を纏わぬ肢体に我慢出来ず、食らいつくように抱き寄せて押し倒していく)

    AA切替 sage
  28. 226
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(10) 削除

    ふふふ……。そんなに見ないでください……恥ずかしいです……。
    (前のめりで食い入るように見られることに、羞恥と興奮を覚えて)
    (艶やかで淫らな笑みを、くすっと浮かべる)
    (しなやかな裸体を隠すことなく、いやらしい身体を晒していると……)

    にゃっ! ……お客さまぁ……。
    (抱き寄せられて押し倒される。青年と雌猫、二つの身体がベッドに沈みこんだ)
    (自分からも抱きついて、相手を求めるように手を背中に這わせていく)
    抱いてください……お客様……淫らな雌猫の身体を、どうぞ味わってください……。
    (あそこが男の精を求めて疼きだしている。あたりに甘い香りが立ち込めていた)

    AA切替 sage
  29. 227
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(10) 削除

    久しぶりだからかな……正直、会ってすぐに抱きたいくらいだったよ
    (男としてではなく雄として、目の前の雌を押し倒した青年に最早遠慮は無く)
    (ミーヤの脚を大きく広げさせ、本能のままに秘所を探り当てる)
    行くよミーヤ……たっぷり味わってやる
    (そして既にガチガチの剛直を押し当て)
    (のしかかりながら奥の奥まで一気に犯していく)

    AA切替 sage
  30. 228
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(11) 削除

    ふふ。なら、焦らせてしまったぶん、今夜は朝まで……しっぽりとお相手いたしますよ。
    (ベッドに背中を預けたまま、猫のように身体をくねらせて、相手に甘えた姿を見せて)
    (大きく足を開かされると、秘所を愛液で潤わせた、淫らな姿に顔を赤くする)

    はい……淫らな蜜壷を、どうぞ朝まで……っ、にゃ……にゃああん……!
    (相手の身体に圧し掛かられて、太く硬くたくましい肉棒を、根元までねじ込まれてしまう)
    (突然の異物感に、膣襞が震え上がり、青年の肉棒に絡みついて締め上げていった)
    にゃ……にゃあん……んにゃあぁ……にゃあぁ……!
    (猫のような鳴き声をあげて震えだす)
    (心地よい肉棒の味に、身体をくねらせて感じてみせて)

    AA切替 sage
  31. 229
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(11) 削除

    そりゃあ有り難いッ……!
    (割れ目をみっちりと広げて挿入された肉棒)
    (結合部分を抉りながら少しずつ腰を振り動かしていく)

    何度も何度も絞ってくれよ……?
    (動きを速めながら乳房を掴み)
    (躍動と共に柔らかい膨らみを強く握る)
    (可愛らしい喘ぎ声をBGMに、甘い快楽を享受し合って)

    AA切替 sage
  32. 230
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(12) 削除

    あっ……にゃ、にゃあぁ……にゃあぁん……か……感じちゃいます……!
    (腰を動かされて、肉棒が膣の敏感な箇所を擦り始めた)
    (愛液を掻き混ぜるように男根が出入りして、そのたびに身体を悶えさせてしまう)
    (手はベッドのシーツをぎゅっとにぎり、青年の腰の動きに従い身体を揺らせて)
    (青年の顔を、すっかり淫らにとろけてしまった表情で見上げている)

    はいっ……はいっ……なんかいでも出してください……っ!
    この、淫らな雌猫に、いっぱい精液をめぐんでください……にゃ、にゃあぁ……!
    (身体の動きにつられて揺れていた乳房を、ぎゅっと握られて)
    (背中を仰け反らせて、嬌声をあたりに響かせて)
    (肉棒をぎゅっと締め付ければ、膣襞が男根に絡みつき、愛液が染み出していく)
    にゃ……にゃあ……にゃあぁん……。
    (青年を楽しみながら、自分もいっしょに、快楽の世界へと落ちていく)

    AA切替 sage
  33. 231
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(12) 削除

    大きな声でにゃんにゃん喘いで……たまんないなぁ
    (絡みつく襞と温かい愛液の感触に腰を浮かせて突き続け)
    (乳房に吸い付き、時にはやんわりと噛みつき女を味わっていく)
    (肉棒の先端が奥の奥をつついて刺激し)
    (かき混ぜた愛液をカリが掻き出しシーツを濡らす)

    んっ……!
    (結合したまましばらくの時間が立ち)
    (限界が来たのか身を震わせる青年)
    (そのまま、最奥に肉棒を押し進めて抱き寄せ)
    (溜まりに溜まった精を吐き出しながら果てた)

    AA切替 sage
  34. 232
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(13) 削除

    にゃあ……にゃっ……だって……だって、感じちゃうんですもの……
    (肉棒で中を小突かれるのがたまらなく気持ち良いといった表情で、あえぎ声をあげて)
    (一番奥を肉棒が叩いてくるたびに、イってしまいそうなほど強い刺激が襲ってくる)
    にゃ……にゃあぁあぁ……にゃあ……!
    (胸の先端にも吸い付かれて、身体のいろいろなところに様々な刺激を浴びせられて)
    (青年のテクニックに、男根を締め付けてお礼して)

    ……っ、にゃ、にゃああぁ……でてます……精液、でてますにゃあ……!
    (ペニスが震えて精液を吐き出してくる。おなかの中に広がっていく感触に悶えて)
    (中出しに感じて、雌猫も絶頂に至ってしまう)
    (男根に絡む膣壁が、精液を搾り取るかのように痙攣し蠢いて)
    にゃ……にゃ、にゃ、にゃあっ! にゃあぁん……!
    (愛液を吹き上げながら、高く嬌声をあげ続けた)

    AA切替 sage
  35. 233
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(13) 削除

    んん……ふう……
    (痙攣のような肉棒の震えと共に精を出し)
    (硬いままに引き抜けば、白濁が少し漏れて)

    お掃除、出来るよね?
    (愛液と精液にまみれた肉棒を眼前に突き出して)
    (口で綺麗にすることを望む)

    AA切替 sage
  36. 234
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(14) 削除

    ふ……にゃ……、にゃ、あ……!
    (青年が男根を引き抜けば、後にははしたなく両足を開いた雌猫が残される)
    (愛液と精液が混じった汁が、股間から滴り落ちていた)
    (ベッドにぐったりと横になっているが、その表情は恍惚としていて……)

    にゃ……ぁ、は、はい……。
    (絶頂の余韻を味わっていたところに、青年の声に現実に戻されて)
    (目の前の肉棒を見れば、もそもそと身体を動かして、肉棒を口に咥えだす)
    んっ……んっ……んっ……。
    (ためらうことなく体液まみれの肉棒を咥え、口の中に抜き差ししながら掃除を始めた)
    (汁を舐め取って替わりに唾液を塗していって、そしてざらざらの舌で優しく刺激して)
    (先端に何度もキスを行って、とても情熱的な口姦をしてみせて……)

    【12時くらいまでを目安に、締めていただけませんでしょうか?】

    AA切替 sage
  37. 235
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(14) 削除

    【分かりました、では自分はこれで〆ます】

    よし、良い子だ……
    (自らのモノを舐める彼女の頭を撫でながら)
    (新たに与えられる快感にまた奮い立つ一物)

    まだまだイケるよね?ミーヤ
    (長い夜は未だ始まりに過ぎず)
    (一夜の関係を惜しむように、また肌を重ねて情欲に浸る)
    (明日からまた旅が始まる)
    (今だけはと、青年は羽を休めるのであった)

    AA切替 sage
  38. 236
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(15) 削除

    んっ……ふふ、ありがとうございます。
    (頭を撫でられると、気持ちよさそうに猫の耳を直立させて)
    (口を離して御礼を言う間には、今度は細くしなやかな指で肉棒を刺激していく)
    (再び硬さを取り戻したペニスを目の前に、熱く興奮したような吐息をはきだした)

    はい。この身体は、あしたの朝日が昇るまで……。
    たくさん愛でて、たくさん使って、たくさん味わってください、お客様……。
    (どちらともなく肌を重ね合わせていく。次は雌猫が上になる番だった)
    んっ! ……にゃ、にゃあ……ん!
    (青年の上に腰を沈めると、淫らに腰を振りはじめ、猫の喘ぎ声をあげていく)
    (一晩だけの恋人を満足させられるように、雌猫は淫らに鳴き、そして腰を動かし踊っていった……)

    【お疲れさまです。私もこれで締めてみます】
    【満足できましたでしょうか、お客様……】

    AA切替 sage
  39. 237
    名無しさん@ピンキー UsfMhxMf(1) 削除


    AA切替
  40. 238
    名無しさん@ピンキー e0xb+3TN(15) 削除

    【有難うございました】
    【可愛い猫さんでとても良かったです、満足です!】
    【また機会有りましたらお願いします】
    【有難うございました】

    AA切替 sage
  41. 239
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss LmwoZlpe(16) 削除

    【ふふ。こちらこそ、とてもありがとうございました】
    【……はい、また機会がありましたら、どうぞ私の身体を買ってくださいませ】
    【淫らな雌猫は、夜はいつでも発情期ですので……】

    【それではお疲れさまでした。またの機会まで。おやすみなさいませ】
    【スレをお返しします。ありがとうございました】

    AA切替 sage
  42. 240
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(1) 削除

    【こんにちは。今日も待機してみますね】

    【今日は、やってみたいロールがいくつかありまして……
    1.駆け出しの少年冒険者さんの筆おろし
    2.相手が同じ半猫人で、仕事じゃなくガチ交尾になってしまう
    ……両方同時は無理なので、どちらか片方でもできれば、と思っています】

    AA切替 sage f2 >>241 >>255
  43. 241
    名無しさん@ピンキー Jui2yNmu(1) 削除

    >>240
    【こんにちは。携帯から失礼するよ】
    【なんか面白そうだね】

    AA切替 sage f1 >>242
  44. 242
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(2) 削除

    >>241
    【こんにちは、お客さま。何か気に入ったロールなどはありましたか?】
    【そちらの希望にもそえるように、調整したいと思っています】

    【私は今夜は8時頃まで動けます。そちらはどうでしょうか】

    AA切替 sage f1 >>244
  45. 243
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(3) 削除

    【忘れておりました。プロフィールへのアンカーを張っておきますね】
    【プロフ >>6 イラスト >>124

    AA切替 sage
  46. 244
    名無しさん@ピンキー Jui2yNmu(2) 削除

    >>242
    【1が気に入りました】
    【僕は初心者なので助かります】

    【8時までですか!?こちらも予定は全くないので8時まで付き合おうかな?(笑)】

    AA切替 sage f1 >>245
  47. 245
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(4) 削除

    >>244
    【わかりました。それでは1番の形で進めていきますね】

    【書き出しはどちらが行いますか? 特に希望がなければ、私から書き出そうと思っていますが……】
    【始めるとすれば、お客さまの待つ部屋を訪れるところあたりからでしょうか】

    AA切替 sage f1 >>246
  48. 246
    名無しさん@ピンキー Jui2yNmu(3) 削除

    >>245
    【ありがとうございます。よろしくお願いします】

    【書き出し、お願いします。僕、書き出し苦手でして…】
    【はい。それで良いと思います】

    AA切替 sage
  49. 247
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(5) 削除

    (宿屋の廊下を、半猫人の女性が歩いていく)
    (寒くなってきたというのに体の形がくっきりと出てしまう、薄手の踊り子衣装を身にまとい)
    (手足を扇情的に彩るアクセサリーから音を立てて、すれ違う宿泊客に笑みを向けて)

    お客さま。ミーヤ、ただいま参りました。……失礼しますね。
    (とある部屋の前で立ち止まり、ドアをノックした)
    (そして静かにドアを開けると、部屋の中に入り込んでいく)
    (今日のお客は、まだ若い少年冒険者。今日も淫靡な夜が始まる……)

    【それでは、よろしくお願いしますね】

    AA切替 sage f1 >>248
  50. 248
    名無しさん@ピンキー Jui2yNmu(4) 削除

    >>247
    ああ…早く来ないかなぁ…
    (時計を見ながら今か今かと待っている若い少年の冒険者)

    (ドアをノックする音に気づいて)
    は、はい…開いているのでどうぞ…!
    (やや緊張ぎみに応答し)
    (部屋に入ってくるミーヤを見つめて)
    き、今日は、よろしくお願いします…
    (ガチガチと緊張した様子で後半が聞こえにくい)

    AA切替 sage
  51. 249
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(6) 削除

    ふふふ……。おじゃましますね。
    (緊張した声が聞こえてきて、うっかり顔が綻んでしまい)
    (部屋の中に入れば、緊張した様子の少年が、ベッドに腰掛けていた)

    はい、今夜は、よろしくお願いします。たくさん気持ちよくさせてあげますね。
    (微笑みかけながら、少年へと近づいていって)
    ところでお客さま。女性の身体を買うのは、初めてですか?
    (肌をすりあわせながら、少年の耳元で熱っぽい吐息を浴びせていく)

    AA切替 sage f1 >>250
  52. 250
    名無しさん@ピンキー Jui2yNmu(5) 削除

    >>249
    は、はい…女の人の体を買うのは…初めて…です。
    (肌をすりあわせられながら耳元で熱っぽい吐息を浴びせられて)
    あ、あの…ミーヤさんっ…俺…
    (どうやら欲情に拍車がかかり我慢ができないらしい)

    AA切替 sage f1 >>251
  53. 251
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(7) 削除

    >>250
    ふふ……そんなに緊張なさらずとも……
    (恥ずかしそうに身体をもじもじさせている少年に、緊張を解すように微笑みかけて)

    先に、ルールを説明させていただきますね。
    お客さまは私の身体を買いました。今夜一晩は、私の身体はお客さまのモノです。
    口でもおしりでも、おまんこでも……好きなところを、好きなだけ使ってください。
    私は半猫人ですから、妊娠の心配もありませんよ。
    (頭の上に付いた猫耳を、ピクピクと動かしてみせる)


    はい、それでは……。んっ……ちゅ……!
    (我慢の限界に達した少年に身体を重ねあわせて、唇をうばっていく)
    (口紅を薄くひいた唇を、少年の口元に重ね合わせ、そのまま体重をかけてベッドに押し倒して)
    ……ふふ。下を脱いで、あおむけになってくださいな。
    初めは口で、気持ちよくしてさしあげます……。
    (唇を離すと、口元を指さして微笑んだ)

    AA切替 sage f1 >>252
  54. 252
    名無しさん@ピンキー Jui2yNmu(6) 削除

    >>251
    【ごめんなさい】
    【ミーヤさんの文章が上手過ぎて続けていく自信なくなっちゃった…】

    【今回は破棄させてください】
    【僕は落ちてROMに回ろうと思います】
    【ミーヤさんの貴重な時間を無駄にしてしまって本当に申し訳ありませんでした】

    AA切替 sage f1 >>253
  55. 253
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(8) 削除

    >>252
    【あら……思ったより慣れた様子で、良い感じだと思っていたんですけどね……ちょっと残念です】
    【また機会がありましたら、続きをいたしましょうね。お疲れさまでした】

    【再び待機に戻ります】
    【プロフは >>6 イラストは >>124 です】 

    AA切替 sage
  56. 254
    名無しさん@ピンキー 62VpSxh6(1) 削除

    【20:30ぐらいまででいいのであればお相手して欲しいのですが、どうなんでしょうか】
    【基本は宿泊客との和姦との事でしたので、踊り子のステージ時に多くチップを弾んだ
    客と待ち合わせて…ってところでしょうか】
    【他にやりたいシチュエーションがあれば合わせます】

    AA切替 sage
  57. 255
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(9) 削除

    【はい、こんにちは。やりたいシチュは >>240 に書きましたが、そちらの希望にも合わせますよ】
    【時間は20時ちょっと過ぎまで大丈夫です】

    AA切替 sage
  58. 256
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(2) 削除

    【少年はもうやられてしまってるので半猫人にしましょうか】
    【導入はどうしましょう?さっき提示したシチュの客が半猫人でもいいですし、
    同じ種族という意味で踊り子のステージを管理しているマスターと踊り子の
    関係でもいい気がします】

    【20時過ぎまでだと途中で終わるかな?まあこちらも都合がいいので
    途中で終わったときはその時考えます】

    AA切替 sage
  59. 257
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(10) 削除

    【わかりました。ありがとうございますね】
    【客が半猫人というほうが良いかなと思っています】
    【私は夫もいましたし、実は故郷には子供もいますので、寝取られ風味になるかなと】

    【急いでするか凍結前提かは、考えたいですね】
    【こちらは明日は出かけてしまうので……】

    AA切替 sage
  60. 258
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(3) 削除

    【週末しかお相手できませんので、明日夜あたりが無理で来週まで待てるなら凍結、
    そうでなければ無しの方がいいかもしれませんね、見てらっしゃると
    長時間のロールになりそうですし】

    【客は了解です、こちらはそちらの事情はまったく知らずに一売春婦してのミーヤさんを
    貪る感じで、徐々にその事情を知って複雑になりながらも、勢いと発情期の性格で
    最後までいってしまうとか、ですかね】

    AA切替 sage
  61. 259
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(11) 削除

    【たぶん来週の土曜日も大丈夫なので、凍結前提でも良いかもしれませんね】
    【ただ、あまり延ばしたくはなくて……難しいところです】

    【逆に、私の幼なじみで、こちらの事情を完全に承知で迫ってくる、という感じでも良いかもしれません】
    【こちらも発情期というのが流れ的に良さそうですね】
    【何もなければ、ワンパターンですが部屋を訪れるところから始めてみたいと思います】

    AA切替 sage
  62. 260
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(4) 削除

    【凍結前提は了解です、来週土曜がもし無理になったらお知らせしますね】
    【もし、明日夜が急遽OKになった時も教えてください、18時以降なら私もOKですので】

    【了解です、互いに発情期で、たまたま客としていった踊り子のステージに
    幼馴染のミーヤさんを見つけて、相手をしてもらおうとチップを弾むと】
    【そして、ミーヤさんが躊躇している所を最初は人間的に責め始めるが、
    最後は本当の猫のガチ交尾みたいに交わっていくと】

    【こんな感じですかね】

    【よろしければ、部屋を訪れる所からで構わないです。名前はこれでいいですかね?】
    【かなりベタな名前つけちゃいましたが】

    AA切替 sage
  63. 261
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(12) 削除

    【承知しました。それではお相手よろしくお願いしますね】
    【名前はそれで大丈夫ですよ。ベタというより王道、ですかね】


    ん……ふ……んにゃ……
    (どこか熱に浮かされた様子の半猫人が、廊下をふらふらと歩いていく)
    (薄手の衣装はほんのり赤くなった肌をほとんど隠すことなく)
    (周囲には、発情期の半猫人特有の、甘い香りを振りまいていた)

    お客さま……。ミーヤ、ただいま参りました。
    失礼しますね……。
    (ドアをノックし、そのまま中へと入っていく)
    (部屋には自分の幼なじみがいることを、その時はわからないまま……)

    AA切替 sage
  64. 262
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(5) 削除

    【了解しました、それではよろしくお願いします】

    うーっ…んっ、あ、はい、どうぞ…
    (部屋でベッドに座りながら、発情期特有の人間には聞こえない盛り声を出し、
    売春婦の登場を待っている一人の男性半猫人)
    (そこに♀猫特有の甘い香りが漂ってきたため、内側の興奮度はさらに増した
    状態になっており、見た目は座って落ち着いているように見えるが、きっかけが
    あればすぐにでも襲い掛かるぐらい興奮している)

    あれ…お前、ミーヤじゃないか…?
    ほら、俺だよ…ミケル。覚えていない…?
    (部屋に入ってきた女性が、幼馴染だった為、一瞬あっけに取られて、
    すこし上ずった声で、入ってきた女性、ミーヤに尋ねる)

    AA切替 sage
  65. 263
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(13) 削除

    初めまして、こよいの御伴を務め…………え?
    (ぼーっとした頭で言葉を呟けば、どこかで聞いたことのある声に耳を震わせて)
    (ふと見あげれば、そこには良く知った幼なじみの顔があった)

    あ……こ、今夜の客って、ミケルだったんですか……。
    元気していましたか……?
    (顔を赤くして、こっそりと下腹部を手で覆い隠す)
    (同族の存在に、発情中の子宮が激しく疼き、秘所からは愛液が滲んでしまい)
    (恥ずかしさとためらいで、幼なじみに顔を合わせられないでいる)

    AA切替 sage
  66. 264
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(6) 削除

    おう、ちょっと仕事が忙しくて大変だったけど…
    お前こそ元気にしてるんだ、よかった…
    (ミーヤの両肩をポンポンと叩き、久しぶりの幼馴染との再会を
    しんみりと味わう)

    って、今日のお相手ってもしかしてミーヤか…?
    ミーヤはたしか子供や夫がいなかったっけ…?

    あ、この香り…もしかしてミーヤも俺と同じ……
    (しばらく再会の時間を楽しんだ後、ふと我に返ると、自分の今日の相手が
    同じ半猫人でしかも幼馴染のミーヤという状況を把握し、相手の状況を確かめる
    ために問い詰める)
    (しかし、発情期特有の香りがミーヤから発せられている事を確認すると互いに
    発情期の状態である事を把握し、黙ってしまう)

    AA切替 sage
  67. 265
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(14) 削除

    ……夫なら、少し前に亡くなりました。
    子供はいま故郷に預けてあります…………あとは察してください……。
    (再開をしんみり味わっている幼なじみに比べ、発情まっさかりの身体の疼きは治まらなくて)
    (何気なく呟かれる声にも、震えが混じってしまっている)

    はい……私も発情期です……。
    (そう呟いて、こちらも黙ってしまい、しばらく気まずい空気が流れて)
    ……ミケル。今夜のお金は返します。
    だから、今日は許してください……ん……にゃ、あ……。
    (ポツリと呟くが、ついに立っていることもできなくなって、床にペタンと座り込んでしまう)
    (背中を丸めて荒い息づかいになって、時折喘ぐような声を出して)
    (今夜の交尾を拒否するような言葉を発しても、発情を持て余している姿を隠すことができないでいた)

    AA切替 sage
  68. 266
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(7) 削除

    ミーヤ……でも私も発情期って事が分かってるなら…
    …もう察してるだろ…?俺も我慢できないって事を…うーっ…
    (ミーヤの発情している姿を見て、雄の半猫人特有の声を出し、紛らわそうと
    するが、どうにも押さえきれず、背中を丸めたミーヤの上に覆いかぶさるように
    背中から抱きしめる)

    うーっ…俺もこの気持ちを晴らさないと、仕事に支障でちゃうし…
    …なるべく人間のように扱うからさ…な?いいだろ…?
    なぁ…?
    (徐々に口調が荒々しくなり、半猫人同士が抱き合う事のまずさを気に留めながらも
    この欲情を一刻も早く晴らす事が勝り、適当な言い訳をしつつ、背中を丸めている
    ミーヤの身体を無理矢理こちらに向けさせて押し倒し、その上に覆いかぶさるように
    自分の身体を重ねる)

    AA切替 sage
  69. 267
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(15) 削除

    だ……だめです……ここでしてしまったら、あの人に立つ瀬がなくて……
    (拒否するが発情した身体は抑えきれなくて)
    (後ろから抱きしめられれば、その温かさにあそこがきゅんとなってしまう)
    (抱きしめてくる腕にそっと手を添えて、荒い息で喘いでしまう)

    にゃっ……あ……!
    (身体を振り向かされて押し倒されて、上気しかかった表情で相手を見上げる)
    だめ、です……
    (ポツリと呟いて、潤んだ瞳を逸らしていく)
    (それでも甘美な一時を期待してしまっているのか、乳首は服の上からでもわかるくらい尖って)
    だめです……にゃあ……
    (愛液を染み出すあそこの疼きに、もじもじと足をすりあわせている)

    AA切替 sage
  70. 268
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(8) 削除

    大丈夫だ、人間のセックスみたいにすれば問題ないよ…人間みたいに…人間みたいに…
    (自分にも言い聞かせるかのごとく、半猫人同士の交尾としてではなく、人間同士の
    セックスという事を強調する)

    んじゃ、失礼するぜ…んんっ…ちゅぱっ…んっんっんっ…
    (とうとう自分の欲情が抑えきれなくなり、ミーヤの唇を真っ先に奪い、何度も自分の唇
    を押し付けるようにキスをし、舌を外からも見えるぐらい出して、ミーヤの唇にアタックを
    かける)
    (それと同時に、片手でミーヤの片胸をその服の上から弄り、ブラをずらして、尖っている
    乳首を直接指の間で挟み、感触を確かめるようにまさぐる)

    AA切替 sage
  71. 269
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(16) 削除

    そういうわけには……んにゃっ、だめ……っ!
    (耳元で囁かれても、相手が同じ半猫人であることをどうしても意識してしまって)
    (潤んだ瞳を相手に向けた瞬間、唇を強引に奪われてしまう)
    にゃ……んっ、んんっ、んっんっ……は……にゃ……!
    (唇を押し付けられ、開いた口から舌を押し込まれて)
    (初めは暴れるような抵抗をみせていたが、すぐにその抵抗もなくなり大人しくなってしまう)

    ん……にゃあ……ふ、ぁ……にゃあん……!
    (口の中で暴れるミケルの舌に、自分からも舌を絡めて)
    (惚け始めた顔で、相手の顔を見つめていく)
    にゃっ、にゃあっ!
    (胸元では服がずらされて、形の良い乳房が顕になり、乳首を挟まれてまさぐられる)
    (ビクッ、ビクッと身体を震えさせて、感触に悶えていく)
    (両手はミケルの肩を、弱々しい力で押し返していた)
    (……が、相手の愛撫に蕩けていったのか、すぐに相手を抱き寄せるような力に変わった)

    AA切替 sage
  72. 270
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(9) 削除

    んふっ…にゃっ…ミーヤっ…唇気持ちいいよっ…ちゅっ…この胸も凄く柔らかくてっ…
    (唇を離し、ミーヤの蕩けている表情を見つめながら、時折軽いキスを織り交ぜながら、
    一心不乱に掌で胸を貪る)

    …うーっ…にゃっ…吸いたいよ、この胸っ…んんっ…ちゅぱちゅぱっ…
    (しばらく自分の掌で弄ばれているミーヤの胸を見つめた後、空いている方の胸に
    吸い付き、乳首を舌で何度も転がし、その後、歯を立てないように唇を丸め、吸い上げる)
    (お互いの両足はしっかりと絡め合い、自分の陰茎をズボン越しにミーヤの太腿に擦りつける)

    んっ…レロっ…にゃっ…ミーヤの顔凄くいやらしいよ…うーっ…
    さすが娼婦をやってる事だけはあるねっ…
    (ミーヤの胸をまさぐりながら、ミケルの責めに悶えている彼女の表情を上目遣いで見つめ
    ながら、より自分の中の興奮度が増してきて、徐々に理性がなくなっていく)

    AA切替 sage
  73. 271
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(17) 削除

    にゃ、にゃ……だめぇ、ミケル……っ!
    (頭では駄目だとわかっていても、身体が愛撫に反応してしまう)
    (半猫人としての本能が、ミケルからの愛撫に喜んでしまっていた)

    あっ、んっ、にゃあっ、んんっ、んんっ……!
    (やっと唇を放されたと思ったら、今度は胸に吸い付かれて)
    (柔らかく温かいミケルの唇が、乳首に吸い付いて舌先で捏ね回してきて)
    (身体をもじもじと動かせば、ミケルの目の前で乳房が揺れ動いてしまう)
    だめ……だめ…………
    (次第に抵抗する声も弱くなって、すっかりと交尾する用意ができてしまって)
    (いつのまにか自分からも足を絡めて、太ももに当たる陰茎の存在を感じて……)

    はぁ……はぁ……にゃあん……
    おねがい、ミケル……せめて、ベッドの上で、抱いて……
    (自分にのしかかっているミケルに、ポツリと呟いて)
    (硬く冷たい床の上より、柔らかなベッドの上が良いとお願いした)

    AA切替 sage
  74. 272
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(10) 削除

    うーっ…そう言いながら、本当はココで入れられたいとか
    思っていない…?ほら、ココはこんなに濡れてるしさ…
    (胸をまさぐるのを止め、その手で今度は踊り子の服の中に手を入れて、
    ショーツを直接触り、愛液が溢れて既に染みになっている部分を
    何度もせかすように触る)

    本当は…ココで互いの性欲をぶつけ合うように…貪りたいんじゃないの…?
    (ショーツをずらし、直接ミーヤの陰唇を指先を使って手首を使って激しく左右に
    振り、陰唇やクリトリスに当たるように触る)

    って、冗談だよミーヤ…やっとその気になったんなら、今日は互いの身体を
    貪りつくそうか…ベッドの上で…服は全部脱ぐんだぞ…?
    うーっ…はぁ、はぁっ…
    (激しく陰唇を触っていたが、突然やめて、一旦ミーヤから離れ、服を脱ぎだす)
    しかし、一刻も早く交わりたいのか素早く脱ごうとするも手がおぼつかなく、結局
    時間がかかって身につけているものを全て脱いでベッドに向かう)

    AA切替 sage
  75. 273
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(18) 削除

    にゃ、あ……にゃあん……そんなこと、言わないで……
    (ミケルがショーツ越しに秘所を触り始めれば、愛液がピチャピチャと水音を立てて)
    にゃあっ、そんな……そんな触り方、しないで……我慢できなくなっちゃいます……!
    (何度もしつこく弄られて、秘所もきゅんと熱くなってしまい)
    (そしてショーツをずらされて直接触られると、その感触に顔を蕩かせてしまう)
    (いじらしく触られて、身体を震えさせたり悶えてみたり……)

    にゃあ……にゃあん……はい……
    (突然秘所を弄る手が止まり、快感も止まってしまって)
    (ミケルの言葉通り、ゆっくりと起き上がると、もそもそと服を脱いでいく)
    (肌はすでに汗で濡れていて、秘所から太股にかけても愛液が光っていて)
    (娼婦のアクセサリーを除き、裸の状態になると、ベッドに倒れこむように横になった)
    おねがいします……許して……
    (そう呟いて、仰向けの状態から、大きく左右に足を広げた)

    AA切替 sage
  76. 274
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(11) 削除

    シーッ、はぁっ、はぁっ…シーッ、はぁっ、はぁっ…
    (愛撫するのをやめてゆっくりとベッドに向かっていくミーヤを
    今にも襲い掛かろうとしている獣のような目で見つめる)
    (ミケルからは半猫人のみに聞こえる声と吐息交じりの声を交互に発していた)

    …んっ…?誰に許してもらうのかな…?これから堕ちていく自分に
    対して…?それとも夫に対してかな…?はぁっ、はぁっ…
    まあ、そんなのどーでもいいわな、今日は俺と交わるんだから、それだけを
    考えればいい…うーっ…
    (ベッドに仰向けになり、秘所が丸見えな体勢をとったミーヤに対して罵声とも
    取れる言葉を浴びせかけ、身体全体を流し見する)

    でも、ここはミーヤの本能に正直だなぁ…早く触って欲しいといわんばかりに
    ヒクヒクしている…ほらっ…
    (ミーヤの秘所をまじまじと見つめ、優しく取り扱うかのように指先で陰唇の
    形をなぞる)

    AA切替 sage
  77. 275
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(19) 削除

    にゃっ、にゃあっ……フーッ……にゃあん……フーッ、にゃあ……っ!
    (ベッドに横になっても、身体の熱は治まらず、むしろかえって悪化してしまい)
    (猫のような鳴き声混じりの荒い息を吐いている)
    にゃあ……そんないじわるなこと、いわないでください……
    (キツめの言葉を受け取り、体全体を見つめられると、居心地が悪そうに身体をもじもじと動かして)
    (丸見えとなった秘所も、男を求めてヒクヒクとしてしまっていた)

    にゃっ、にゃあん!
    (ミケルの指が、あそこをなぞりあげてきて、その刺激に甘い声を上げてしまった)
    ちが……ちがいます……
    触ってほしいんじゃなくて……おちんちん入れて、中出しして、妊娠したくて……
    (半猫人の本能に従って、男を求めていく)
    (息はますます荒くなり、もう我慢出来ないといった様子で)

    AA切替 sage
  78. 276
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(20) 削除

    【すみません。今から10分程度席を外します】
    【19時前には戻ってきますので、しばらくお待ちください】

    AA切替 sage
  79. 277
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(12) 削除

    ふふふっ…だーめ…もうちょっと我慢して…うーっ…そっちから俺の
    おちんちんを奪いに来るぐらい壊れてもらわないと…ねっ…
    (ミーヤの秘所を触っている指を徐々に膣口に近づけ、ゆっくりと挿入させる)
    (挿入させた指は膣内で、指を左右に振って刺激し、愛液を溢れさせる)

    シーッ…ココで俺がおちんちん入れちゃったらそれこそなすがまま、だしな…
    ほらっ…ちゅっ…俺の身体を奪いにきなよ?ミーヤ…おちんちんはここにあるよ…
    (指を入れながらミーヤに覆いかぶさる体勢を取り、ミーヤの唇にキスをしながらせかす)
    (また、空いてる手を使ってミーヤの手を取り、半猫人特有の周りにちょっとした突起がある
    陰茎をミーヤの掌に握らせる)

    ほら、早くしないと、ミーヤのココ…指でいっちゃうよ?シーッ…ほらっ…
    (卑猥な水音を立てながら、ミーヤの膣内にある指をピストンさせ始め、ベッドに愛液を
    撒き散らせる)

    AA切替 sage
  80. 278
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(13) 削除

    【了解です、こちらのレスは作っておいておきましたので、お帰りになられたら
    レスをお願いします】

    AA切替 sage
  81. 279
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(21) 削除

    【ただいま戻りました。遅くなってごめんなさい】
    【今からレスを作りますね】

    AA切替 sage
  82. 280
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(22) 削除

    はっ、あっ、にゃあっ、にゃああぁん……!
    (指があそこのなかに、つぷつぷと音を立てて入り込んでくる)
    (異性の体の感触に膣が震えて指を締め付けていくが、指の細さではいまいち物足りず)
    にゃ、にゃ、にゃあ、にゃあぁん……!
    (それでも膣壁を刺激される刺激に身体は歓喜し、愛液も吹き出していく)

    にゃ、にゃあっ……ミケル、いじわるですね……
    (ゆっくりと膣内をまさぐられながら、惚けかかった顔でミケルを見つめて)
    (手をとられて陰茎を握らされると、蕩けるような熱い息を吐いた)
    んっ、にゃっ、にゃあっ、にゃあっ、にゃあぁん!
    (くちゅくちゅといやらしい音を立てて、あそこをかき混ぜられる)
    (おちんちんではなくても確かな性的快感に、身体が震え、一秒たりとも止めたくないと思ってしまって)
    (手で握った陰茎をゆっくりとしごき初めながら、指の快感を味わっていって)

    あっ、にゃ、にゃあ゛っ、い……イっちゃいます……ほんとにイっちゃうから……!
    (身体がビクビクと震え、指をきゅんっと締め付けて)
    (愛液も指で書き出されるままに吹き上がり、あたりに淫らな香りを振りまいていた)

    AA切替 sage
  83. 281
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(14) 削除

    シーッ…イッちゃうんなら…今日は何度もいっちゃえばいいじゃない…
    指を…こんなに締め付けちゃってるんなら…本当はいきたいんでしょ?ミーヤ…
    ちゅっ…
    (ミーヤのお願いをスルーして、指の動きを活発化させて、一旦フィニッシュへ
    向かおうとする)
    (その際、何度か彼女の唇にキスをし、陰唇を彼女の身体にぶつけて性欲を
    吐き出しながら、そして特殊な声を出しながら指のピストンはさらに激しくなる)

    シーッ…ほら、いっちゃいなよっ…俺の指でもいっちゃう淫らなミーヤっ…
    (あえて大きな水音が響くように大きなストロークで手を動かしてミーヤの膣を
    刺激して、絶頂を迎えさせようとする)

    AA切替 sage
  84. 282
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(23) 削除

    んにゃっ、にゃあぁん……にゃあぁん……!!
    (止まることのない指の動きに、身体も喜んでしまっていて)
    (足を大きく開いて薄く開かれた口元から喘ぎ声を漏らして、可愛らしく感じる姿を見せていく)
    にゃ、あにゃ、にゃああああぁぁん!!
    (大きな水音の中、一際大きな嬌声があがり、身体もビクビクと震え上がる)
    (膣の中に挿入された指を、膣襞がぎゅっと締め付けて痙攣し)
    (手もベッドのシーツをぎゅっと握って、淫らな声を響かせながら絶頂に達する)

    にゃ……にゃあっ……にゃあぁん……フーッ、にゃ……!
    (絶頂も治まりかけ、荒い息を吐いたままベッドに身体を埋めている)
    (入ったままの指をまだ締め付けるあそこは、おちんちんを更に求めてうごめいている)
    にゃ……ほしいです……ほしい……おちんちん、ほしい……!
    (身体をもじもじさせて、淫らなおねがいを語っていく)

    AA切替 sage
  85. 283
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(15) 削除

    シーッ…ミーヤ…欲しいの?このおちんちんを、君のおまんこに…
    ちゅっ…それじゃあさ…どれだけおちんちんを欲しくなっているか…
    身体を使ってアピールして見せてよ…はぁっ、はぁっ…

    (内心はすぐにでもミーヤの膣にトゲトゲの自分の陰茎をぶち込んで
    犯しつくしたいのを押さえて、ミーヤの淫らな言動を楽しむために
    あえて突き放す)
    (しかし、ミケルの顔からも汗が出ており、顔がほのかに赤くなっており、
    これ以上の淫らな言動を見せられたら吹っ飛びそうな状態にあった為、
    途中何度かキスをしたり、軽く胸をまさぐったりして押さえている)

    (そして、語り終えた後、ミーヤの膣から指を抜き、一旦ミーヤから離れ、
    完全に勃起して、半猫人特有の棘も見える陰唇を見せつけるような体勢を
    取りながら座り、ミーヤの行動を待つ)

    うーっ…ほらっ…ミーヤ、お願いだから…はぁっ、はぁっ…

    AA切替 sage
  86. 284
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(16) 削除

    【陰唇じゃなくて陰茎ですね、すいません、間違えて・・・】

    AA切替 sage
  87. 285
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(24) 削除

    にゃ……にゃあぁ……いじわる……!
    (まだ焦らしてくるミケルに、潤んで泣きそうな瞳を向けて)
    (もじもじと身体を揺らせば、中に入ったままの指も、膣襞が軽く擦り上げていく)
    ほしいの……おちんちん、中に入れられて、トゲトゲで何回もえぐられて……
    ……なんども子宮を突かれて、なんども中に出されて、なんどもイかされて……
    (言葉を発するたびに我慢できなくなっていくのか、どんどん息も熱くなる)
    (途中でさらに焦らそうとしているのか、軽いキスに胸への愛撫と、頭もおかしくなりそうで……)

    (そして指を抜かされて、陰茎を見せつけるように座られると、理性も限界に達してしまう)
    にゃ、にゃああっ! にゃあああっ! フーッ! フーッ!
    (獣のような唸り声を上げて、ミケルに飛びかかり、押し倒していく)
    (愛液まみれのあそこをペニスに擦りつけて、身体を摺りあわせはじめた)

    AA切替 sage
  88. 286
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(17) 削除

    はぁっ、はぁっ、にゃっ、ミーヤ!?そこまで欲しくなっていたのか、コレをっ…
    じゃあ、入れてやるから…ミーヤの方で…腰振ってみなっ…!!
    (気が狂い始めて突然獣のように襲い掛かってきて、陰茎を入れようとするミーヤの
    姿を見て、こちらも限界に達したのか、彼女の腰をしっかり持って、ミーヤから
    宛がってきた膣口に対して、棘つきの陰茎をねじりこむように、ミケルの腰をあげなら
    挿入させていく)

    うっ、にゃーっ!!はぁっ、はぁっ…やっぱり人間の娼婦よりミーヤの中のほうが
    ひったりするな、このおちんちんにはっ…他の女だと、痛がったりして…んぁっ…
    うまくいかないときもあるんだが…シーッ…
    やっぱミーヤだとフィットするよ、俺のおちんちんにっ…
    (ミーヤの膣内に自分の陰茎の形を覚えさせるかのように腰をゆっくりと細かく突きあげ、
    ミーヤの膣を刺激していく)

    ほらっ…腰振ってくれれば、俺はミーヤの胸も揉めるしなっ…にゃぁっ…!!
    (猫の鳴き声や特殊な声を上げながら、ミーヤに動くようにせかす)

    AA切替 sage
  89. 287
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(25) 削除

    あにゃっ、あにゃっ……にゃ、にゃあぁ……!
    (腰を持たれて引き寄せられると、陰茎があそこの中にねじ込まれていく)
    (待望の感触に身体を震わせて身悶えして、そのままミケルの身体の上に座り込んでしまい)
    (子宮口におちんちんの先端がキスし、喜んだ膣が陰茎を締め付けてしまう)
    にゃ……にゃあ……にゃああっ!
    (理性が飛んでしまった娼婦が、腰を細かく突き上げられるがままに喘ぎ声を出していく)
    (同族どうしの交尾は格別の刺激で、トゲの付いたペニスの痛痒い感触まで快感として覚えていって)
    (きゅっと膣を締め付ければ陰茎に余す所なく密着し、行き場を失った愛液が結合部から飛び出した)

    にゃ、にゃ……にゃあ、にゃあっ、にゃああああぁぁん!
    (急かされるまま、ミーヤも腰を振りたくっていく)
    (結合部からぐちゅぐちゅと水音が響いて、口元からも気持ちよさそうな喘ぎ声が出ていって)
    (夢中になって腰を前後左右、上下にも揺らめかせていく)
    (精液を求めて膣襞が陰茎に絡みついて、トゲのむず痒さに頭を蕩けさせた)

    AA切替 sage
  90. 288
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(26) 削除

    【20:30頃というと、そろそろ今夜の締めでしょうか】
    【来週はどうしますか? たぶん私は15時頃から応対できますよ】

    AA切替 sage
  91. 289
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(18) 削除

    【そうですね、私のこのレスで最後にしましょうか】

    うーっ、にゃっ、にゃあーっ…ミ、ミーヤっ…!!
    (ミーヤが腰を振り始め、ミケルの独特な陰茎を犯し始めるのを見計らって、彼女の
    腰においておいた両手を、胸に伸ばし、鷲掴みにし、乳首を掌でつぶして転がすよう
    にして、縦横無尽に揉みしだく)

    シーッ…はぁっ、はぁっ、ミ、ミーヤっ、にゃっ…本当に俺のおちんちんから精液がっ…
    吸い取られそうな、勢いっ、にャーッ!!
    (ミーヤのそれこそ獣のような腰の動きと、ミケルの棘が手伝って締め付けてくる膣により、
    意外とミケルの絶頂までの道のりは早く、そろそろ放出しそうな為、顔を思いっきり歪め、
    胸を掴む力を強くして何とか耐えようとする)

    AA切替 sage f1 >>298
  92. 290
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(19) 削除

    【なんか中盤からは文章量が少なくなったり、誤植があったりして
    てご迷惑をおかけしてます】
    【来週土曜は朝~今の時間帯までであれば十分対応が可能です】
    【そちらが15時から対応可能であればそれで構いません】
    【急遽予定がつかなくなったらココか、伝言スレでお伝えする方向で
    よいでしょうか】

    AA切替 sage
  93. 291
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(27) 削除

    【いいえ、こちらもきっと誤字脱字もありますし……そんなに気にならないですし、大丈夫ですよ】

    【わかりました。それでは来週土曜日……12日の、15時からでおねがいします】
    【はい、ここか楽屋スレ、あるいは避難所の伝言スレで連絡しましょうか。チェックしておきますね】

    AA切替 sage
  94. 292
    ミケル ◆lORlLuUuxI 62VpSxh6(20) 削除

    【そうですか…とりあえずお互い楽しんでいきましょう】

    【楽屋スレか、避難所の伝言スレ、了解しました。後12日の15時も了解しました】
    【日が開いてしまいますが、来週もよろしくお願いします】

    【それではお先に失礼しますね】

    AA切替 sage
  95. 293
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss 1kYVIDqm(28) 削除

    【はい、来週もよろしくお願いします】

    【今夜はとても楽しかったですよ。精液をいただけるところまで行けなかったのが口惜しいです】
    【来週土曜日も、とても楽しみにしています】

    【では、私の方も失礼しますね。お疲れ様でした。おやすみなさい】
    【スレをお返しします】

    AA切替 sage
  96. 294
    名無しさん@ピンキー kg2smP2Q(1) 削除

    ふむ

    AA切替
  97. 295
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(1) 削除

    【12日15時からの待ち合わせの為、待機します】

    AA切替 sage
  98. 296
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(1) 削除

    【こんにちは。スレをお借りします】
    【もう少し待っててください。いまレスを書いています】

    AA切替 sage
  99. 297
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(2) 削除

    【こんにちは、今日はよろしくお願いします】
    【時間はあるんで、あせらずゆっくりとでいいですよ】

    AA切替 sage
  100. 298
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(2) 削除

    >>289
    にゃ……にゃ……にゃあ……!!
    (腰を振っているとミケルが手を伸ばしてきて、豊かな胸を掴み揉みしだいてくる)
    (温かい手のひらに握られながらふにふにと形を変えさせられる)
    (硬く尖った乳首も弄られれば、身体をくねくねさせて、いじいじと腰を捩った)

    ミケル……ミケル……精液をください……中に、いっぱい……!
    (恍惚とした表情でミケルの顔を見つめながら、うっとりと言葉を発しておねがいしていく)
    あにゃ……にゃあっ、にゃあっ、にゃあああ……ん!
    (腰を動かしぐちゅぐちゅと結合部を擦り合わせて、中を抉っていくトゲの感触に蕩けて)
    (ミケルに射精を促すように、膣が陰茎を締め付け、ひだが竿を擦り上げていく)
    にゃあああああん!
    (猫の発情声をあげながら、ミケルのあそこを容赦なく攻め立てていく)

    AA切替 sage
  101. 299
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(3) 削除

    【はい。こんにちは。今日もよろしくお願いしますね】
    【何回でも射精してください、お客さま……いえ、ミケル……】

    AA切替 sage
  102. 300
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(3) 削除

    ッ!…シーッ…ニャッ…ニャッ…ァッ…!!
    (ミーヤの腰と膣からの容赦ない責めは、ミケルの陰茎にこの上ない快感を与え、
    胸を揉みしだく事による緩和も足りず、逆に陰茎についている棘がミーヤの膣を
    内側から刺激し、相乗効果で更なる締め付けを与える)
    (その快感はもはや耐える事ができず、言葉にならない叫び声をあげながら、
    力強い握りで、胸を掴み、腰を浮かして発射に備える)

    ニャッ…あっ…シーッ…あっ…で、出るっ…でっ…ニャァアアッ…!!
    (激しい成功の末、絶頂を迎えた陰茎は、ドクドクと脈を打ちながら、ミーヤの
    子宮へ溜まった精子を供給し、たちまち子宮がミケルの精子で埋め尽くされ、
    膣を経由して、結合部から漏れ出す)
    (絶頂を迎えた瞬間、腰を高くあげて、少しでも妊娠ができるようにミーヤの奥深く
    へと陰茎を突き刺す姿勢をとる)

    ニャッ…ハァッ、ハァッ…シーッ…んぁっ…はは…出しちゃった…
    (出すまいと耐えていた時の表情とはうって変わって、満面の笑みを浮かべて、射精を
    した事による満足感をあらわしていた)
    (また、胸を掴むのを止め、手を下に下ろし、大の字に腕を広げていた)

    AA切替 sage f1 >>302
  103. 301
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(4) 削除

    【気分を取り返そうと、じっくり書いてたら遅れました、失礼しました;】
    【はい、貴方の身体をしゃぶりつくしたいです…】
    【ちなみに今日は何時まで大丈夫ですか?】

    AA切替 sage
  104. 302
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(4) 削除

    >>300
    にゃ……にゃ……にゃあ……にゃあっ!
    (中で動かれるだけでも気持ちいいのに、久しぶりにトゲのついた陰茎の感覚を心の底から堪能してしまう)
    (人差し指を軽くくわえながら、夢中になって腰を上下させていく)
    にゃ、にゃ、にゃ、にゃあ、にゃあっ!
    (次第に腰の動きも速くなり、結合部からも愛液があたりに飛び散っていってしまう)
    (ゆらゆらとしっぽを揺らめかせながら、しだいに切羽詰った嬌声になっていき……)

    にゃ、にゃああああああっっ!
    (ミケルが射精した瞬間、びくびくっとあそこを震わせて、ミケルから精液を搾りとっていく)
    (絶頂を迎えた身体の中心に、熱い精液が吐き出されるのがたまらなく気持ちよかった)
    (陰茎が奥まで突き刺さったまま、ゆらゆらと腰をゆらめかせて、恍惚とした表情を浮かべる)

    にゃ……にゃあ……にゃあん……
    (甘えるような声を出して、大の字になったミケルの身体の上にうつ伏せになる)
    (ミケルの首筋を、半猫人特有のざらざらした舌で舐めまわして)
    (ゆっくりと腰をゆらめかせれば、精液まみれの膣が、ミケルのモノを優しく包んで刺激していく)

    AA切替 sage
  105. 303
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(5) 削除

    【今日は8時~9時あたりまで大丈夫です】
    【あと1回くらい、体位を変えて本番で、丁度良くなるくらいですね】

    AA切替 sage
  106. 304
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(5) 削除

    ニャ…んっ…んっ…はぁっ…ミ、ミーヤ…っ…
    (大の字になって射精した後の開放感に浸っていたら、ミーヤからの首筋への
    責めに、心の奥底から性欲が再び沸き始め、彼女との結合部分から、尻、
    腰辺りまでを両手を使って、ゆっくり円を描いてまさぐるように触る)
    (口が次第半開きになり、ミーヤの舐めに反応し、か細い声で問いかける)

    ニャッ…ミ、ミーヤっ…ちゅっ…んんっ…
    (首筋を責めているミーヤの顔を持ち、自分の顔の目の前に向けさせて
    彼女の唇を自分の舌で多少舐めた後、目を瞑り、静かに奪う)
    (唇を奪った後、すぐに舌を絡ませようと舌を出して、彼女の口へねじ込もうとする)

    AA切替 sage
  107. 305
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(6) 削除

    はぁ、はぁ……にゃあん……んっ、ん……!
    (ゆっくりと首筋を舐めていけば、ミケルもお返しに下半身をまさぐってきて)
    (どこか嬉しさが沸き起こってしまい、柔らかな肢体をこすりつけるように、身体をくねらせていく)
    (秘所は再び熱くなって愛液をにじませて……淫らな娼婦が一回では満足していないことを表していた)

    んっ!? ん……ちゅっ、ちゅっ……
    (顔を向けさせられて口づけされて……舌と舌が、淫らに絡み合っていく)
    (互いの口の中へと舌をねじ込ませて、唾液を交換していって)
    (いたずら心を含めて、舌先でミケルの口の中をくすぐってみて)

    にゃん……ミケル……もういっかい、しませんか……?
    ううん、何度でも、夜が明けるまで……
    (ミケルの身体に擦り寄ったまま、興奮したような熱い息遣いで、ミケルを誘っていく)

    AA切替 sage
  108. 306
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(6) 削除

    …んんっ…チュパッ…んんっ…
    (ミーヤの舌が自分の口内に攻め込んできて、自分の舌と絡み合いながら
    互いの興奮の度合いを確かめ、まだ冷めていない事を悟る)
    (舌の絡み合いは、たまに唇を離して、淫らに絡み合っている所を見せつけ、
    唾液が糸を引いて、興奮の度合いを高めていく)

    もういっかい?こんなに淫らなキスをしといて、お預けなんて言ったら
    それこそ発狂しちまうぜ…?
    (唇を離し、ミーヤの問いに答えながら、彼女の髪を何度も梳かし、応える)

    それじゃ、ミーヤは今度は俺とどういう風に繋がりたい…?今日は一通り
    全部楽しもうか、お互いの身体の味を相手に刻み込んで忘れられないぐらいに…
    (吐息交じりの声で、ミーヤに次の体位を迫る)
    (髪を梳かしていた手は、再びミーヤの背中から腰、そして尻までをゆっくりと指先で
    触り、ミーヤの性欲をさらに掻き立てようとする)

    AA切替 sage
  109. 307
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(7) 削除

    んっ……んふっ……にゃふ……
    (口付けだけでも興奮の熱が再燃してくる)
    (すっかりとキスに恍惚とした表情を浮かべて、夢中になって互いの口を貪っていく)
    (目を軽く閉じて舌を絡めていき……不意に唇を離されれば、潤んだ瞳で相手を見つめている)

    はい……。何回でも、です。
    今日は、ミケルとひとつになりたくて……。
    (優しく髪を梳かれて、相手の身体の上に自分の体を預けていって)
    今度は……正常位がしてみたいです。
    ミケルに見られながら、いっぱい突いてください……。
    (背中を摩られて、もじもじと身体を揺り動かせば、大きな乳房が相手の身体との間で潰れ、形を変えていく)
    (淫らに上気した顔でミケルを上から見つめながら、次なる快楽を静かにねだった)

    AA切替 sage
  110. 308
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(7) 削除

    ふふっ…今日という日が忘れられなくなるぐらい、
    何回も突いてあげるから…心配しなくてもいいよ?
    ちゅっ…んんっ…
    (ミーヤからのお願いに応え、性欲が押さえ切れないのか、合間にミーヤの
    唇を奪い、貪りながら語る)

    んっ…それじゃこの格好を反転させないとね…?
    (少し身体を起こして、ミーヤの背中に手を廻し、反転させて正常位にするための
    体勢を整える)
    (その後、身体をひねりながら起こし、ミーヤが下になる正常位の形へ移行させる)

    うはっ…シーッ…ミーヤったら…
    俺のものを飲み込みたくてウズウズさせちゃ、ダ・メ・だ・ぞっ…
    (正常位の体勢を整えた後、ミーヤの膣へ語りのリズムに合わせて何度か腰を動かし、
    ミーヤの身体を突いていく)

    AA切替 sage
  111. 309
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(8) 削除

    ふふ……にゃあん……んっ、ん……!
    (おねがいを聞いてもらえて、再度あまえるような声を出した)
    (ついばむような口付けをしてもらって、自分からもそれに応えるように、ミケルの唇を舐めていく)
    にゃん……私、いけない子ですよね。家には子供もいるのに……。
    (亡き夫と子供を想って呟くが、その表情はどこかうっとりとしていて)
    (いまはただ、目の前の男性と交尾するだけの、一匹の雌猫に過ぎなかった)

    んっ……にゃふ……
    (身体を入れ替えてもらい、ベッドに寝そべる体勢になった)
    (長い髪の毛がベッドの上で広がっている)
    にゃ……にゃ、にゃ、にゃ、にゃあっ! ミケル……ミケル……!
    (軽く秘所を突いてもらって、体全体を揺らしながら感じた声を出していく)
    (シーツをぎゅっと掴みながら、ミケルの陰茎を膣で締め付けていった)

    AA切替 sage
  112. 310
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(8) 削除

    くっ…ニャッ…ニャッ…ミ、ミーヤっ…いいっ…!!
    (ミケルの突きに反応した、ミーヤからの締め付けに反応し、
    身体を反らせながら、ミーヤの中をえぐるように突いていく)
    (両手はいつしか彼女の身体の両側に突っ伏すように置き、
    思う存分腰を動かす体勢が整えられていた)

    はぁっ、はぁっ…さっき出したおかげかなっ…ニャァっ…!
    なんか凄く敏感になってて…すぐに出そうだよっ…!!
    (先程射精した余韻もあるのか、ミケルの陰茎は敏感になっており、
    激しい腰使いでミーヤをしばらくついていると、また淫嚢から精子が
    湧き出て、射精しようと上がってくるが、それを耐える上に感覚を
    忘れるぐらい、一心不乱に腰を動かし、身体全体を使ってミーヤを
    突いていく)

    ニャッ…シーッ…!!ミーヤっ…んんっ…ちゅぱっ…
    んはっ…ニャアッ…ああっ…もっとミーヤに俺の味を味わってっ…
    ニャアアッ!!
    (ついには乱暴にミーヤの唇を奪って、自分の唇を擦りつけたりして
    紛らわそうとする)

    AA切替 sage
  113. 311
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(9) 削除

    ん……にゃ、にゃあ……ミケル……! にゃ、にゃ、にゃあぁん……!
    (大きく足を広げて、ミケルの身体を中央へと受け入れていく)
    (ミケルが腰を振るたびに、先端が子宮を突いてきて、トゲトゲが膣襞を引っ掻いてくる)
    (上に乗っていた時とはちがった場所が擦れて、新鮮な感覚に身体を捩らせた)

    にゃ、にゃ、にゃあ……にゃあん……にゃあん……!
    (下から突かれるたびに、大きな乳房も揺れていく)
    (激しい突き入れに、たまらず陰茎を締め付ける力も強くなってしまって、結合部からも愛液が飛び散っていく)
    (顔を横に向けて、軽く目を瞑って、吐き出される息は快楽に熱く潤んでいた)
    にゃ、にゃあ……きもちいい……
    (気持ちよさを我慢できないのか、イクのを我慢しているようにも見える)

    にゃ、にゃあっ……んっ、んにゃあ、にゃあっ……にゃ、にゃ……!
    (ミケルが乱暴に唇を奪い、激しい口付けを求めてきた)
    (膣がびくびくと震え上がる。軽くイってしまい、手足が痙攣を始めた)

    AA切替 sage
  114. 312
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(9) 削除

    ンッ…ニャッ…ハァッ、ハァッ、ハァッ…ダメだ、出るっ…!!
    (口付けや突きの早さでごまかしていたが、いよいよ耐え切れず、
    陰茎をミーヤの子宮に突き刺すように前に出し、身体を三日月の様に
    そらせた状態で、絶頂を迎える)
    (再び、亀頭からは白い白濁液が発射され、ミーヤの内側を満たしていく)

    はぁっ、はぁっ…ニャ、ニャァ…、早く…突きすぎたかな…
    すぐに出ちゃった…でもおいしそうに飲んでくれるね…ミーヤのココ…
    (ミーヤとの結合部分に指先を当て、クリトリスがある部分を軽く擦る)

    ほら、こんなに漏れてきちゃって…二人の汁が混ざり合って凄い事になってる…
    (結合部分から漏れ出しているミケルの精液とミーヤの愛液を指ですくい取る)
    (すくい取った指先をミーヤに見せ、その指先を見つめる)

    AA切替 sage
  115. 313
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(10) 削除

    にゃ、にゃ、にゃあ……にゃあああああっっ!!
    (ミケルの射精に、再び身体が絶頂に至ってしまう。それほどまでに肉の相性が良くて)
    (子宮に直接精液を浴びせられ、獣の本能が喜んでいってしまう)
    (手足をびくびくと震わせたまま、気持ちよさそうな声を出して、恍惚とした表情を浮かべて……)

    にゃ、にゃあ、にゃあ……にゃあ……にゃあ……にゃあん……
    (ベッドにぐったりと身体を預けたまま、荒い息を吐いていく)
    (肌には汗が浮かび、淫らな快感に赤に染まっていて)
    にゃ、にゃあん……みける……!
    (クリトリスを擦られれば、絶頂に至って敏感になった身体では鋭い刺激で)
    (身体をもじもじと悶えさせれば、発情猫のフェロモンがあたりに飛び散っていく)

    ん……ふふ、ちょっと恥ずかしいです……
    (精液と愛液が混ざった体液を目の前で見せられると、恥ずかしそうに微笑んで見せて)
    (ミケルの身体を抱き寄せるように、ミケルの首元にそっと腕を絡めていった)

    AA切替 sage
  116. 314
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(10) 削除

    ふふっ…そんなに恥ずかしいかい?
    それじゃ照れ隠しに…んんっ、ちゅっ…んーっ…
    (ミーヤから抱き寄せる仕草に反応し、ゆっくりと顔を近づけ、再び
    唇を重ね、余韻を楽しむ)

    んはっ…ねえミーヤ…君の身体との相性は最高みたいだ…
    こんなにも気持ちいいなんて…やっぱ人間より同種族のミーヤ
    の方が色々気を使わなくて、本能で交われるし…
    (ミーヤとの身体の相性について語りつつ、掌でミーヤの乳房を包み、
    ゆっくりと揉みしだきながら語る)

    さてと…次はどうする?ミーヤ…次はバック辺りか立ちバック、駅弁
    辺りで…

    AA切替 sage
  117. 315
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(11) 削除

    んにゃ、ん……ちゅー……!
    (ミケルを抱き寄せるまま、唇を重ねて、恥ずかし紛れに口を吸っていく)
    (腕はミケルの背中をさするように動かされて、猫の尻尾もおしりをくすぐっていく)
    (ミケルの下で身体をくねらせながら、絶頂の余韻に浸っていって……)

    にゃあん……ふふふ。私もですよ……
    人間も悪くないですけど、交尾になると……ミケル……
    (乳房を揉まれながら、恥ずかしそうに語っていって)
    (未だに硬い陰茎をくわえた秘所も、ひくひくと震え始めている)

    次は……バックで、おねがいします。
    ケモノの格好で、私を気持ちよくさせてください……

    AA切替 sage
  118. 316
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(11) 削除

    そっか…それじゃバックの格好をして…アソコを開いて
    見せてくれる?今のミーヤなら簡単でしょ…?

    ほら…こうやって抜くと…凄く悲しそうに、ヒクヒクしてるし…
    (バックの体勢を取るため、一旦陰茎をミーヤの中から抜き、
    膝立ちの状態で離れ、ミーヤの全身を見つめる)
    (そうすると、ミーヤの陰唇が良く見え、愛液が垂れ、ミケルの精液
    がべっとりとついた状態がいやらしさを際立たせていた)

    こっちも…2回も出したのに、勃起してきたよ…今すぐに繋がりたい
    って言ってるみたいだ…
    (ミケル自身の陰茎を手で支えるように持ち、ミーヤの全身を流し見
    していた)
    (そうすると、陰茎がむくっと起き上がり、血管を浮き上がらせて反り
    立つようになった)
    (陰茎についている半猫人特有の棘もバイブのイボみたいにしっかりと
    際立っていた)

    AA切替 sage
  119. 317
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(12) 削除

    は……ぁ……にゃあん……
    (陰茎が中からゆっくりと抜き取られていく)
    (動いた瞬間の擦れる感覚は気持ちよかったが、いざ抜かれると異物感の消失に物足りなさを感じてしまって)
    (足を開いたまま荒い息を吐き出せば、秘所からは漏れ出した精液が白く滴り落ちていた)

    私も……ミケルと繋がりたい……もっともっと、ひとつになりたい……
    (呟いてから、身体をくるりと捻って、四つん這いの体勢に変わった)
    (ミケルにおしりを向けて、尻尾をあげると、汚れたあそこも丸見えになってしまって)
    ミケル……いっぱい、交尾してください……気持ちよくして……
    (片手をベッドに付けたまま、もう片方の手を秘所に当てがい、指であそこを開いていく)
    (精液と愛液の混合物が滴り落ちて、甘い匂いがあたりに漂った)

    AA切替 sage
  120. 318
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(12) 削除

    んっ…ニャッ…ミーヤっ…!!
    (ミーヤがバックの体勢で秘所を手で開けて誘っている様は
    ミケルを興奮させるには十分であり、ミーヤの秘所めがけて
    陰茎を差し込もうと、亀頭を宛がい、擦りつける)
    (そして、宛がった陰茎は、再びミーヤの中へ侵入し、腰を前に
    突き出して、ミーヤの身体を一突きする)

    ニャッ…シーッ…ミーヤッ…!!
    (先程の正常位のときの腰の動きとは対象的に細かく、ゆっくりと
    した動きでピストンを始める)
    (しかし、ミーヤの背中に覆いかぶさるようにもたれかかり、片手
    をベッドに突っ伏して支える)

    んっ…あむっ…んはっ…ニャァっ…!!
    (ミケルはミーヤの首筋を甘噛みし、さながら本物の猫の交尾のような体勢を取る)
    (しかし余っている手は、ミーヤの乳房を掴み、揉みしだきつつ、
    腰を使って細かいピストン運動を行う)

    AA切替 sage
  121. 319
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(13) 削除

    あ、にゃ、にゃあっ……!!
    (淫らな誘惑をしているとミケルが陰茎を押し込んできて、膣内に再び淫靡な感触が戻ってくる)
    (侵入物を膣がやわやわと包み込んで刺激し始めると)
    (一突きで子宮まで叩かれてしまい、思わず背筋が反り返ってしまった)

    にゃ、にゃ、にゃ、にゃ、にゃあっ……
    (先程とは違う、細かいピストンに、嬌声も細かく出ていってしまう)
    にゃあん……ミケル……それ、だいすき……!
    (トゲが細かく膣内を抉ってきて、その感触に蕩けてしまって)
    (激しくないだけ刺激も優しかったが、そのぶん快感を受け止める余裕も生まれて)
    (とろとろに蕩けた膣でミケルを締め付けながら、自分もよりいっそう気持ちよくなっていって)

    にゃ、にゃあっ! んにぃ、にゃあぁ……にゃあぁん……!
    (首筋を甘噛みされて、それだけでイってしまいそうなほどの気持ちよさが襲ってきて)
    (自分からも腰を揺らめかせながら、乳房や膣への刺激に、頭を蕩けさせていく……)

    AA切替 sage
  122. 320
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(13) 削除

    んむっ…んっ…ニャッ…ミーヤっ…んむっ…んっ…
    (胸をまさぐるのを止め、その代わり空いた手で肘を突いて身体を支え、
    少し斜めに覆いかぶさる体勢になる)
    (反対側で自分の身体を支えていた手をフリーにしてミーヤの顔を横に
    向けさせ、無理矢理唇を奪い、唇を自分の唇と舌を使って貪る)
    (唇を貪っている間も、腰の動きによるピストンは続いている)

    んあっ…にゃっ…ミーヤっ…こういう体位とかは…どうかなっ…
    (唇をしばらく貪った後、覆いかぶさるのを止めて、膝たちの状態に
    戻し、一旦突くのをやめる)
    (その後、ミーヤの片足を取り持上げて、肩にかけて、体勢を整え、
    再び腰を動かして再びゆっくりと突き始める)

    【すいません、ちょっと休養が入って遅れました…】

    AA切替 sage
  123. 321
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(14) 削除

    【急用ですね、失礼しました。
    ちなみに用事は終わったので続きを楽しみましょ】

    AA切替 sage
  124. 322
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(14) 削除

    にゃあ、にゃあ……にゃあ……んっ、んんっ!
    (覆いかぶさられて、キスを迫られて)
    (後ろから突かれながら口付けすることは予想していなかったのか、一瞬だけ驚いたような表情になった)
    んっ……んんっ……にゃ、あ……
    (口付けされながらゆるゆると腰を動かされて、あっという間に蕩け顔になってしまう)
    (ミケルの陰茎を締め付ける膣襞が、ミーヤが受けた快感の強さを物語っている)

    にゃ……にゃあっ!? ミ……ミケル……!?
    (片足を持ち上げられて、大きく足を開いた格好にさせられて)
    (そこの中心めがけて、陰茎が突き込まれ始める)
    にゃあ、にゃああ……!! にゃあ、にゃっ……
    (柔らかい身体のため痛みはないが、不安定な格好に膣の締め付けも強くなってしまい)
    (丸見えとなった結合部から、体液が掻き出されるようにあたりに飛び散っていく)

    AA切替 sage
  125. 323
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(15) 削除

    くっ…ニャッ、ニャッ…んはっ…やっぱこの体勢はちょっときついかッ…
    やっぱ人間的にこの体勢で…いったほうがいいか…
    (ミーヤの足を持上げている状態でしばらく突きまくっていたが、
    思うように素早く突けていない為、再び一旦やめて、元のバックの体勢に
    戻し、今度はしっかりと腰を持ち、激しく突ける体勢にする)

    ふうーっ…それじゃ…コレでっ…出してやるっ…!!
    んぁっ…ニャッ、ニャッ、シーッ…んあっ…!!
    (バックの体勢に戻り、今度は腰を大きく動かし、激しいスピードでミーヤを
    突き始め、周りに卑猥な水音とミケルの腰とミーヤの尻が激しくぶつかる音が
    響き渡る)

    ニャッ、ニャッ、ニャッ、ッ………!!!ああっ出るっ、にゃああああっ…!!
    (激しい腰使いを何度もしていたせいか、絶頂は思いのほか早く、陰茎から
    暴発気味に精液が三度ミーヤに注がれていく)

    AA切替 sage
  126. 324
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(15) 削除

    んっ、にゃっ、にゃあ……にゃあん……! にゃ、にゃ、にゃあ……!
    (足を下ろされて、再びバックの体勢に戻って)
    (今度は腰を持たれて、激しく大きく陰茎を打ち込まれてしまう)
    にゃ、にゃ、にゃ、にゃあ……にゃあ……!
    (激しい突き入れに嬌声も止まらない。トゲがなかを擦ってきて、頭の中がしびれてしまう)
    (両手を前に伸ばして、ベッドに顔をうずめて……上げた腰に陰茎を打ち込まれたまま、喘ぎ声を出している)
    (愛液が膣内でかき混ぜられてあたりに音を響かせて)
    (身体を震わせながら、なんども優しくミケルの陰茎を膣で締め付けていく)

    にゃ、にゃあん、にゃあん……にゃああああああ……
    (敏感になった子宮に三度目の種付けをされてしまい、恍惚としたあえぎ声を漏らして)
    (ぎゅっとシーツを握り締めながら、秘所で陰茎を締め付けて、ミケルから精液を搾っていく)
    (身体を震わせながら絶頂に達し、ベッドにポタポタと愛液が滴り落ちていた)

    AA切替 sage
  127. 325
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(16) 削除

    んーっ…ミーヤ…俺の精液の味に病みつきになってきたかな…?
    こんなに出してるのにまだ欲しがってる感じだし…
    (ミーヤのお尻を何度か擦りながら、ミーヤとの交尾について語る)
    (ミケル自身は3度も射精したせいか、思考能力が薄れており、
    目がうつろになりながら、繰りかえしミーヤの尻を擦る)

    こんなに注いだんだから…子供ができて…あ、ミーヤひょっとして
    母乳とか出ちゃったりする…?ねぇ…
    (3度のセックスでベッドにうつ伏せになっているミーヤに再び覆いかぶさる)
    (肘を立ててミケルの身体を支え、両手を使って乳房を触ったり、乳首を
    摘んだりする)

    激しいのもいいけど、こうやってマッタリと触っているのもいいね…
    …あのさ…吸わせてくれないかな、これ…
    (背後から乳房を弄くりながら、ミーヤにお願いする)

    AA切替 sage
  128. 326
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(16) 削除

    にゃ……にゃふ……にゃう……にゃあ……
    (ベッドに顔を埋めたまま、荒い呼吸を整えている)
    (秘所は変わらず精液を求めて動いていて、ミーヤが息をつく度に震えていた)
    にゃあ……はい……久しぶりに、気持ちよくて……
    (おしりを摩られて、しっぽをくねらせた)
    (恍惚としたまま絶頂の余韻に浸っていく)

    ……にゃう……子供もできてしまったかもですね……。
    生まれる頃には、本当に出ちゃうかもしれません……あ、にゃっ!?
    (ベッドと身体の隙間に手を入れられて、胸をまさぐられて)
    (乳房や乳首をやわやわと揉まれて、思わず気持ちよさそうな声を出してしまう)

    にゃ……にゃあ……。はい、まだ出ないと思いますけど……
    (お願いされて、くるりと身体を反転させて仰向けになった。豊かな乳房も揺れていく)
    (頭の上で腕を組んで、少し恥ずかしそうに顔を赤くして)


    【もうすぐ8時ですね。時間が経つのが早いです】

    AA切替 sage
  129. 327
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(17) 削除

    …そんなに恥ずかしがらなくてもいいじゃないですか…
    ちゅっ…んんっ…
    (身体を反転させて恥ずかしそうにしているミーヤを見て、
    微笑を浮かべながら、乳房を吸うのではなく、ミーヤに口付けをし
    しばらくキスをしたままにする)

    んはっ…これでちょっとは恥ずかしくなくなった…?
    もし興奮が止まらないなら…よいしょ…コレを触ってて…
    (一旦身体を動かして、ミーヤから陰茎を抜き取り、彼女の手を取り
    陰茎を握らせる)

    こうすればもし俺が吸ったとしても、コレをしごくことによって紛らわせれる
    でしょ…?では、いたたきまーす…チュパッ、んんっ…
    (ミーヤに自分の陰茎を握らせたまま、乳房に頬張り、乳首を吸い上げたり
    ゆっくりと舌で舐め回す)

    【ですねぇ、かなりゆっくり目でしたからねぇ…】
    【どうしましょうか、この後の展開】

    AA切替 sage
  130. 328
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(17) 削除

    んにゃあ……いろんな人間には触られていても、
    同じ半猫人にされるのには慣れていないんです……
    (ちょっと拗ねたように呟きながら、ミケルと口付けを交わしていって)
    (恥ずかしさも紛れてきたのか、尻尾の緊張もほぐれていった)

    んに……まあ、少しだけ……
    (別の意味で顔を赤くしながら、ミケルに導かれるままに陰茎を握っていって)
    (手馴れた手付きで、ゆっくりと陰茎を上下にさすり始める)
    んにゃ……にゃあ……にゃあん……!
    (ミケルが乳首に吸い付いてきて、甘い感触に声を出してしまって)
    (手でゆっくりとミケルの身体を抱きとめながら、時折首を振って、身悶えしてみせて)


    【そうですね……月並みですが、二人で眠って締め、みたいな感じでしょうか】

    AA切替 sage
  131. 329
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(18) 削除

    んっ…ご馳走様でした…それなら、お互いに発情期の
    時期があっているっぽいから…定期的に会って…慣れとく?
    実際気持ちよかったし、ここ…
    (乳首への刺激をやめ、変わりに秘所に手を伸ばし、ミーヤが
    ミケルの陰茎を扱いているリズムに合わせる様に、陰唇を触る)

    とりあえず、今日は3回もしたし寝よっか?抱き合ってさ…
    (ミケルはミーヤの横に寝そべる形を取り、ミーヤの身体をミケルの
    ほうに向けさせ、静かに抱き寄せる)
    (その上からベッドの下に落ちていた毛布を取り、二人の身体の上に
    かける)

    それじゃ、お休みのキス、ちゅっ…ということで…
    (ミーヤの顔を見つめながら軽い口づけを交わし、ミーヤをさらに
    抱き寄せて密着させた状態で、静かに目を瞑る)

    【となると、こんな感じで〆の方向ですかね】

    AA切替 sage
  132. 330
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(18) 削除

    にゃ……。慣れる慣れないじゃなくて、そうじゃなくても定期的に会いたいですよ。
    (精液を受け取ってすっかり発情は収まったのか、最初に会ったときよりも頭の中はすっきりしていて)
    にゃあん……くすぐったい……
    (秘所をまさぐられて、くすぐったさに身体を捩ってみせた)

    はい……私も、疲れてしまいました。もう何人も連続で相手したあとみたいな感じです……
    (3回連続の交尾に身体はくたくたになってしまっていて、どことなく眠気も襲ってきた感じで)
    にゃん……温かいです……
    (抱き寄せられるままに身体をすり寄せて、ミケルと一緒に毛布にくるまっていく)

    はい、おやすみなさい……んちゅ……
    (軽く口付けして、ミケルの腕の中で身体を丸めた)
    (未来の旦那様の前で目を閉じれば……可愛らしい寝息が聞こえるのは、すぐのことだった)


    【こちらもこれで締めてみます。お疲れさまでした】
    【満足していただけましたか?】

    AA切替 sage
  133. 331
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(19) 削除

    【こちらとしては満足です、ありがとうございました】
    【逆にミーヤさんの方が満足していただけたか凄い不安です;】
    【自分なりには頑張ってみましたがどうでしょうか?】

    AA切替 sage
  134. 332
    ミーヤ ◆uieP9Lz2ss jDFpCdtJ(19) 削除

    【そう言っていただけると、とても嬉しいですよ】
    【ミケルさんも、ちゃんとできていましたし。こちらも満足できました】
    【こちらこそ、ありがとうございます】

    【実は、最後の締めで後日談を書いてみようかとも思ったんですが、どことなく無粋だったので止めました】
    【かわりに、さらりと大事なことを書くだけにして……うまく効果を発揮していれば良いのですが】


    【それでは、私はこれで落ちますね。先週と今日と、お付き合いありがとうございました】
    【また縁があれば……今度は後日談でもしてみましょうか】

    【お疲れさまでした。おやすみなさい。こちらからはスレをお返しします】

    AA切替 sage
  135. 333
    ミケル ◆lORlLuUuxI XHDiZlGH(20) 削除

    【ありがとうございます、そういっていただけると嬉しいです】
    【今度お会いする事があればもっと満足していただけるように
    頑張らせていただきますよ】

    【後日談ですか…互いに夫婦になった時の…のプレイがあれば面白そうですね】

    【それでは、先週、今日とありがとうございました】
    【こちらからもスレをお返しします】

    AA切替 sage
  136. 334
    リム ◆cQ7QOw3Wfo syKVNl+i(1) 削除

    【待機してみるね】
    【プロフィールは>>154だよ】

    【雑談・その他、気軽に声を掛けてもらえたら嬉しいな】

    AA切替 sage
  137. 335
    名無しさん@ピンキー 4P99KdpV(1) 削除

    こんばんは~

    AA切替 sage
  138. 336
    リム ◆cQ7QOw3Wfo syKVNl+i(2) 削除

    【こんばんは、意外と早く声を掛けてもらえた】
    【何かご希望はありますか?】
    【特になければ雑談をだらだらっと続ける感じで】

    AA切替 sage
  139. 337
    リム ◆cQ7QOw3Wfo syKVNl+i(3) 削除

    【いなくなっちゃったのかな……?】
    【僕はもうしばらく待機してるね】

    AA切替 sage
  140. 338
    リム ◆cQ7QOw3Wfo syKVNl+i(4) 削除

    【落ちます、以下空室です】

    AA切替 sage
  141. 339
    名無しさん@ピンキー N4XMTaRt(1) 削除

    テス

    AA切替
  142. 340
    サクラ ◆VqiUPtoi6. oYR3OD7n(1) 削除

    【名前】 サクラ
    【種族/職業】人間/ 踊り子(娼婦)
    【性別】女
    【年齢】 18
    【容姿・サイズ・髪型】
    ・つり眼 紺碧の瞳
    ・黒髪ツインテール
    ・雪のように白い肌
    ・スラっとした足
    ・170cm 97 56 88
    【服装】
    ビキニ風の露出の多い服装
    【希望シチュエーション】
    宿泊客相手の売春。表向きはデリバリーマッサージ(※)
    軽い雑談などもあり。
    【NGプレイ】排泄(大) SMなど
    【備考】
    駆け出しの冒険者で、ツテを辿り酒場で住み込みのバイトをしていた。
    踊り子のバイトをしている内に人気が出てきたので、最近では踊り子が本業になっている。
    愛想はいい方で客受けもよい。金にはシビア。店主と女将さんには頭が上がらない。
    密かに娼婦もしているが、サービス内容は金額次第。
    本番には大金が必要なので払えた客は少ない。

    【プロフ投下します】

    AA切替 sage
  143. 341
    サクラ ◆VqiUPtoi6. oYR3OD7n(2) 削除

    【では、30分待機しますね】

    AA切替 sage
  144. 342
    名無しさん@ピンキー 0Jp4hXDz(1) 削除

    まだいるかな

    AA切替 sage
  145. 343
    サクラ ◆VqiUPtoi6. oYR3OD7n(3) 削除

    (太鼓の刻む原始的な鼓動に合わせて、舞台で踊る。)
    (動きに合わせて黒髪のツインテールがひらひらと舞う。)
    (黒いブラジャーと黒いショーツだけを纏った白い肌の少女が踊る。)
    (スラリとした白くしなやかな足がステップを刻む。)
    (観客が加熱する。少女は踊る。激しく踊る。瑞々しい白い肌に玉の汗が浮かぶ。)
    (くるりと回転すると、その汗が飛び散って。)
    (今にも零れそうなブラに包まれた乳房が男の情動を刺激して誘うように揺れる。)

    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



    【居ますよ】
    【暇なので文章の練習してました。】
    【ロールの申し込みなら歓迎します。】

    AA切替 sage
  146. 344
    名無しさん@ピンキー 0Jp4hXDz(2) 削除

    【それじゃあロールお願いしようかな】

    AA切替 sage
  147. 345
    サクラ ◆VqiUPtoi6. oYR3OD7n(4) 削除

    【ではシチュエーションはどうしましょうか?】
    【基本、デリバリーマッサージという名目の娼婦なんですが】
    【ステージを見て、サービスのことを知って申し込むという流れになると思います】

    AA切替 sage f1 >>346
  148. 346
    名無しさん@ピンキー 0Jp4hXDz(3) 削除

    >>345
    【そうですね】
    【ではステージを見て興奮した男がサービスを頼む、という感じで】

    AA切替 sage
  149. 347
    サクラ ◆VqiUPtoi6. oYR3OD7n(5) 削除

    【では、書き出しをしますので、少し待っててください。】

    AA切替 sage
  150. 348
    サクラ ◆VqiUPtoi6. oYR3OD7n(6) 削除

    (ステージを終えると、女将さんから仕事の依頼があった。)
    (名目はデリバリーマッサージ。身体を使ってお客様の身体を解すのだから)
    (決して嘘だけというわけはない。宿になっている二階の一室へと足を運ぶ。)

    (トントンと、他の客に気づかれない程度に軽くノックする。)
    (サクラが今纏っているのは、他の客と廊下ですれ違っても問題ない厚手のナイトガウン。)
    (今夜はどんなお客だろうと考えて、すぐに想像するのをやめる。)
    (金さえ払ってくれれば、どんな相手でも相応のサービスをする。)
    (そして次に引き摺らない。水商売とはよく言ったものだった。)


    AA切替 sage f1 >>349
  151. 349
    名無しさん@ピンキー 0Jp4hXDz(4) 削除

    >>348
    ふふ…あの踊り子の女の子、サクラちゃんか
    女将さんに頼んでおいたけどちゃんと来てくれるかなぁ
    (個室のベッドの上でサクラが訪れるのを待っている青年)
    (しばらくすると彼の部屋のドアがノックされ)
    お、来てくれたみたいだね
    いらっしゃい、サクラちゃん
    (ドアを開けると笑顔でサクラを歓迎する)

    AA切替 sage
  152. 350
    サクラ ◆VqiUPtoi6. oYR3OD7n(7) 削除

    こんばんは。
    ご指名ありがとうございます、お客様。
    (ドアが開かれると営業スマイルを浮かべて、部屋に入る。)
    (指名料はお客が女将に先払いをし、サービス料はサクラが貰う料金システムに)
    (なっている。そしてサービス内容もそこで支払われる金額に応じて変化する。)

    何時間ですか?
    一時間コースからになってますけど。
    (指定された時間によって金額が変動する。長時間頼めば当然高い。)
    (リーズナブルな料金で性感マッサージを楽しめる一時間コースは人気が高い。)
    (本気で楽しむ気なら、二時間コースからになっている。)
    (懐に余裕があるなら三時間コース。これを頼めるのは、相当余裕がある人間だ。)
    (四時間コースまで行くと、もうその金で娼館へ行った方がもっと楽しめるだろう。)

    AA切替 sage f1 >>351
  153. 351
    名無しさん@ピンキー 0Jp4hXDz(5) 削除

    >>350
    サクラちゃんと二人っきりになれるの楽しみにしてたんだ
    (ニコニコと笑いながらドアを閉めると)
    (ベッドに腰かけて)

    そうだな…
    お金に余裕はあるけどサクラちゃんと本番したいなら二時間コースかな?
    (男の服装から彼がそれなりに金を持っていることが伺える)
    (懐から金の入っている袋をちらつかせて)

    AA切替 sage
  154. 352
    サクラ ◆VqiUPtoi6. oYR3OD7n(8) 削除

    では、二時間コースで。
    (内心で盗賊のように笑って、表面では少女のように笑う。)
    (男から二時間分の料金を貰ってバッグに仕舞う。)
    じゃあ、横になってください。
    (ガウンを脱いで、ステージ衣装に使った物とは違う黒の上下に包まれた)
    (しなやかで豊満な肢体を晒す。ストンとガウンが落て広がる。)

    ああ、言い忘れてました。
    本番はサービス内容に入ってないんですよね。
    お客様の交渉次第ってことになってまして。
    (言外に、もっと金を出せと言っている。)
    (けれど、浮かべているのは媚びを含んだ淫蕩な笑み。)

    AA切替 sage f1 >>354
  155. 353
    サクラ ◆VqiUPtoi6. oYR3OD7n(9) 削除

    【先ほどから回線が重いです。】
    【途中で落ちたらすみません。】

    AA切替 sage
  156. 354
    名無しさん@ピンキー 0Jp4hXDz(6) 削除

    >>352
    うん、二時間コースでお願いね
    たっぷり楽しませてもらうからさ
    (金の入った袋をサクラに手渡し)
    (ベッドに横たわりながら彼女がガウンを脱ぐ様子を見ている)
    やっぱりその黒い下着素敵だねぇ…♪

    えっ!?
    今渡したのだけじゃ駄目なのかい?
    手持ちはあまり無いけど…サクラちゃんと本番したいしなぁ
    (少し悩む素振りを見せるがすぐに数枚の金貨が入った袋を取り出し)

    AA切替 sage
  157. 355
    サクラ ◆VqiUPtoi6. oYR3OD7n(10) 削除

    お待ちになって、お客様。
    お金もそうですが、これは雰囲気が大事ですから。
    (普段は使わない客商売用の口調に内心辟易しながら言葉を続ける。)
    まず、私のサービスをちゃんと受けてください。
    それで気に入れば、私を抱く為のお金を貰いますから。
    (一度、懐に金貨入りの袋を納めさせてから。)

    (横たわった男の上に跨って、見下ろし妖艶に微笑む。)
    (両手で胸板を撫でまわし、シャツを捲りあげて乳首に口を寄せる。)
    ンッ………チュッ……ンフゥ……
    (乳首にキスをして、ちろりちろりと舌を這わせる。)
    (繊細な十本の指が男の脇腹を撫で、誘うように上下する。)

    AA切替 sage f1 >>356
  158. 356
    名無しさん@ピンキー 0Jp4hXDz(7) 削除

    >>355
    ん…?
    なるほど…雰囲気、ね
    (サクラの言葉を聞くと一度出した金を懐に戻し)
    サクラちゃんの言う通りだ
    それじゃあとりあえずサクラちゃんのサービスを受けさせてもらうかな
    (そう言って横たわっているとサクラが自分の上に跨がる)
    (彼女に身体を預けるとシャツが捲られ乳首が舐められる)
    あっ…ん…は…さ…サクラちゃんの乳首舐め…いいっ…
    (乳首が刺激され思わず喘いでしまう)

    AA切替 sage
  159. 357
    名無しさん@ピンキー QUGCcWQM(1) 削除

    オワタ

    AA切替
  160. 358
    サクラ ◆VqiUPtoi6. LQlMXY/X(1) 削除

    【昨日は結局繋がらなくて……】
    【また今度お願いします】

    AA切替 sage
  161. 359
    サクラ ◆VqiUPtoi6. LQlMXY/X(2) 削除

    (控室として宛がわれた一室でステージ衣装から着替える。)
    (今夜もお客は熱狂し、それに比例するように売上も伸びた。)
    (今月の給料も期待していいかも知れない。)

    ふっふっふーん♪
    (ヘタクソな鼻歌を口ずさみ、櫛で髪を解く。)


    【では、今夜も待機しますね。】

    AA切替 sage
  162. 360
    名無しさん@ピンキー M7a5Nh/F(1) 削除

    【こんばんわ】
    【サクラちゃんのファンの男に筆おろしを頼まれるというのはどうでしょうか?】

    AA切替 sage
  163. 361
    サクラ ◆VqiUPtoi6. LQlMXY/X(3) 削除

    【こんばんは、お客様】

    【…ちょっと接客用の話し方疲れるから普通に話すね。】
    【それは仕事の話じゃなくて、個人的な頼みごと?】

    AA切替 sage f1 >>362
  164. 362
    名無しさん@ピンキー M7a5Nh/F(2) 削除

    >>361
    【こんばんわ】
    【一応お金をもらっての仕事の一環として、ということで】

    AA切替 sage
  165. 363
    サクラ ◆VqiUPtoi6. LQlMXY/X(4) 削除

    【よくよく考えたら童貞君ってことよね、それ】
    【夜のステージ見る年齢なのに童貞って……】

    【デリバリーマッサージだから、本番はしないことになってるの。】
    【少なくとも、大きな声では本番ありですとは言ってないのよ。】
    【つまり、部屋代と指名料を貰ったうえでコース料金も貰って】
    【そこから交渉次第ってことになるけど……】
    【お金出すから抱かせてくださいって言われてもNOとしか言えないの。】
    【言っている意味わかる?説明がわかりづらかったらごめんね。】

    AA切替 sage
  166. 364
    名無しさん@ピンキー baYoWD6B(1) 削除

    【こんばんは】
    【お相手さんは落ちてしまわれましたかね?】

    AA切替 sage
  167. 365
    サクラ ◆VqiUPtoi6. LQlMXY/X(5) 削除

    【気分を害されたようで……orz】
    【気を取り直してこんばんは、お客様♪】

    AA切替 sage
  168. 366
    名無しさん@ピンキー baYoWD6B(2) 削除

    【そうですか】
    【もしよろしければ、お相手をお願いしてもよろしいでしょうか?】
    【こちらが考えているシチュエーションは、貴族または王族、それか上級魔法使いがお忍びで来るという設定です】
    【意に沿わぬ政略的な結婚を強要されている、親同士が決めた相手が嫌でここに遊びに来たという感じで】
    【いかがでしょう?】

    AA切替 sage
  169. 367
    サクラ ◆VqiUPtoi6. LQlMXY/X(6) 削除

    【別に構いませんよ。】
    【水商売なので相手の事を深く追求したりしませんので。】

    【ああ、でもそれだと貴族とか魔法使いの設定の意味がなくなるかな?】

    AA切替 sage
  170. 368
    名無しさん@ピンキー baYoWD6B(3) 削除

    【相手のことを追求しなくても、あくまで設定上の事なので構わないと思います】
    【最上級スイートを指定してくる客がいて、サクラさんをステージで見て気に入ったので指名します】
    【こんなところから始めたいと思います】
    【よろしければ書き出しをしますが、サクラさんが特に希望するプレーや要望があれば教えて下さい】
    【NGに関してはプロフの方で確認済みですので、大丈夫です】

    AA切替 sage
  171. 369
    サクラ ◆VqiUPtoi6. LQlMXY/X(7) 削除

    【わかりました、お客様。(接待モード)】
    【流れの方に関してもわかりました。】
    【そうですね。最上級スイートクラスの御客様なので】
    【特別サービスとしてのダンスを披露してから少しずつ……】
    【よければ、書き出しお願いします。】

    AA切替 sage
  172. 370
    ジオグラード ◆Iqs44bC7fVC. baYoWD6B(4) 削除

    【では、書き出しを始めたいと思います】
    【名前とトリップを入れました。設定上は本名ですが、ここではグラードという偽名を使います】
    【では、お待ち下さい】

    AA切替 sage
  173. 371
    ジオグラード ◆Iqs44bC7fVC. baYoWD6B(5) 削除

    (華やかなステージで見た、魅力的な踊り子)
    (始めて見るそのステージはとても新鮮で、ジオグラードは直ぐに虜になった)
    (もう一度あの踊り子に会いたい…)
    (その一心でこの宿屋で一番の調度品と広い部屋をと気がついたときには頼んでいた)
    ふう…何だか緊張するな。
    あの踊り子…名前は確か…サクラと言っていた。
    王宮で見たことのない、妖艶な踊り…仮装パーティーなどでは見ることの出来ない、
    比べものにならないような魅力ある人だった。

    (小さなクローゼットに洋服を掛けると、その人を待つ。鏡に映るその姿は、
    いつもの洋服とは違って酷くみすぼらしいモノに見える)
    …これでは、嫌われてしまうか…いかん、いかん。
    私は平民なんだ。そう、気がつかれないようにしないと。

    【では、あらためましてよろしくお願いします】

    AA切替 sage
  174. 372
    サクラ ◆VqiUPtoi6. LQlMXY/X(8) 削除

    (ステージを終えて、湯船に浸かって汗を流す。控室で時間を潰す。)
    (今夜はもうひとつの仕事が控えている。)
    (女将さんから最上級スイートルームへのデリバリーを依頼された。)
    (前金の金額は、相場の倍以上支払われていた。)

    ふっふっふーん♪
    これはもう本格的にヤバイよね。
    ああ、もう冒険者やるよりよっぽど儲かるわ。

    (サクラは上機嫌だった。どう考えても上客だった。もしかしたら一晩フルコースを指定するくらい)
    (の上客かも知れない。今月の給料を楽しみにしながら、黒いマントと黒のトップス、黒いスカートの)
    (黒ずくめで指定の部屋に訪れる。こんこん。失礼にならない程度の強さで叩く。)

    こんばんは。お客様。
    今夜は出張マッサージのご指名、ありがとうございます。
    (ドアが開かれると、接客モードに突入する。部屋の内装に見合わぬ普通の身なりをした男が出迎えた。)
    (けれど、顔立ちは何処か典雅で、よい服を着れば貴族にも見えるかも知れない。)
    (詮索は無用と知りつつ、素性について考えてしまう。)

    それで、何時間コースからですか?
    1時間から××ギル、2時間は……
    (と、コース料金について説明してゆく。)
    (この部屋に宿泊できる客ならば、3時間から4時間コースくらいはポンと出すだろうと予想しながら。)


    【はい、少し展開速めてますが、よろしくお願いします。】



    AA切替 sage
  175. 373
    ジオグラード ◆Iqs44bC7fVC. baYoWD6B(6) 削除

    (目の前に現れたその人は、踊り子姿とは違い、黒の艶のある色香の漂う姿だった)
    コース?ああ、時間指定か。
    ん、そうだな。君がここにいられる時間、ずっとだ。
    できれば、君を見て感じて…そして満足するまで。

    (サクラが言った事が正しいなら、これでいいはずだ。自分はずっと飽きるまで居たいのだから)
    それと、報酬を支払わないといけないな。
    これで足りるだろうか?
    (小さな革製の袋を取り出す。それをサクラに渡すとずしりと重い。中には見たことの無いような金貨が入っている)

    それで、私はこれから何をすればよいのだろうか?
    なにぶんにも、こう言うところは始めてないのでね。
    (サクラの手を取ると片膝を付き、軽く手の甲にキスをする。貴族の間で婦人に対する挨拶だった)

    AA切替 sage
  176. 374
    サクラ ◆VqiUPtoi6. LQlMXY/X(9) 削除

    フルコース、ですね。ありがとうございます。
    (声が上擦るのを堪える作業で精一杯だった。)
    (貴族式の挨拶をされても、脳味噌が追いついていないのでぼんやり受け止める。)

    お客様は、寛いで腰掛けて頂ければ。
    初めてだなんて、意外です。実は百戦錬磨かと。
    (とんっと失礼にならない程度の強さでお客様をベットに押して)
    (もう一度距離を取り、金貨の詰まった袋をバッグに仕舞う。)


    それでは、オプションの特別サービスからさせていただきます。
    じっくりと、見ててください。
    (ステージで見せる妖艶な笑みを浮かべて、一度その場でふわりと回転して)
    (黒いマントを身体に纏わりつかせて、しゅるりと解いて床に落とす。)
    (しなやかな足を交差させ、スイートルームの中を猫のように歩きながら)
    (何気ない仕草で部屋の照明を落とす。薄明りだけがサクラを浮かび上がらせる。)

    んふふ♪
    (今度は勢いよくトップスを捲り、景気良く脱ぎ捨てる。ブラジャーもまた黒かった。)
    (タンタンとステップを踏みながらスカートを外し、トーンと蹴る。)
    (時に妖艶に。時に原始的に。奔放で変幻自在な踊り方はステージと同一。)
    (けれど、露出が多くても脱ぐことだけはしないサクラが、この時だけは脱ぐ。)
    (黒の上下に包まれた豊満で、しなやかな肢体がお客様の傍に歩み寄る。)

    初めてということは、触ったこともないんでしょうね。
    (何を、とは明確に言わず、眼前でゆっくりと屈む。)
    (黒い布に包まれた、今にも零れそうな乳房がお客様の前に誘うように突き出される。)

    AA切替 sage
  177. 375
    ジオグラード ◆Iqs44bC7fVC. baYoWD6B(7) 削除

    (百戦錬磨?サクラの言った意味がわからず少しだけ困惑する)
    (戦いに赴いたことなら、何度かある。だが、それを女性に詮索されるのは何故だ?)
    いや、戦ったことなら何度となくある。
    だが、何故その様な事を…武勇伝なら、一つ一つ詳しく話してもいいが…。
    ゆっくりとベッドに腰掛けながら、サクラの言うとおりにすると、サクラが踊りを始めた。

    美しい…。
    (漏れる感嘆の声。その姿はどんな宮廷絵師が描いたとしても、まだ足りないだろう)
    (そして、薄着が一枚、また一枚と取られていく度に、股間に血がたぎり、喉が渇く)
    なるほど…求めていたものは、自分の周りには無いはずだ。

    (ひとしきりの踊りを堪能すると、目の前に迫ってくるサクラ)
    (拍手をしようとした手が、目の前の乳房に吸い込まれる)
    あぁ、このように素晴らしい芸術品には、触れたことはない。
    (ゆっくりとその感触を確かめるように、柔らかな膨らみに指が沈みその手が怪しく動く)

    AA切替 sage
  178. 376
    ジオグラード ◆Iqs44bC7fVC. baYoWD6B(8) 削除

    【落ちられたかな…合わなかったでしょうか。すみません】
    【お相手ありがとうございました。失礼します】
    【では、スレを返します】

    AA切替 sage
  179. 377
    名無しさん@ピンキー Z8qRzD+A(1) 削除

    ほしゅ

    AA切替 age
  180. 378
    名無しさん@ピンキー yK/Y5Zuf(1) 削除

    こんな暑い日には冷えた
    日本酒がうまいのー!
    つ 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦

    【スレ保守という名目で活性化を狙ってみる】

    AA切替 age
  181. 379
    ブラムス ◆PNZMCW1bfM lRII0cpu(1) 削除

    折角立ち寄ったのでプロフ投下。


    【名前】ブラムス=イェーガー
    【種族/職業】闇の血族(見た目は人間)/傭兵・格闘家
    【性別】男
    【年齢】1000歳(外見年齢28歳)
    【容姿】
    ・身長175cm
    ・体重75Kg
    ・右の瞳→白銀/左の瞳→黒銀
    【髪型】黒髪(長さはセミロング・後ろは束ねている)
    【服装】
    ・黒のズボン
    ・黒のタンクトップ
    ・バンダナ(赤地に黒の縦縞)
    【希望シチュ】
    雑談・戦闘・エロール・コメディ等(要相談OK)

    【NGプレイ】
    痛いそう・グロい・残酷な展開等(偶然見る(描写)ならOK)

    【備考】
    ・強者を求めて修行と称してあちこちをふらついている風来坊。
    ・性格はどちらかというとノンビリ気分屋だが頑固な一面も。
    ・徒手空拳を得意とし、その卓越した技と並外れた体捌きから《黒き牙(ブラックファング)》とも呼ばれている


    【しばらく待機しまーす】

    AA切替 sage f2 >>381 >>414
  182. 380
    ブラムス ◆PNZMCW1bfM l8ivmP9R(1) 削除

    【予想通り誰もこなかったかぁ…】
    【落ちまーす】
    【スレお返しします】

    AA切替 sage
  183. 381
    ブラムス  ◆PNZMCW1bfM l8ivmP9R(2) 削除

    【ルカさんまちでスレ使わせていただきます】

    【プロフは>>379参照】
    【宜しくお願いしますね】
    【書き出ししていますので暫しお待ちを】

    AA切替 sage
  184. 382
    ルカ ◆0F5kLaPleE zudcqziZ(1) 削除

    【こんばんは、別スレの人間になりますがしばらくお借りしますね……】
    【プロフは確認済みです、ではお時間の許す限りお願いしますね…】

    AA切替 sage f1 >>383
  185. 383
    ブラムス ◆PNZMCW1bfM l8ivmP9R(3) 削除

    >>382

    《まさか…夜中の散歩に人に出会うとは…な》
    (一緒に部屋に入った見目麗しいエルフの少女を見つめて)

    そういえば…まだ名前を聞いていなかったな…

    俺はブラムス…しがない傭兵さ…
    まぁ…俺もある意味「人間」ではないがな…

    (ふと自嘲気味に笑いながらルカの髪の毛を鋤いて)

    【なんか無理やり拉致しちゃいました(笑)】

    AA切替 sage
  186. 384
    ルカ ◆0F5kLaPleE zudcqziZ(2) 削除

    あ、そうでしたね……私はルカ・フランシス。ルカで結構です♪
    (案内された部屋の中で、髪を梳く彼に少しドキッとしつつ自己紹介し)

    なるほど、あなたからは確かにそんな感じがします……。傭兵さんですか、いろいろと忙しそうですね。
    さっきも言いましたが、ついてても…いいんですか?
    (相手の話を聞きつつ、次第に距離が縮まっていく姿に久々の興奮を覚え、改めて相手に聞き直し)

    【あ、それは構いませんけどここでよかったのか少し心配でした……】

    AA切替 sage
  187. 385
    ブラムス ◆PNZMCW1bfM l8ivmP9R(4) 削除

    これはおかしな事を…。
    魔界なんてトコにいったら日常茶飯事ですよ。

    (ルカの肩に手を回してこちらに抱き寄せて)
    (白銀と黒銀の瞳で射ぬくような視線でルカを見つめ)

    どんな形であれ、ルカさんはルカさんでしかないんだから…

    (耳元に口を寄せて囁く)

    もっと自分に自信を持って!

    (そのまま耳朶を甘噛みする)
    あ…むぅ…はむっ…はむぅ…んむっ…


    (ここは宿だから大丈夫!)

    AA切替 sage
  188. 386
    ルカ ◆0F5kLaPleE zudcqziZ(3) 削除

    え、そうでしたっけ…?すみません、傭兵さんを見るのも久しぶりだったので……
    (じっと見つめられて、抱き寄せられてしまうと大分余裕がなくなったのか)
    (顔の表情から余裕は消えていき)

    んっ、あっ…ありがとうございます…はうっ、耳噛んじゃ…はぁっ…
    (耳たぶを甘噛みされて変な声を挙げつつ、息を荒くして彼を見つめ、身体にてを這わせて)

    【ごめんなさい、少し遅くなりました…orz】

    AA切替 sage
  189. 387
    ブラムス ◆PNZMCW1bfM l8ivmP9R(5) 削除

    ふふっ…やっぱり愛らしいじゃないですか?
    (耳朶から口を話してまたルカの髪を左手で優しく撫で上げ)

    エルフってのは噂どうり…耳は敏感なんですか?
    (悪戯っ子の様な笑みを浮かべながら親指でルカの耳を撫でる)

    …どうしました?ルカさん??そんなに見つめて…。
    (ルカの潤んだ瞳を覗き込む…その瞳にはブラムスの顔が映り込む)


    【大丈夫ですよ】
    【ルカさんこそ無理なさらないで下さいね】

    AA切替 sage f1 >>388
  190. 388
    ルカ ◆0F5kLaPleE zudcqziZ(4) 削除

    >>387
    【ごめんなさい、急に眠気が…ですので一旦凍結でもよろしいでしょうか……?】

    AA切替 sage
  191. 389
    ブラムス ◆PNZMCW1bfM l8ivmP9R(6) 削除

    【凍結の件、了解しました】
    【こちらは夜ならだいたい時間取れますので、ルカさんに合わせられますが…】
    【なんでしたらあまり進んでないので破棄も構いませんよ】

    AA切替 sage
  192. 390
    ルカ ◆0F5kLaPleE zudcqziZ(5) 削除

    【分かりました……それではまた後で伝言板の方に書き込んでおきますね……】
    【では申し訳ありませんがはここまで…お休みなさい…orz】

    AA切替 sage
  193. 391
    ブラムス ◆PNZMCW1bfM l8ivmP9R(7) 削除

    【遅くまでありがとうございますた。】
    【お休みなさいませ】

    AA切替 sage
  194. 392
    名無しさん@ピンキー up5/Qlxj(1) 削除

    w

    AA切替
  195. 393
    ミレイユ ◆RWbLv2VpPw WTd83I06(1) 削除

    【名前】 ミレイユ
    【種族/職業】 エルフ/元性奴隷、踊り子
    【性別】 女
    【年齢】 外見年齢は18歳。実年齢は400歳を超えている。
    【容姿・サイズ・髪型】
    ・168cm 92(G)/56/90
    ・外見年齢相応の、あどけなさの残った顔立ち
    ・白い肌 絹糸のように細い金色の長髪 青く大きな瞳 長く尖った耳
    ・産毛しか生えていない桜色の性器
    【服装】
    ・ビキニ風の、露出の多い踊り子衣装
    ・動いた時に華やかに揺れる、沢山のアクセサリ
    ・踊っていない時は、踊り子衣装の上からシースルーの巻きスカートとストール
    【希望シチュエーション】
    ・誘惑した相手との、行き摺りのセックス
    【NGプレイ】
    ・猟奇、グロ系、スカトロ
    【備考】
    ・各地を点々と移りゆき舞を披露する、踊り子のエルフ
    ・とある魔術師の性奴隷だった過去があり、その縁で大抵の魔法を使いこなせる
    ・元主人の魔術師の戯れで、とある魔法が掛けられている。その魔法とは……
    『彼女の姿を見た、声を聞いた、匂いを嗅いだ、肌に触れた者は、彼女を犯したくてたまらなくなる』 というもの

    AA切替 sage f1 >>409
  196. 394
    ミレイユ ◆RWbLv2VpPw WTd83I06(2) 削除

    【はじめまして。しばらく避難所で活動していましたが、規制も解けたようで】
    【こちらでも、どうぞよろしくお願いいたしますね】

    【私の身体は、皆様に抱かれるためだけのもの。どうぞ気兼ねなく、精液便所として使っていただければ】
    【そして、本日も待機いたします……どうぞ、お気軽に】

    AA切替 sage
  197. 395
    名無しさん@ピンキー bzUvUUs/(1) 削除

    デカパイたまらん
    モミモミしたい

    AA切替
  198. 396
    ミレイユ ◆RWbLv2VpPw WTd83I06(3) 削除

    【今日は誰もいらっしゃらないようですね。一度出なおしてまいります】
    【ごきげんよう、スレをお返しいたしますわ】

    AA切替 sage
  199. 397
    猫獣人族のリース ◆TpKXq5z9f2 TbXpuQ++(1) 削除

    【本スレは使用中なのでこちらを使いますね】
    【待機します】

    AA切替 sage f1 >>398
  200. 398
    名無しさん@ピンキー B0L5lm1o(1) 削除

    >>397
    よ。最近、調子はどうだい?

    AA切替 sage f1 >>399
  201. 399
    猫獣人族のリース ◆TpKXq5z9f2 TbXpuQ++(2) 削除

    >>398
    ん? いきなり無礼な人間だな。
    まあ、最近は地球・・・なんとかで、森もかなり暑くなってるんだ。
    川の近くにはみんな集まってきているよ・・・

    【と、返してみましたが・・・お相手希望の方ですか?】

    AA切替 sage f1 >>400
上へ行く
pages
  1. 1P
  2. 2P
  3. 3P
  4. 4P
前の10件 次の10件 最新10件 1から読む 全部見る
軽快モード(投稿)
書き込みモードにする場合は OFF にしてネ
【文字サイズ】
浪人設定へ行く
↑浪人の設定
いろいろ設定へ行く】、
↑使わないのは常時 閉じるとか、
↑サムネイル表示するとか、
↑スレタイNGワード(綺麗™)とか、
最近見た板™びんたん サポート

おすすめ

【浪人設定】

  • 浪人(●)は設定されていません
  • 今すぐ設定しよう。すぐスレ立つぞ
軽快モード(投稿)
浪人を設定する場合は OFF にしてネ
削除 5ちゃんねる本体から消えたら24h以内にびんたんでも消えます。
出展元5ちゃんねるに感謝!!
FOX ★ Hotter than July.








Momonga
close
});